ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
KinKi Kids concert
KinKi Kids concert 20.2.21
 ~Everything happens
      for a reason~

東京ドーム
※12月16日(土)18:00
※12月17日(日)17:00

京セラドーム大阪
 12月31日(日)22:00
  1月1日(祝)17:00

※管理人参加予定公演

Endless SHOCK 2017
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2017
主演1500回達成記念公演

2017年2月1日~3月31日
 帝国劇場 全78公演

2017年9月8日~9月30日
 梅田芸術劇場 全30公演

2017年10月8日~10月31日
 博多座 全30公演


ジャニーズ最新情報
New Release!!

・ベストアルバム
『THE BEST』
2017年12月6日(水)発売
初回盤…KinKi Kids Party!のダイジェストDVD or Blu-ray付
通常盤…「すべてのひとかけら」
「Next to you」 所収

初回盤(DVD)
(Amazon) (タワレコ)
初回盤(Blu-ray)
(Amazon (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

F1GP2017 R.18 メキシコ&R.19 ブラジル

思った以上にほったらかしにしていたことに気付いておろおろしてます。
あれ…いつの間に2週間…。そこまでショックを受けていたわけでもないんですが、書き直しのレポは一向に進まないので、とりあえずこっちからあげておこう。週末には最終戦が迫っているし。
というわけで、18戦メキシコ、19戦ブラジルです。
といっても…これもすでに記憶が…あやうい…。

ハミルトン、4度目のチャンピオンおめでとう! な18戦メキシコGPからの、エモーショナルなマッサの母国ラストラン(2回目)な19戦ブラジルGP。
まずはメキシコGPから。

予選結果
VET VER HAM BOT RAI OCO RIC HUL SAI PER / MAS STR HAR ALO VAN / ERI WEH MAG GRO
※リカルド、ハートリー、アロンソは20グリッド降格、バンドーンは35グリッド降格、ガスリーは予選に出走できていないため、最後尾スタート。

決勝結果
VER BOT RAI VET OCO STR PER MAG HAM ALO / MAS VAN GAS WEH GRO
RET::SAI ERI HAR HUL RIC

予選は見ていないんですが、あらあら、メルセデス無双じゃないんだー、と思いつつ迎えた決勝。そうか、この日はさいたま帰りの午前4時レーススタートの日か。もっと眠気に負けるかと思ったけど、以外とぱっちり冴えたまま最後まで見られたんじゃなかったっけかなー?

スタートでいきなり三つ巴、というアレですっきり目が覚めました。懲りないなベッテル…。
フェルスタッペンにまず追いつかれ、抜かれ、ハミルトンに追いつかれ、抜かれ、そしてハミルトンのリアタイヤとベッテルのフロントウィングが接触、ハミルトンのタイヤがパンクして戦線離脱、ベッテルもフロント交換のためピットイン。
ラッキーだったフェルスタッペン、みたいな。
ライコネンどこいったよ…と思っていたスタートでした。こういうときに…! 勝手にやりあっているときに! あなたはどこに!!
降格処分で後方スタートになっていたリカルド、バンドーンがぐんと順位を上げていて、リカルドは順調に追い抜きを開始していた…と思ったらリタイヤという。せつない。リカルドは来年どうするのかなー。まだ発表にはなっていなかったんじゃなかったっけかなー?
バンドーンとアロンソのチームメイト同士に「スウェーデンの夢と希望を担っている」(おぐたん談)エリクソンの7位…8位だっけかな…争いがなかなか熾烈で面白かった記憶。しかしそのエリクソンもリタイヤせざるを得ない状況になり、頑張ったのに…頑張ったのに映ったからまだいっか、などと思っていた私。
19周目に観客席が映され、天にこぶしを突き上げる仕草をしていたので何事かと思いました。ピットレーンでもマーシャルさんたちがその仕草をしていまして、メキシコの地震が起きたのが19日だったのですね。なんかちょっとぐっとくる映像でした。でもそこでしんみりするのではなく、ぐっとこぶしを突き上げるところが国民性の違いかも。
そうそう、開始前の映像、2011年の東日本大震災のあとの鈴鹿を思い出すような映像でした。あの時はドライバーの皆さんも、チームの皆さんも、思いを寄せてくれていてほろりとしたっけねぇ…。

