ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
KNIGHTS' TALE

ナイツ・テイルー騎士物語ー

帝国劇場公演
2018年7月27日~8月29日
全43公演
※プレビュー7月25日、26日

管理人参加予定公演
7月28日(土)夜公演
8月2日(木)夜公演
8月27日(月)夜公演


梅田芸術劇場公演
2018年9月18日~10月15日
全33公演


Endless SHOCK 2018
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2018

2018年2月4日~3月31日
 帝国劇場 全70公演
※管理人観劇予定公演
 2月8日(木)18:00
 2月11日(日)18:00
 3月10日(土)13:00
 3月27日(火)18:00


ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD&Blu-ray
「MTV Unplugged:KinKi Kids」
2018年4月11日発売
2017年7月に放送されたものに未放送分2曲とMCをプラス。約85分収録。
Blu-ray (タワレコ) (amazon)
DVD (タワレコ) (amazon)


・39th Single
『Topaz Love / DESTINY』
2018年1月24日発売
初回盤A…Music Clip & Making
『Topaz Love』(約15分)
初回盤B…Music Clip&Making
『DESTINY』(約15分)
 DESTINYソロバージョン
 Version K,Version T所収
通常盤…BT2曲
「哀愁のブエノスアイレス」
「CLASSIC」所収

初回盤A
(Amazon) (タワレコ)
初回盤B
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・ベストアルバム
『THE BEST』
2017年12月6日(水)発売
初回盤…KinKi Kids Party!のダイジェストDVD or Blu-ray付
通常盤…「すべてのひとかけら」
「Next to you」 所収

初回盤(DVD)
(Amazon) (タワレコ)
初回盤(Blu-ray)
(Amazon (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
DVD
(amazon) (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon) (タワレコ)
DVD
(Amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)

・コンサートDVD/Blue-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)

・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

CDTV祝25周年スペシャルライブ

音楽番組ってカテゴリー作らないといけないかなぁ…でもそうすると過去のあれこれが…(訳:めんどくさい)。

CDTVの放送が始まったのが1993年4月7日からということで、4月7日、同日だったんですねぇ(今知った)。
そうか、そんなに前からやってる番組だったのか…知らんかった…。
例によって例のごとく、KinKi Kidsさんが出ていたところしか見ていないんですが、もうなんでしょう。中居さんと並ぶ二人の犬感。パタパタと尻尾が揺れているのが見えてしまうかのようなきゃるん感。中居くんだ中居くんだ中居くんだ、みたいな。
立ち位置というのもあるのだと思うのですが、それにしても中居くんが司会の時の寄って行き方は尋常じゃない気がしますw こーいちさん近い近い近い! みたいなw 好きがダダ漏れてるよぉ〜。
デビューする前からお世話になっていて、と言うこーいちさんにすらっとぼける中居くん。それを見越して「忘れちゃったんですか? あれとかこれとか」とにっこにこしたままのこーいちさんとか。KinKi Kidsの前の名前なんでしたっけ? 振ってくれちゃったり、そしてそれにさらっと「SMAPでよかったと思ったでしょ?」と普通の流れのように名前を出してくるこーいちさんとか、え? そりゃそうだよ、やだよ、SMAP BOYA? とかこれが欲しいんでしょとばかりに笑顔で返してくれたり、このふたり、兄弟じゃないんですよ…!! と懐かしすぎるネタを振ってくれたりw かと思えば、きっとみんなが一番気になっていたつよしさんの現状にもさらっと振ってくれたり。
それ聞きます? と笑ってみせながら、調子がいいわけではないけど歌いますよ。中居くんよりは上手く、みたいなことを茶目っ気たっぷりに返してみれば、ちゃんと乗っかってくれる先輩でよかったねぇ。
中居くん見てると、あー、こーいちさんはこの人から学んだことがとても多いんだろうなぁと思います。腫れものに触るようにするよりズバッと聞いてすっと引くとか、人を笑うのではなく、自分を悪者にするとか。そしてそんな先輩のことが大好きで大好きで仕方ないんだろうなぁって。
待て、って言われてないけど待ってる犬みたいでかわいい。ものすごくかわいい。もっと共演機会があるといいのになぁ…。

そんなKinKi Kidsさんが披露してくれたのが to heart、硝子の少年、Hey! みんな元気かい? の三曲。
この曲目が発表されたのを知って、ふぁ!? と思いました。え、この三曲を選んだの誰…誰なの…と震えがきました。
あの夏の日を思い出しました。ベッタベタの潮かz…違うそこじゃない。そこじゃなくて、モニター越しのつよしさんとそこにいるけどモニターで見ていたこーいちさんと刻々と変わる空の色とベタつく肌…だからそこでもなく。
Hey! つよし、元気かい? と歌おうとしてうっかり忘れて普通に歌ってしまったこーいちさんと。画面の向こうでto heartを歌うつよしさんの声をじっと聞いていたこーいちさんと会場と、皆さんはつよしくんのパートを歌ってね、俺はハモパート歌うからね、つられないでね! と幾度となく注意を受けたあの夏の日を。
画面越しに声を合わせたあの空間もとても素敵でしたが、並んで歌うのがやっぱりいいねぇ。
まだ制限はありそうですが、ギターを持って歌えるようになっただけでもよかったねぇ。
そしてこーいちさんのロングジャケットは正義(きっぱり)。