ニコヒュルもリタイヤ。危ないからジャンプして降りてね! みたいな指南付きで、いやはや大変だよねー。
ハートリー…はどこから出ていた人だっけ…そういや来年トロ・ロッソに決まったんだっけ…? ガスリーとハートリーという新人コンビはいいのか悪いのか…と思いつつ。で、そのハートリーがリタイヤしてVSCが入り、そのタイミングでみんなしてタイヤ交換してしまったので、ひとつ戦略が消えた、みたいな。
スタートで最後尾に落ちてしまったハミルトン、もっとがんがんあがってくるかと思いきや、ここではなかなか順位を上げられずにいて、やる気喪失かしらん…などと思っていた私。それでもチャンピオン決まったらコース上走り回ってたからなぁ。むしろ、表彰台にあがらなくてすむ分、好き勝手やっていたっぽい気もするw
出る杭は打たれる話…ってメモしてあるけどなんだっけ…。フェルスタッペンの話だっけかな…?
アロンソの粘り…は、あれか、追いついてきたハミルトンとのタイトなやりとりか。ブラジルではするっと抜かせていた気がしますが、メキシコでは粘りを見せていた、気もする。

まわる表彰台、からのDJ登場、をスルーしてシャンパン飲むライコネン。我関せずっぷりがいいねw

という、メモ書きから無理やり起こしてみましたが、さっぱりレースを思い出せない(笑)。
とりあえず、メキシコが終わって、表彰台にものぼってないけどハミルトンがワールドチャンピオン決定。勝って決めたかっただろうなあ…なんて思っていたんですが、あちこち走り回ってはしゃいでいたのでまぁ…これはこれでいいのか…。


さいたまからのメキシコなら、シン・ゴジラからのブラジル。
やっぱりおもしろいなシン・ゴジラwww おもしれぇ…! 東京駅決戦の潔い壊しっぷりとかw 壊されるだけじゃなく、どうせならあれもこれも使ったれ!な総力戦っぷりがたまらんw
と、映画館で見たときも思っていたのになぜ感想記が残っていないのだ…なぜ私は書き残しておかなかったのだ…。
といまさら悔やみつつ。

予選結果
BOT VET RAI VER RIC PER ALO HUL SAI MAS / OCO GRO VAN MAG HAR / WEH GAS STR ERI HAM
※リカルド、ハートリー、ガスリー、ストロール、エリクソンがそれぞれいろいろ交換でグリッドダウン。

まさかの、ハミルトンQ1開始早々の戦線離脱w あれあれ、今年も集中力切れちゃいました? からの、決勝での楽しそうなレースっぷり、というのがおもしろかったレースでした。あと、二度目の引退レースのマッサかな。

決勝結果
VET BOT RAI HAM VER RIC MAS ALO PER HUL / SAI GAS ERI WEH GRO STR
RET:HAR OCO MAG VAN

早々に予選から姿を消したハミルトンの代わりに仕事したボッタス、が、スタートでベッテルに前に出られてしまい、そこからはポジションキープ、みたいな、仕事してるのかしてないのかよくわからんことに。ボッタスもライコネンと似ていて、無理をしてまでポジションを守らない、みたいなところがありますけど、これは来年もハミルトン安泰だね?
先頭の二人はともかく、後ろの方ではハースが大暴れ。マグヌッセンがバンドーンにあたり、その隣にいたリカルドにも当たり、という、スタート時はどこからなにが飛んでくるのかわからんよねー。マグヌッセンとバンドーンはリタイヤし、リカルドは大幅にポジションを落とす羽目になったわけですが、おかげでオーバーテイクショーがおもしろかったっすー! ピットレーンスタートのハミルトンともども。
グロージャンもどこかでなんかしていてペナルティ食らっていたような。なんでだよ、と文句垂れていたのは知っているんですが、その原因に記憶がない(キリッ)。