さてこれで次は…次の露出は…なんですか…?
なん、で、すか…?
と突然気づいてしまって呆然とする真夜中でありました。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

KinKi Kids Concert 20.2.21 Everything happens for a reason@東京ドーム

KinKi Kids concert 20.2.21 ~Everything happens for a reason
東京ドーム 2017年12月16日(土)18時開演、17日(日)17時開演

タイトル長っ!(笑)
このタイトルをつけたのがこーいちさんだということが個人的にはかなりびっくりしました。
…20.2.21はジャニーさんなんだっけか???(動揺のあまり記憶がごちゃごちゃしてるw)
MC中、たしかなんの脈絡もなく、「タイトルの意味わかった?」と唐突にこーいちさんに問いかけられ、わかった、というのはどういう意味で…? 英語の内容ということ? などと首をひねっていたところ、つよしさんが、じゃにさんの物まね口調で「トゥエンティ、トゥ、トゥエンティワンだよ」 とつなぎ、あーそっちか、そっちのほうね、うんまぁ…わかったもなにも…と思っていたところ、説明しかけて面倒になったのか、ま、いいか、と説明責任を放棄しようとしたところでブーイングが起こりました(笑)。切り出しといてやめるってどういうことですか。よくあることですけどw
「20年と21年…20年から21年へ、とか、ふたりの2とか…」 と歯切れ悪くごにょごにょ言ったあと、「…お前らの好きそうなやつや!」と放り投げられました。あーなるほど。説明しようと思ったけど言ってるうちに恥ずかしくなっちゃったパターンでしたか、とぽんと手を打つ。
「えぶりしんぐはぷん…」 とこれまたじゃにさん物まねで続けたつよしさんに、どこか居心地悪そうに「…それ考えたの俺」 とぼそっとつぶやくこーいちさんに、「え? そうなの?」 と返してるつよしさんと共にわたしも「え? そうなの?」 と返してました。こりゃびっくりだ! かなり意外でした。なるほど…そうかなるほどね。突発事態が起こったのがつよしさんの身にだったからね…とひとり納得してみたりもしました。いやーびっくりした。しかし、こーいちさんがあまりにも居心地悪そうだったからかどうか、つよしさんもそれ以上掘り下げることはなく、別の話題に展開していったのでした。
ちなみに、英文の日本語訳的なことはしなかったような気がしますが、私の記憶力やいかに。

そうそう、「またごむ」 ちゃんと更新していたのには感心しました。いやー、絶対忘れてると思ったのにw 覚えていたとしても、えー? やんなくていいんじゃないの、と放置すると思ったのにw あれか、まわりにやいのやいの言われたかな? (わたしのこーいちさんへの信頼とは…)
コンサートがはじまるまえの更新(したかったけど結果的に間に合わなかったやつ)にもびっくりしましたが、思いついたまま書いてます、な感じがとてもいいですねぇ。こーいちさんにしては珍しく、会場に来られない人への言葉が欠けている気はしましたが、それいったら「またごむ」なんてねぇ…さらにねぇ…(笑)。
ほとんどの方はもうとっくに御存知かとは思いますが、今回WSでその話題がほとんど出てないかな? なので、ネットも遮断しているかたにはさっぱりわけがわからないですよねぇ(笑)。あれは、MC中、踊ったり動いたりしてシャツが出ちゃわないようにするための股ゴムなるものの話になりまして、というか、二日目のMCはほぼ股ゴムの話に尽きていた気もしなくもないですが、その流れで、「わかった、明日『またごむ』って四文字だけ更新するわ。ひらがなで!」 とこーいちさんが言い出しましてですね、会場はきゃーっと沸いたんですが、つよしさんからはごく真っ当に「いやそこキャー言うとこちゃうで? またごむの説明がずらずらっと書かれているならともかく」と半分呆れられたんですが、いいんです。いいんですよ。内容なんてどうでも(おい)。
が、どうせ忘れてるだろうと思っていたんですけど、ちゃんと更新してくれましたねぇ。あらまぁびっくり! (わたしのこーいちさんへの信頼とは…)

いかん、この調子だとまたずらずら長くなる…。
今回は本編から書こうと思いましてですね、その前置きを、と思ったらこの状況になっております。いかん。いかんいかんいかん。