スタート直後の接触でSCが入り、そのリスタートでのベッテルのえげつなさが相も変わらず。これでよく、ハミルトンに「ブレーキテストした!」とか言ったよなぁ…。

トップ集団でまずボッタスがピットイン。翌周かなんかにベッテルとフェルスタッペンがピットインをして、私の関心事は、さてライコネンはいつ入れてもらえますか? ということでした。謎作戦が発動するじゃないですかぁ、フェラーリってぇ。
と思っていたら、すぐ呼んでもらえたので、よしよし、と思っていましたとも。ええ。
ピットレーンスタートのハミルトンだけ、タイミングをずらしてきていたわけですが、この後方から追い上げてきたハミルトンとリカルドが楽しそうだったなぁ。
終盤になって追いついてきたハミルトンがフェルスタッペンをあっさり抜き去り、前にいるのはライコネン、というのが残り11周くらいだったかな? はらはらどきどきしましたとも。これ抜かれちゃうんじゃ…とびくびくしましたとも。
残り5周で追いついたハミルトンとライコネンの静かな争い。抜かれるかなとひやひやしていたんですが、ハミルトンが1コーナー(だったかな?)でタイヤスモークを上げてたあたりから、あ、これ大丈夫だな、と思っていたりもした終盤の争い。ライコネンは早々にターゲットを2位ボッタスから3位のポジションを守ることに切り替えたんかな? ぎりぎり、というよりは、余裕を持って周回していたような気がします。
ライコネンーハミルトンの争いも去ることながら、マッサ、アロンソ、ペレスの三台の争いも熱かったなぁ。

後方から追い上げの二人がいたのでそれなりに面白いレースになっていましたが、それがなかったら、マッサ最後の戦い! がもっとクローズアップされてたんかなぁ? アロンソとずっとやりあっていた感がありました。
そのマッサの息子さんからのメッセージ、とかエモーショナルな演出がきましたよ…!!
昨年の一度目の母国引退前ラストランが途中リタイヤにも関わらず(いや、むしろだからか?)、大変エモーショナルだったので、今年はどうかしら、と思っていたらばちゃんと用意されてたという。レース内容もよかったんじゃないですかね? ポジション守り切ったし。
マッサもあと1戦か…。ま、ライコネンがジョーク混じりに言っていたように、来年の開幕戦にいるかもしれないしねw

そんなこんなの寝不足覚悟の深夜のレースでしたー。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

かなしいことがあったのです

ちょっと聞いてください。とてもかなしいことがあったのです。わたしに詩心や切々と歌い上げる技術があれば滔々と歌い出すところなのですが、いかんせんその技量が足りません。
このこころもちを訴える歌唱力と説得力ある歌声があれば…!
(そろそろお気づきかも知れませんが、そんな感じのかなしいことです)

ここのところ、仕事が暇で、今日も暇で、朝からどうでもいい…違う、急ぎではない作業をしていました。例えば、wordで自動的に作業した日付をいれるようにするとか、Excelで計算式を作るとか。うまく作動すれば便利だけど、しなくてもさして手間ではない、といったことを暇つぶ…いえ、時間があったので、ネットで検索しつつあれこれやっていたのです。
朝からそんな調子だったので、定時よりはるかに早い時間に「もう帰っていいよー」とお達しが出まして、やったねー、と帰宅したのです。そうだ、テレ朝フェスのレポをまとめあげよう! そろそろまとめないと、どんどん記憶が薄れていくからね! と、まっすぐ帰宅して、Macbookを立ち上げて、黙々と打ち込んでいたのです。
3時間…くらいかかったでしょうか。ようし、これでいいだろう! とドヤ顔をしながら、予約投稿をポチッとしました。そして、ご飯を食べよーっと思っていたのです。なぜ予約投稿か。公になる前に訂正したい箇所が出てきた時のために、多少の余裕が欲しいじゃないですかぁ。(そんなわけで、私の投稿時間は大体21時台になってます)

ぽちっ。

…いつもより時間かかるね…?
なにこの既視感?
嫌な予感しかしてこないね?
いやいやいやいや! そんなまさか! まさかだよね…!?

ERROR!

キタァァァァァ!


消えました。エラーの文字ひとつで消し去られました。わたくしが3時間かけて書き上げた渾身のレポが!
ああなんたること! もうあんな名言書けない…!
(消えた今ならなんとでも言える)

なんて言いますかね、この仕打ちに遭うのはもう何度目かわからないんですけど、大体時間をかけて書き上げてよっしゃー!と思ったやつがこの仕打ちに遭うのです。そうなんですよ。そういうものなんです。どうでもいい、どうとでもなる記事に関しては、消えたことない気がする…。
しかもこの仕打ち、忘れた頃にやって来るのです。痛い目に遭った直後は私も用心するのですが、もう平気かな、と緩んだ隙にひゃっほう!とやってくれるのです。ほんと…中の人いるんじゃないかな。。。