初日は手探り感が強かったえぶりしんぐはぷんですが(つうか、このツアーはなんて略せば…? 20.2.21?)、二日目は様子が大体分かった、というところなのかどうか、初日よりは緊張感あふれる空間ではなかったです。なにせ、アリーナ席もほぼ座ったままコンサートが開始していたしw (そして最初のMCで、「誰も座っていいって言ってないのに座ってるし」とこーいちさんからいじられる)
いやー、楽だった。見やすかった。ありがたかった。
「リラックスして見てくださればいいんですよ。そういう曲も多いし。お子様連れの方は、お子様が寝ちゃったら(とぐっと握り拳をつくって)正解!」とこーいちさんが言えば、つよしさんはでもさぁ、と数年前? の、KinKiコンのあとにJCBホールでつよしさんがやった…こぎり? かな? で、お客さんたちの8割が寝ちゃってた、という話を持ち出し、「リラックスしてくれていいんです、でも、頑張って起きて…?」 とお願いされました。うはは。そんなことがありましたですかー。
リラックスしきって寝るにはちょっと椅子がね…? パイプ椅子がね…? あと隣との間隔狭いしw
(あ、今回わたくし、両日ともアリーナ席でした。アリーナとスタンドと、とばらけたかったなぁ、という尽きない欲望と戦う。そういや席に関してのクレームがないんだって! すばらしい! とこーいちさんに褒められました。え、クレームしていいんだ? とうっかり思ってしまった私。そういうことじゃない。というか、今回、こーいちさん優しいです。いろいろあったからねぇ…。弱っているひとたちには優しくしないとねぇ…。でも時々がすっと刺してくるので要注意です☆)

初日は、こーいちさんがMCでほぐしてくれるまで、緊張感あふれる客席だったし、つよしさんも難しい顔でほぼ動かずに歌っていた序盤でしたが、二日目は頭っから身体が動いているし、声ももうちょっと出してみようかな? みたいな感じでもありましたし、おおよかったよかった、と思いつつ見てました。座って。ありがt…(もうやめておきます)。
終盤になって、アリーナ席も立ちあがってからの数曲はちょっとつよしさん辛そうだったかなぁ。なのでまだ、曲調とか、そういうの次第なところもあるかもですね。
二日目を見て痛感したのが、つよしさん、頼むから元気でいてくれ…!! ということでした。なぜかって、もうこーいちさんが嬉しそうで嬉しそうで嬉しそうだったので。初日はみんな手一杯…よしここは俺が…!! みたいな感じで率先しておばかになってくれたところもあると思うのですが(というか、基本、こーいちさんは初日はそんな感じがある)、二日目は最初のMCからつよしさんも笑顔でどうでもいい話…いや違う、えー…興味深い話をしていて、その受け答えをしつつなこーいちさんがもうとてもとても嬉しそうで…。つよしくんが笑顔で楽しんでる! みたいな…。そういうこーいちさんを見るのが私は幸せなので、つよしさんは元気でいてください。マ、ジ、でー。(こういう言い方するとつよしさんファンの方には怒られそうですけど、でも早く良くなるといいねぇ、と思ってるのはほんとなんですよぅ。)
「無理してでも立ちたい場所ってあるじゃないですか」 というつよしさんに、「もちろん」と言い切ったこーいちさん。ふたりの挑戦がくれた東京ドーム2Days。とてもすてきな時間でした。

と、いうわけで、まずは本編の感想ですよー。
ネタバレごめんな方は回避くださいませね。ちなみに私は、曲順はパンフレットに載せておけ! と思うタイプです。というより、曲順載せてあるものがパンフじゃないのか…? とずっと疑問に思い続けているタイプです(笑)。


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

続きを読む

20.2.21@東京ドーム

行ってまいりましたよ〜、長年通っている東京ドーム、されど、お初な出来事盛りだくさんな初日でしたw
まさかの、架線トラブルによる電車運行に支障あり、からの1日っていう。
もう何度東京ドームに行ってるかわかりませんし数える気もないですけど(笑)、初めてこのルートで行くわぁ、という冒険から始まった割に、なぜかうまいこと行って、ほぼロスタイムなしで到着する奇跡。おっかしいなぁ、絶対新宿でオロオロすると思ったのに…。
そして、水道橋ではいつもとは逆の出口から出て、こっちからの方がグッズ売り場近いんじゃね…? と気づいたりしつつ、宣伝トラックに初めてお目にかかりました。未満都市のやつ。ほほー、これが…。
でもって、あれぇ? KinKi Kidsのコンサートグッズってこんなに並んだっけ??? と不届きなことを思いつつ並び、レジが見えるところまで来てからが動かないっていうw 買うねー。みんな買うねー。景気がいいねー!
グッズレポを読んでいろいろ買う気満々だったんですが、白…というか、クリーム色ベースなグッズが多かったので厳選しました。白色のものニガテ…。5年日記は欲しかったので、そこは白でも妥協しました。あとは、最後の最後まで迷ってブランケットを。肩に引っ掛けるには微妙な長さなのね〜。そらそうか、ブランケットだもんね…。
で、友人と待ち合わせて軽くお腹に入れて、いざ、と会場に向かう途中で指輪が切れ(泣)、なるほど、今日ここまでの運の良さがここでプラマイゼロにね? などと思いつつ。

コンサート自体は、一言で簡潔に表すならば、みんなみんなが手探り、という感じでした。
オーケストラが結構本格的な大所帯なのも初だし、うちわはともかく、ペンライトもないってのも初だし、つよしさんの現状がどんなものなのかわからないからなんとなく客席も固唾を飲んで、みたいな緊張感に包まれていたし、つよしさんも登場してしばらくは何やら難しい顔でほとんど微動だにせず、直立不動で歌ってるし、こーいちさんも何となくいつもより動きが少なめだし、歓声はまずいのかな…拍手は大丈夫? 手拍子は??? みたいな、とにかくなんかもうみんな探り探りだったなぁって。いい意味でね。いい意味で、あの場にいる人たちみんなが、これはどう? これは? みたいな感じでした。なにしろ、心の拠り所、ザ・ペンライトがないしw
ですが、無いなら無いで意外と楽かも、と途中から思い始めた私。いやさー、ほらさー、ペンライトあるとさー、それなりにちゃんと振らなきゃ! みたいな感じがあるじゃないですか。そうするとなんかこう、意識がどこに向けられてるのかっていう問題がね…? ところが、今回手ぶらだったので、自由気ままに音に乗れて、それはそれで楽だなーって。ま、慣れるまでちょっとぎこちなく固まっていたところはあるんですけれども。
あと、MCでこーいちさんが「何緊張してんだよー」とおどけてくれたのも大きいかな。
壮大な叙事詩が始まるのか…? とギョッとするオーケストラの演奏から始まって、ペンライトないし(しつこい)、動いていいのかどうかもよくわからない中、あ、立つの? 立つのね? と前の人たちが立ち始めてしまったので仕方なく立ち(コラ)、立ったはいいものの…としばらく突っ立ったまま聞いている、という妙なことに…。
そらもういつもと勝手が違いすぎて、こっちも緊張しますよねぇ。
で、そんな私たちをほぐしてくれようと、こーいちさんが全力でおどけて見せてくれたおかげで、すっかり肩の力を抜けました。「何見てんだよ、こっち見んなよ!」から始まり、つよしさんの返事が薄いと「つよしくん! 今本番中!」と詰め寄ってみたり、「ちょっとどう思います? この人俺の相手するのめんどくさいみたいな感じになってきてるんですけど!」と建さんたちに訴えてみたり、若干コメディアンっぽくなってきたな…多分に昭和風味が強いコメディアンw
しかし、こーいちさんが全力で、いいんですよー、皆さんは変に緊張せず楽しんでくれればそれで! と伝えてくれたので、そっかー、そうだよねー、じゃあ楽しみまっす! とそこからはかなり気が楽になりました。

それにしても、ああまで立派なオーケストラでくるとは思わんかった…。なんだかんだでいつもストリングス入ってるし、管楽器も入ってるし、それをさらにちょっと多くしました、って感じかなと思いきや、とんでもなかった。本気だった。
しかも、オーケストラの皆さんもイヤモニ(かな?)していらしましたねぇ。多分全員。コンマスとか、それぞれのリーダーだけ、とかならまだわかるんですけど、全員か…!! と思ってギョッとしました。
伴奏のみならず、メドレー形式での演奏だったり、な、なんかすごい…これ、スコアちゃんと書いたってことですよね…? とわなわなしておりました。すっごいかっこいいアレンジだったんですよ…。まんまじゃない、オケ用に編集し直した感じとか、曲と曲の繋ぎとか。うわぁなにこれすごい本気だったなんかごめんなさい、第九やっちゃいなよ! とか思っていてごめんなさいぃぃぃ。
その上、ピアノとドラムとギターもいるっていう不思議。
とにかくもう前代未聞、初ものづくし! みたいな1日でした。