そんなわけで、真っ白になりました。
いったんERROR表示されると、前の画面にも戻れないのです。で、大体こういう表示になる時は自動保存もされてないので、書く前の真っ白な状態に戻されるのです。何もなかったことにされるのです。無になるのです。無。
わたしの三時間はどこに消えたのだろう…。

ま、三時間がっつり取り組んでいたわけではなく、ツイッターやったり、ゲームしたり、インターネットで毛糸の検索したり、適当に気を散らしつつの三時間ではあるんですが、この消耗感は半端ないです。いやー…久し振りに喰らったわ…。自動保存してくれる時はいらん時でも(つまり、何も追加していない時でも)「下書き保存しました」って時間表示入りでしてくれるのになぁ。。。それに頼りすぎているのかなぁ。あああああ。そうだ、だから、pomeraで書こうと思っていたんだ…。アイツなら書いたものがまるっと消えることはないから。残るから。手元に残るから。うう…ううううう…。

さて…わたしの折れた心は立ち直れるのだろうか…。
頑張れ…頑張れオレ…。


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

tv asahi DREAM FESTIVAL 2017@さいたまスーパーアリーナ

行ってまいりましたよ〜tv asahi DREAM FESTIVAL 2017 最終日公演!
玄関をあけたら凄まじい雨風で、行くのやめようかな…と心が折れかけましたが、そこを堪えて行ってよかった! そして電車が止まらなくてほんっとよかった! 

10月29日(日)15時開演 出演アーティスト(敬称略)
 Little Glee Monster
 高橋優
 CHEMISTRY
 E-girls
 森山直太朗
 そして、満を持してのw KinKi Kids!
終演は巻いて押しての20時40分ころでしたー。終わりがなんていうか、ものすごく「…ん? 終わったの? 規制退場もなくていいの?」というアナウンスもなにもなくなし崩しに終了だったので肩すかしくらった気分でしたw うん、いやまぁアンコールとかそういうことはないんだろうなとは思っていたんですけど、ああいうものなのかしらん?

SPICE さんにセトリが乗ってましたー。

フェスというものに行くのは初めて…と思っていたんですが、そういや一度アミューズのやつに付き合いで行ったっけな…(忘れてた)。それは完全野外でしたが、今回は屋根付き椅子付き背もたれつきで、しかも一列目だったので目の前には手すりがあり、大変気楽に過ごせました。アリーナはそうでもなかったのかな? 500レベル(レベルって言い方が面白いw)は「立ち上がらないでください」の但し書きがされていたので、気兼ねなく座って見てましたw 長時間にわたるときは気楽が一番やね~。
そうそう、席が500レベルではありましたが、ちょうどステージを正面から見る位置でした。おまけに、後列との高さの差がすごくて、座った頭の上に後列の足がある、くらいの差があるので、自由気ままに腕も伸ばせて、途中ストレッチがてら腕を伸ばしたりしてました。もしかしてここはうちわオッケーだったのでは。胸の高さ制限いらない場所だったのでは。はっ。
基本、いい感じで過ごせたのですが、トイレは少なかったですねー。どこも大行列だったような気が。出演と出演の間に10分? もう少しかな? くらいの休憩時間(というか、多分セッティング変更のための時間?)があったのですが、それだけではトイレ列は解消されなかったんじゃないかなぁ…? 
直前になって、どうやら6時間コースらしいよと知った私、どこでトイレに行くべきか…、と様子を見ていて、CHEMISTRYさんまで終わったところで残りの面子を見て、いまだ! と行きました。森山直太朗さんとKinKi Kidsは見逃すわけにはいかなかったのでw メンツからして次はE-Gilrsさんかなって。つうかあれだよ、会場に入ったら出演順を教えてくれてもいいと思うんだ…。
で、トイレ列、すーごい並びまして、結局E-girlsさんは見られませんでした〜。ちょっとは見られるかなと思っていたんですが全然まったく間に合わず。ま、音も大きそうだったし、ちょうどよかったのかも。高橋さんの時は音がすごくて、指で耳を抑えていたんですが、それでも聞き取れるっていう…。どうしてあんな大音量でみんな平気なんだ…。
そうだ、音。KinKi Kidsさんはつよしさんのこともあるので、大事をとってアンプラグドでやります、アンプ無しなので音圧が少なめなんですけど、とこーいちさんから言われたんですが、アンプラグド万歳でした。いやー、耳に優しいね! なんのストレスもなく聴けるね!