ハープ一本を伴奏に始まったハモデの息を潜めて聞き入ってしまうところから、オケが加わっての広がりの豊かさとか。
DESTINYからSecret Code、そして再びDESTINYというニヤリとする繋ぎとか。
7月のイベントの時の再現をしよう、と客席が歌うもう君をじっと聞いているふたりとか。1コーラス歌い終えたらスッとオケの演奏が始まり、二人が歌い出すという粋すぎる演出とか。めちゃくちゃ褒めてくれたふたりとか(笑)。「みなさん、歌お上手ねぇ」としみじみ言われた時にはどうしようかと。いや、でも確かに、なんかすごかった。ドームだからやっぱりちょっとずれるじゃないですか。でもそれを、微調整して合わせよう、みたいな一致団結感がとてもすごかったなぁと。
「もうずっと聞いていたかった」はまだしも、「僕らはここで聞いてるからこのあとみなさんが歌ってください」といわれた時には嫌だ、とつい口にしてしまいましたが(てへぺろ)、6万人の大合唱、というより、6万人の祈りみたいな、そんな歌だったなーと思います。
それから、今日はやっぱりないのかなー、と思っていたらやってくれたよー! なshock! とか。
つよしさんのことを考えると、今日は歌うだけかな。踊るのはなしかな、と思っていたので、おおおー! と思いました。それぞれのソロコーナーを設けて、つよしさんには避難してもらって、アンプも使っての光一ソロコーナー。照明もいつもの凝りまくった感じで、ダンサーさん、ふぉ〜ゆ〜従えてのshock! めちゃカッコえええええ…!!!!  ていうかこれ、この一曲だけが踊るところだからなのか何なのか、ソロツアーで見ていた時より断然抜群にキレッキレで、ぽかんとしました。なにこれまた別物になったかのように…血となり肉となってるじゃないか…!! あの時もカッケー! と思っていましたが、まだあんなもんじゃなかったのか…!! と唖然としました。明日…というかもう今日か、しっかり目に焼き付けてこようと思いました。いやはや。
Topaz Love、っていうか突発ラブだよね? なTopaz Loveも、DESTINYもNext to youも聞けたし、これまでのシングル曲もオーケストラの演奏合うね…!! とびっくりしたし(というか、合うようにしてくださった訳ですよね)、かしこまるだけではなく、ちゃんと音に乗る時間も作ってくれていて、なんというか、とても贅沢な時間だったなぁと思います。
全だきでは、オーケストラの皆さんもたちあがって手拍子打ってくれていて、それはちょっと異様な光景でしたけれど(笑)、と思ったらいつの間にか演奏され始めていてフォォ…と思ったり。あとあれだ、ダンサーさんたちが、最後の繰り返し(だったかな?)の全部だっき、あたりでピョンって飛ぶんですけど、あれめっちゃかわいい〜!!! あれかわいい。あれかわいいなぁぁぁ! と一人くねくねしてました。くねくね。
探り探りで始まった初めて尽くしなコンサートでしたが、ある意味とても贅沢で、とても素敵な時間でした。
ふたり並んで歌っているということも含め。

明日も楽しむぞー! おーいえー!


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

ドリフェスその2というかその3というか…。

嗚呼消えてしまったかの名文よ…(まだ言う)。

深呼吸して、いったんすべてを忘れて、そしてふたたび歩みだそう、くらいのすがすがしい気持ちはまったくなく、苦悶に満ちながら、こないだなんて書いたっけ…と脳みそを叱咤激励したのですがこれまたびっくりするくらい違うものになりました。
ま、すっかり消えてしまっているので、私にしかわからないことなんですけどぉ。

そんなわけで、二度目のレポなので、比較的淡々としてしまったところもありますが、気力をふりしぼりました。
消えてしまったアレの頭は、「好きが邪魔をする」とかなんとか、キャッチコピーになりそうだなこれ、とにやにやしながら書き始めていたんですが、いまとなっては、「エラーが邪魔をする」としかはじめられねぇなぁこりゃあ。おかげで無駄にこまめに保存しながらの気が張る作業となりました。こまめにやってるときは飛ばないんだ…消えないんだ…ふふ。ふふふ。(そしてまた忘れたころにノォォォォォ!という仕打ちに遭う←いい加減懲りたらどうか)

そうこうしているうちに来年のSHOCKが発表になり、その前にはツアータイトルも発表になってましたね。なんていうか、時々とても重いものを打ち込んできやがる感じがありますねw Everything happens for a reason. なにごとにも理由はある、ですかね。あんまり好きな言葉じゃないですけど…。どちらかというと、起きたことに理由なんかなくたっていいじゃないか、それが起きた理由なんざ後からひねりだして自分を含む誰かを納得させるためのものでしかないじゃんか、というスタンスなものですから。理由がないといかんのかい、というひねくれっぷり。ただまぁ、言いたくなる気持ちはわかる、とひとつ頷きました。
むしろ、20.2.21? バージョン名? 手直ししてアップデートしたよ! ってこと? みたいな数字列のほうに興味津々です。
これもしかして素数じゃないか…?(.を無視して20221とした場合の話) としばし暗算してみて、お? いける??? と思ったんですけど、73と277かよぉぉぉぉ! と地団駄踏みました。そこまでは素数を暗算で出す気力はない(笑)。31までが関の山でしたw
970721は素数だけど、19970721は素数じゃない。
790101は素数じゃないけど、19790101は素数で540101も素数。
790410、19790410、540410ともに素数じゃない。
などと、ついでにあれこれ検索してみてました。にゃるほろ…。
ちなみに私の誕生日はがっつり偶数なので、計算するまでもなく素数じゃないです。むしろ約数多過ぎね…? くらいの…。ちっ…。

…え? そういう話はどうでもいい? どうでもいい話は得意なんですよねぇ私…。(だからno reason系。理由を求められても困るwww)

なんてダラダラしていたら、ついに、このドリフェスが地上波に来てしまうことが判明。やばい。まずい。さっさと書き上げて知らん顔しておかないと…!! 私の虚言・妄想癖がばれてしまう…!!

2017年12月16日(土)26:45~28:30 テレビ朝日にて放送決定!



しかし、なぜにこの日程なのか…。東京ドームいぇっふー! の合間にこれがくるわけですか…。はっ。もしや遠征組のみなさん含め、夜更かししてくださいね! ということなのか!?
…忘れないようにしないと…。心にメモだけじゃだめだ。カレンダーにメモしとかんと!

というわけで、ようやく、ようやくの、ドリフェスレポ本題でーす。


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

続きを読む

tv asahi DREAM FESTIVAL 2017@さいたまスーパーアリーナ

行ってまいりましたよ〜tv asahi DREAM FESTIVAL 2017 最終日公演!
玄関をあけたら凄まじい雨風で、行くのやめようかな…と心が折れかけましたが、そこを堪えて行ってよかった! そして電車が止まらなくてほんっとよかった! 

10月29日(日)15時開演 出演アーティスト(敬称略)
 Little Glee Monster
 高橋優
 CHEMISTRY
 E-girls
 森山直太朗
 そして、満を持してのw KinKi Kids!
終演は巻いて押しての20時40分ころでしたー。終わりがなんていうか、ものすごく「…ん? 終わったの? 規制退場もなくていいの?」というアナウンスもなにもなくなし崩しに終了だったので肩すかしくらった気分でしたw うん、いやまぁアンコールとかそういうことはないんだろうなとは思っていたんですけど、ああいうものなのかしらん?

SPICE さんにセトリが乗ってましたー。

フェスというものに行くのは初めて…と思っていたんですが、そういや一度アミューズのやつに付き合いで行ったっけな…(忘れてた)。それは完全野外でしたが、今回は屋根付き椅子付き背もたれつきで、しかも一列目だったので目の前には手すりがあり、大変気楽に過ごせました。アリーナはそうでもなかったのかな? 500レベル(レベルって言い方が面白いw)は「立ち上がらないでください」の但し書きがされていたので、気兼ねなく座って見てましたw 長時間にわたるときは気楽が一番やね~。
そうそう、席が500レベルではありましたが、ちょうどステージを正面から見る位置でした。おまけに、後列との高さの差がすごくて、座った頭の上に後列の足がある、くらいの差があるので、自由気ままに腕も伸ばせて、途中ストレッチがてら腕を伸ばしたりしてました。もしかしてここはうちわオッケーだったのでは。胸の高さ制限いらない場所だったのでは。はっ。
基本、いい感じで過ごせたのですが、トイレは少なかったですねー。どこも大行列だったような気が。出演と出演の間に10分? もう少しかな? くらいの休憩時間(というか、多分セッティング変更のための時間?)があったのですが、それだけではトイレ列は解消されなかったんじゃないかなぁ…? 
直前になって、どうやら6時間コースらしいよと知った私、どこでトイレに行くべきか…、と様子を見ていて、CHEMISTRYさんまで終わったところで残りの面子を見て、いまだ! と行きました。森山直太朗さんとKinKi Kidsは見逃すわけにはいかなかったのでw メンツからして次はE-Gilrsさんかなって。つうかあれだよ、会場に入ったら出演順を教えてくれてもいいと思うんだ…。
で、トイレ列、すーごい並びまして、結局E-girlsさんは見られませんでした〜。ちょっとは見られるかなと思っていたんですが全然まったく間に合わず。ま、音も大きそうだったし、ちょうどよかったのかも。高橋さんの時は音がすごくて、指で耳を抑えていたんですが、それでも聞き取れるっていう…。どうしてあんな大音量でみんな平気なんだ…。
そうだ、音。KinKi Kidsさんはつよしさんのこともあるので、大事をとってアンプラグドでやります、アンプ無しなので音圧が少なめなんですけど、とこーいちさんから言われたんですが、アンプラグド万歳でした。いやー、耳に優しいね! なんのストレスもなく聴けるね!