あんまり芸能関係に興味関心を持っていないわたくしでも知っているCHEMISTRYさん、森山直太朗さんが出演されていたのはラッキーだったなぁ。歌うまいなー、と聞き惚れました。直前まで爆音にしかめっつらして耐えていたので、CHEMISTRYさんは耳に優しくてこころが癒されました(笑)。直太朗さんはとにかくMCが胡散臭くて面白いw とても丁寧な言葉を使われているにもかかわらずものすごく胡散臭い。というか嘘っぽいwww ちょっとつよしさんと話してほしかったわぁ。その横に黙ったまま聞いてるこーいちさん置いておいて欲しかったわぁ。どこまでいったら止めるのかを見たかったwww(そういう場じゃない)

リトグリさん? はお初だったのですが、お歌上手だねぇ! と聞いていました。アカペラメドレーに懐かしの名曲!的なのが含まれているのがうまいなぁ、とにやりとしました。マイコーのスリラーきたときは、おっ、と思いましたもん。なんだっけなー、どれだっけなー、この曲いいなぁ、と思ったのがあったんですが、忘れちゃいました…。画面にタイトル出しておいてくれたらいいのになぁ…。出てたのって高橋優さんだけだったかなぁ? いろんな人のファンが集まる場だからこそ、のアピールの仕方って大事だと思うんだけどなぁ…? そういやパンフレット的なものもなかった…いや、あったのか…? グッズ売り場に立ち寄りもしなかったから知らなかっただけか…?

高橋優さんはちょーっと苦手かなぁ? ちゃんと聞いたのは初めてですが、総じて「うるさい」と思ってしまったので…(苦笑)。アンプと気が合わないんですかね私。あと、基本早口言葉みたいな言葉の洪水的な曲だったのであんまり好みではなかったです。しかし、好みではないものを聞くのもこれまたフェスの醍醐味かもしらん。家で聞いてたらほかのこと始めるかもしれないもんなーw
コール&レスポンスはなかなかやることがないのでw あー、こういうことなんですね、と思ってました。

CHEMISTRYさん、活動休止しているとばかり思っていたので、あ、再結成されたんですね、と目をぱちくりさせてました。でも生で聴けて良かったなぁ。うまいなー! と聞き惚れました。音量もちょうどいいしw(ここ大事)
しっとり聴かせていただいた、とても優雅な時間でした。

E-girlsさんはすみません、トイレ待ちタイムだったもので…。廊下にまでガンガン聞こえてきていたので、中にいたらこれまた指で耳を抑えていたんじゃないか私…と並びながらガタガタしてました。位置なのかなぁ…客席の位置の問題だったのかなぁ…?