あんまり芸能関係に興味関心を持っていないわたくしでも知っているCHEMISTRYさん、森山直太朗さんが出演されていたのはラッキーだったなぁ。歌うまいなー、と聞き惚れました。直前まで爆音にしかめっつらして耐えていたので、CHEMISTRYさんは耳に優しくてこころが癒されました(笑)。直太朗さんはとにかくMCが胡散臭くて面白いw とても丁寧な言葉を使われているにもかかわらずものすごく胡散臭い。というか嘘っぽいwww ちょっとつよしさんと話してほしかったわぁ。その横に黙ったまま聞いてるこーいちさん置いておいて欲しかったわぁ。どこまでいったら止めるのかを見たかったwww(そういう場じゃない)

リトグリさん? はお初だったのですが、お歌上手だねぇ! と聞いていました。アカペラメドレーに懐かしの名曲!的なのが含まれているのがうまいなぁ、とにやりとしました。マイコーのスリラーきたときは、おっ、と思いましたもん。なんだっけなー、どれだっけなー、この曲いいなぁ、と思ったのがあったんですが、忘れちゃいました…。画面にタイトル出しておいてくれたらいいのになぁ…。出てたのって高橋優さんだけだったかなぁ? いろんな人のファンが集まる場だからこそ、のアピールの仕方って大事だと思うんだけどなぁ…? そういやパンフレット的なものもなかった…いや、あったのか…? グッズ売り場に立ち寄りもしなかったから知らなかっただけか…?

高橋優さんはちょーっと苦手かなぁ? ちゃんと聞いたのは初めてですが、総じて「うるさい」と思ってしまったので…(苦笑)。アンプと気が合わないんですかね私。あと、基本早口言葉みたいな言葉の洪水的な曲だったのであんまり好みではなかったです。しかし、好みではないものを聞くのもこれまたフェスの醍醐味かもしらん。家で聞いてたらほかのこと始めるかもしれないもんなーw
コール&レスポンスはなかなかやることがないのでw あー、こういうことなんですね、と思ってました。

CHEMISTRYさん、活動休止しているとばかり思っていたので、あ、再結成されたんですね、と目をぱちくりさせてました。でも生で聴けて良かったなぁ。うまいなー! と聞き惚れました。音量もちょうどいいしw(ここ大事)
しっとり聴かせていただいた、とても優雅な時間でした。

E-girlsさんはすみません、トイレ待ちタイムだったもので…。廊下にまでガンガン聞こえてきていたので、中にいたらこれまた指で耳を抑えていたんじゃないか私…と並びながらガタガタしてました。位置なのかなぁ…客席の位置の問題だったのかなぁ…?

森山直太朗さん。さくらかな、と思っていたら夏の終わりでしたw そらそうか。そらそうですね。
ぱっとあかりがついたら、布団に寝ている人が、という斬新な始まり方で(笑)、寝坊してバイト先に仮病の連絡を入れる小芝居からスタートするという。そしておもむろに布団の中(かな?)からギターを取り出し歌い始めるといういきなり直太朗ワールドに連れていかれました。すげぇ。すげぇなぁ! KinKi Kidsさんも歌とMCのギャップがすごい人たちですが、直太朗くんもギャップありすぎぃ! でした。
ちょいちょいMCを挟んでいたんですが、ものすごく胡散臭くて面白かったです。「このドリームフェスティバルに出ることが僕の夢でした!」 みたいなことを言い出した時の会場にあふれた「嘘つけ」感w ざわざわと笑いが漏れる会場に「なんで笑うんですか、人の夢を!」とか、やばいこの人面白い、とふきだしました。なんだろう、とても会場がひとつになった気がしました。
慣れてない(本人申告)コール&レスポンスに挑戦してみたり、ファンの方が掲げていたのはツアーグッズのタオルなのかな? を目ざとく見つけては、「あ! 覚えてる、来てくれたよね、○○…いや、○○の会場だ!」とか、適当なこ…いやいや、なんていうの? アットホームな(ご本人談)ツアーの様子が目に浮かぶようでした。
さらには、終わり間近になった時のMCが凄かった。「やっと言えます。次は、満を持して、KinKi Kidsの登場です!」 と高らかに告げた時の会場の沸き方が凄かったw ついに言った! みたいな。そしてその沸きっぷりに、うわこれキンキファンどんだけいるんだ? とぎょっとした瞬間でもありましたw
そして始まる「ありがとうKinKi Kids!」のコール&レスポンスw なんだこれwww 
盛り上げるだけ盛り上げておいて、「いま、どういう気持ちでイェー! って言ったんですか? 煽った僕が言うのもなんなんですけど…」とぼやかれる。この辺もお上手ですね~。
そして最後に歌われたのが…いやまて、そのまえに衝撃の一曲があったんだった。しみじみと、いやぁ、やっぱり直太朗さん、歌うまいなぁ。聴かせるわぁ、とそれまでのMCを忘れかけていたのに、しっとり始まったバラード調の前奏から、うん…うん…? …あれ…? まてよこれもしかして…? 「~、うんこ」 みたいな。
やっぱりぃぃぃ! という歌があったのでした(笑)。いやーすごかった。すごいしっとりした前奏から、ちょっと切なげなメロディラインをあの声で歌うわけですよ。そして、やっぱりそのことか! と思い至ってざわざわせざるを得ない客席そっちのけで、しっとりとした演奏は続き、続いて、終わるんかーい! っていう。いやぁすごかった。でも一番の衝撃はそのあとでした。
「いろんなところでこの歌を歌わせていただいていますが、今日が一番反応が凄かった。ここに集まったみなさんの関心の高さがうかがいしれました」 と言われた時でした。え…えええ…ちょっと待って…これは、ざわめきもせずに受け入れて流すのが正しいスタイルだったの!? いや無理。それ無理。とりあえずキンキファンには無理。ちょっと、誰がこんな風にしたの!? といわれなき非難をするところでした。…いわれなきでもないか。いわれなきでもないな。ないね。
そんな歌を挟んでの、満を持して紹介、そして最後に歌ったのが「どこもかしこも駐車場」
みなさんも一緒にうたってください、と言われても知らないしなぁ、と思っていたんですんが、うん、これ、歌えるねwww という謎の一体感に包まれました。自分のワールドに引き込む力すっごいなー!
最後は敷きっぱなしだったお布団を抱えて持ち帰られてました。 いい人だ。いーい人だ!