森山直太朗さん。さくらかな、と思っていたら夏の終わりでしたw そらそうか。そらそうですね。
ぱっとあかりがついたら、布団に寝ている人が、という斬新な始まり方で(笑)、寝坊してバイト先に仮病の連絡を入れる小芝居からスタートするという。そしておもむろに布団の中(かな?)からギターを取り出し歌い始めるといういきなり直太朗ワールドに連れていかれました。すげぇ。すげぇなぁ! KinKi Kidsさんも歌とMCのギャップがすごい人たちですが、直太朗くんもギャップありすぎぃ! でした。
ちょいちょいMCを挟んでいたんですが、ものすごく胡散臭くて面白かったです。「このドリームフェスティバルに出ることが僕の夢でした!」 みたいなことを言い出した時の会場にあふれた「嘘つけ」感w ざわざわと笑いが漏れる会場に「なんで笑うんですか、人の夢を!」とか、やばいこの人面白い、とふきだしました。なんだろう、とても会場がひとつになった気がしました。
慣れてない(本人申告)コール&レスポンスに挑戦してみたり、ファンの方が掲げていたのはツアーグッズのタオルなのかな? を目ざとく見つけては、「あ! 覚えてる、来てくれたよね、○○…いや、○○の会場だ!」とか、適当なこ…いやいや、なんていうの? アットホームな(ご本人談)ツアーの様子が目に浮かぶようでした。
さらには、終わり間近になった時のMCが凄かった。「やっと言えます。次は、満を持して、KinKi Kidsの登場です!」 と高らかに告げた時の会場の沸き方が凄かったw ついに言った! みたいな。そしてその沸きっぷりに、うわこれキンキファンどんだけいるんだ? とぎょっとした瞬間でもありましたw
そして始まる「ありがとうKinKi Kids!」のコール&レスポンスw なんだこれwww 
盛り上げるだけ盛り上げておいて、「いま、どういう気持ちでイェー! って言ったんですか? 煽った僕が言うのもなんなんですけど…」とぼやかれる。この辺もお上手ですね~。
そして最後に歌われたのが…いやまて、そのまえに衝撃の一曲があったんだった。しみじみと、いやぁ、やっぱり直太朗さん、歌うまいなぁ。聴かせるわぁ、とそれまでのMCを忘れかけていたのに、しっとり始まったバラード調の前奏から、うん…うん…? …あれ…? まてよこれもしかして…? 「~、うんこ」 みたいな。
やっぱりぃぃぃ! という歌があったのでした(笑)。いやーすごかった。すごいしっとりした前奏から、ちょっと切なげなメロディラインをあの声で歌うわけですよ。そして、やっぱりそのことか! と思い至ってざわざわせざるを得ない客席そっちのけで、しっとりとした演奏は続き、続いて、終わるんかーい! っていう。いやぁすごかった。でも一番の衝撃はそのあとでした。
「いろんなところでこの歌を歌わせていただいていますが、今日が一番反応が凄かった。ここに集まったみなさんの関心の高さがうかがいしれました」 と言われた時でした。え…えええ…ちょっと待って…これは、ざわめきもせずに受け入れて流すのが正しいスタイルだったの!? いや無理。それ無理。とりあえずキンキファンには無理。ちょっと、誰がこんな風にしたの!? といわれなき非難をするところでした。…いわれなきでもないか。いわれなきでもないな。ないね。
そんな歌を挟んでの、満を持して紹介、そして最後に歌ったのが「どこもかしこも駐車場」
みなさんも一緒にうたってください、と言われても知らないしなぁ、と思っていたんですんが、うん、これ、歌えるねwww という謎の一体感に包まれました。自分のワールドに引き込む力すっごいなー!
最後は敷きっぱなしだったお布団を抱えて持ち帰られてました。 いい人だ。いーい人だ!

さ、そして、ついに満を持して登場のKinKi Kidsさんですよ! それなりにアウェー感はあるのかなー、なんて思っていたらホーム感しかなかった客席のKinKi Kidsファン率ですよ。びっくりしました。なにしろ、予定時刻1分前? 2分前? から唐突に始まるキンキコール。え、ちょ、ちょっと待ってここはどこ?(笑) さらには、一気に会場にともるペンライト。ちょっと待てー! 持ってたんならほかのアーティストさんの時にも振ろうぜぇぇぇぇwww いやぁびっくりしました。それまでもちらほらペンライトは点いていたんですが、売り切れてる割にはペンライトの光少ないなぁ。どこに消えたんだろ。数の読み間違え??? 運営しっかり? なんて思っていたんですけど、KinKi Kidsはーじまるよぉー! となった途端にペンライトが全点灯した勢いで、なにこの見慣れた感、と思って唖然としました。いやぁびっくりした。ホーム感しかねぇぇぇ(笑)。※ただ、持ち込みペンラが多かった気はしますが。
ので、すっかりリラックスして楽しめました(笑)。いや、それなりに緊張していたんですよ。アウェーだった場合、どこまで頑張ればいいのだろうかとか。どの辺までなら許されるのであろうかとか。
ちなみに、私が持って行ったのはLコンの時のペンライトです。赤と青とオレンジに光るアレ。フェス公式のペンライトに一番偽装できそうなデザインだったので(笑)。買うつもりだったんですよ~記念だしって。でも売り切れていたからさぁ。

というわけで、KinKi Kidsさんのことは別項目であげます。いや…ここまででこんなに長くなる予定じゃなかったんですよ…(苦笑)。これじゃただの直太朗ファンになりかけてる人みたいですけど、そういうわけではないんです。ない、って言い切るのもどうか…。
 