さ、そして、ついに満を持して登場のKinKi Kidsさんですよ! それなりにアウェー感はあるのかなー、なんて思っていたらホーム感しかなかった客席のKinKi Kidsファン率ですよ。びっくりしました。なにしろ、予定時刻1分前? 2分前? から唐突に始まるキンキコール。え、ちょ、ちょっと待ってここはどこ?(笑) さらには、一気に会場にともるペンライト。ちょっと待てー! 持ってたんならほかのアーティストさんの時にも振ろうぜぇぇぇぇwww いやぁびっくりしました。それまでもちらほらペンライトは点いていたんですが、売り切れてる割にはペンライトの光少ないなぁ。どこに消えたんだろ。数の読み間違え??? 運営しっかり? なんて思っていたんですけど、KinKi Kidsはーじまるよぉー! となった途端にペンライトが全点灯した勢いで、なにこの見慣れた感、と思って唖然としました。いやぁびっくりした。ホーム感しかねぇぇぇ(笑)。※ただ、持ち込みペンラが多かった気はしますが。
ので、すっかりリラックスして楽しめました(笑)。いや、それなりに緊張していたんですよ。アウェーだった場合、どこまで頑張ればいいのだろうかとか。どの辺までなら許されるのであろうかとか。
ちなみに、私が持って行ったのはLコンの時のペンライトです。赤と青とオレンジに光るアレ。フェス公式のペンライトに一番偽装できそうなデザインだったので(笑)。買うつもりだったんですよ~記念だしって。でも売り切れていたからさぁ。

というわけで、KinKi Kidsさんのことは別項目であげます。いや…ここまででこんなに長くなる予定じゃなかったんですよ…(苦笑)。これじゃただの直太朗ファンになりかけてる人みたいですけど、そういうわけではないんです。ない、って言い切るのもどうか…。
 
ドリフェス行ってきたよぉ、台風迫る中さいたままでw CHEMISTRY歌うまいわぁ、森山直太朗も歌うまいわ、っつうかあの人面白いわぁ。でやっぱり歌うまいわぁ、みたいな感想を漏らしましたら、で、KinKi Kidsさんはどうだったの? と聞かれましたので、いやぁ、もうちょっとかしこまるのかと思いきやいつも通りだったよ、と答えまして。で、うまかった? と重ねて聞かれ、うん? …うん? とちょっと立ち止まってしまったのが個人的におもしろかったです。うまい…いや、うまいとか下手とかじゃなくて、好き。という、真理に到達してしまいました(笑)。私も初めは、「あら、ジャニーズなのに歌がうまい」から始まったはずなんですけど、テレビやCDで聴くより、生で聴く方が断然うまい、と思っていたはずなんですけれども、いまや 「うまい? いや、好き」 という、よくわからない方向に断言するようになりました。そう、これが20年…(そうなの?)。うまいとか下手とかっていう指針と、好きか嫌いかってベクトルは同じようでいてまったく別ですよねぇ。

そんなわけで、KinKi Kidsさんの1時間はまた別日に。早めに書き上げます。これは早々に書き上げます。さすがにこれだけ投下して半年経過は違うだろうと思うので(笑)。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
Gallery
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・