ドリフェス行ってきたよぉ、台風迫る中さいたままでw CHEMISTRY歌うまいわぁ、森山直太朗も歌うまいわ、っつうかあの人面白いわぁ。でやっぱり歌うまいわぁ、みたいな感想を漏らしましたら、で、KinKi Kidsさんはどうだったの? と聞かれましたので、いやぁ、もうちょっとかしこまるのかと思いきやいつも通りだったよ、と答えまして。で、うまかった? と重ねて聞かれ、うん? …うん? とちょっと立ち止まってしまったのが個人的におもしろかったです。うまい…いや、うまいとか下手とかじゃなくて、好き。という、真理に到達してしまいました(笑)。私も初めは、「あら、ジャニーズなのに歌がうまい」から始まったはずなんですけど、テレビやCDで聴くより、生で聴く方が断然うまい、と思っていたはずなんですけれども、いまや 「うまい? いや、好き」 という、よくわからない方向に断言するようになりました。そう、これが20年…(そうなの?)。うまいとか下手とかっていう指針と、好きか嫌いかってベクトルは同じようでいてまったく別ですよねぇ。

そんなわけで、KinKi Kidsさんの1時間はまた別日に。早めに書き上げます。これは早々に書き上げます。さすがにこれだけ投下して半年経過は違うだろうと思うので(笑)。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

祝☆Endless SHOCK 2017 博多座千秋楽!

Endless SHOCK 2017 博多座千秋楽、そして、2017年大千秋楽、おめでとうございます!
こちらにまで伝わってくるような大きなことがなくて本当に良かった。
特に、台風の中、博多ーさいたまー博多と移動した座長さん、交通機関の乱れにひっかかることなく無事に行き来できてほんっとうによかったぁぁぁ。

今年138回目の幕が開き、そして、無事に幕が降りることを願っています。
奇しくも今日はハロウィーン。もとは収穫を祝うお祭り…ですよね?
ひとつずつ大切に積み上げられたステージの幕が降りた後に、どんな光景がひろがっているのでしょうか。それは、立ち続けたひとたちにしか見えない景色なのでしょうね。ちょっとうらやましい。

博多座千秋楽、そして大千秋楽。本当におめでとうございます。
千秋楽に乾杯!


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

祝☆『THE BEST』発売!

昨日のドリフェスで、最後にKinKi Kidsからも告知がありましたー!
あの場では、シングル全45曲をコンプリートしました、ということと発売日しかお知らせがなかったのですが、違う…違うよ…推すところは特典じゃん…!! とうっかり思ってしまったんですが、つまりあれはドリフェス会場にいたのはKinKi Kidsファンだけではない、という前提があったからですよね。ええ、特典に興味ないとかそういうことではないですよね…!!

2017年12月6日(水)発売
ベストアルバム 『THE BEST』
初回盤、通常盤の2形態。
・初回盤
  3CD+DVD(6,900円+税)、3CD+Blu-ray(7,400円+税)
  スペシャルBOX仕様
  44Pブックレット
・通常盤
  3CD(4,500円+税)
  36Pブックレット
 BT 「すべてのひとかけら」
 BT 「Next to you」
※初回プレス分は20th Anniversaryキャンペーン対象。

全シングルリマスタリング音源、通常盤にはボーナストラック2曲(つまり新曲ってことですかな?)収録。
初回盤には、7月15日、16日に行われたKinKi Kids Party! ~ありがとう20年~ の模様をダイジェストにして映像収録。
あと、初回盤にはハンドタオルも付くそうなw あれかな、配られたタオルと同柄なのかな?

ダイジェストでも嬉しいねー!! 嬉しいねー!! あの浜スタにあふれていた優しい時間が手元に残るの嬉しいよ…!!

「THE BEST」初回盤 DVD(Amazon)
「THE BEST」初回盤 Blu-ray付(Amazon)
「THE BEST」通常盤(Amazon)

…あまじょんさんではすでにDVDのほうは注文締めきっちゃいました…。出遅れた…。
と思ったら受付けてたー! タイミング? タイミング次第?
すかさずぽちったよ!

もひとつ、タワレコさんも。
「THE BEST」初回盤 DVD付 (タワーレコード)
「THE BEST」初回盤 Blu-ray付 (タワーレコード)
「THE BEST」通常盤(タワーレコード)


ドリフェスの思い出についてはいずれ…。いずれまた。
また。
またね。
…いつとは言えないけども!(そういやPartyのことって…)

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事
Gallery
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・