ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
Endless SHOCK 2017
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2017
主演1500回達成記念公演

2017年2月1日~3月31日
 帝国劇場 全78公演

2017年9月8日~9月30日
 梅田芸術劇場 全30公演

2017年10月8日~10月31日
 博多座 全30公演


KinKi Kids Party!~ありがとう20年~

・横浜スタジアム
☆7月15日(土)18:00
☆7月16日(日)18:00

☆管理人両日参加予定です!

ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

cinema☆cinemaを取りに行く。

書店勤務の友人に取り置きをお願いしておいたcinema☆cinemaを取りに行きました。そして、ついでに食事でもしましょうかと焼き肉屋に行き、どんだけ食う!?ってな勢いで消費してきました。焼き肉やのメニューってどうしてあんなに…(泣)
さすがにお腹がいっぱいだよ…でもまだこんなにあるよ…ってかデザートも行きたいよね、というタイミングで「ジャニーズ最新情報」からメールが届きました。
山口くん、ご結婚おめでとうございます!!

イノッチより先なんじゃないかとなんとなく思っていたのですが、このタイミングでの発表になったのはどうやら、ファンのみなさんに直接報告がしたいからライブで…という意向だったらしいですね。去年はTOKIOのツアーがなかったから今年になったのだとか。
なんだかあれですよ、これからライブに行くのがちょっと怖くなりますよ(笑) できればこう、この日、なにかあるかも、的なことを匂わせて心の準備をさせてくれませんか。いきなりそんな報告された日にゃライブどころじゃないって…(苦笑)
なにはともあれ、おめでとうございます。今夏にはパパだそうですね☆ ダブルめでたい!


さて、cinema☆cinemaです。表紙からぎゃあ!と叫びたくなる素敵なお仕事。扉はこれまた素敵な仁王立ち、一枚めくれば白いシングルソファーからこっちを見ているその姿にわしづかみ、かと思えばとなりのページの物思いにふけっているようなその表情にきゅんとくるし、同じようなポーズでこちらをまっすぐ見据える瞳にどっきゅんだし、しゃちほこばる中丸くんの隣で「破顔一笑」としか表現できない笑顔だとか、インタビュアーさんに向かって話しているのかな? 心持ち身を乗り出している感じも、笑って中丸くんを見ているのも、もうとにかく極上の写真の群れ。誰? これ誰? と思ったらやっぱり花井さんじゃないですか! ってもう、光一くん、花井さんをどれだけ信頼しちゃってるですか!
いやー、いいもの観ました。こんなの増刷しなきゃダメに決まってるじゃないですか。これね、表紙買い行けますよ。表紙だけでもいいですよ。特集の写真を1カットずつ連載したら買っちゃいますよ(たぶん)。

いい!!

コメントもたっぷり。中丸くんとの対談もたっぷり。読みどころ満載です。990円も惜しくはない仕事っぷりです。
CINEMA SQUAREも読みどころ満載でしたが、こちらのほうが映画の内容に触れているかな?と言った感じ。いや、内容はそうでもないかな…。映画の内容というより、撮影の話かな…。裏話、とまではいかないですけど、ああ、そんな感じだったのかぁ、というのが伝わってくるインタビューでした。にこりともしない光一くんもいいですが、満面の笑みの光一くんももちろんいいですよ?。

共演者のことにも触れていて、特に北大路さんのエピソードはいいです。そういうところを光一くんは見ているんだな、とそんなことを思いました。

対談は相変わらず中丸くんは緊張しているんだなーという感じがにじみまくりです(笑)。あ、TVぴあとwink upとduetね。いつもいつもほんとにありがとうね、中丸くん! 電話番号の交換したら掛けてあげてね。そしてメールもしてあげてね。返事が来なくても負けちゃだめだよ!(笑)
「もっと働けよ」と光一くんに言われたら逃げ場がないなーと庶民の私は思うのでした。
今年は川井ちゃんとお寿司食べに行けたのかな??

いやあ、いい雑誌でした。待受画面候補の写真がたくさんとれました。花井さん、ありがとうございます!(笑)

さ、あとは日本映画naviか…。こっちはどうなんだろうなぁ。なんかもうこの二冊でお腹いっぱいな気もするけど、ファンは欲張りだから大丈夫!(なんのこっちゃ)   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

佐川急便からのお届けもの

SHOCKの写真とフォトアルバムが届きました。
この注文時の情報が…なわけか。メールがきた時には驚きましたが、だからどうするんだ、というところまではいかないのが法律の厄介なところです。
この保護法も一人歩きしているような印象もあり…。なんでもかんでも「個人情報保護法の関係で…」でごまかされている気がしてしまいますな。

そんな話はともかく。

フォトアルバムと第7弾の写真セットを頼んだんですが、ファイルが意外にしっかりした作りで、ええやんけ!と感嘆の声をあげてしまいました。やはし二つ頼んでおけばよかった…。過去の写真たちも入れてあげたかった…。
うきうきと今年の写真を入れたら、去年までのが入りきらなかったのです。ええまぁ予測済みでしたけど…。
来年もまた専用ファイルを販売しちゃってくださいな。

写真セットGはピアノにじゃーん!な写真にときめいてしまいました。おお! グッジョブ!
写真はランダムなのかな。それともどなたかの「これがいい!」セレクションなのかな。だったらセレクトは是非町田くんにお願いしたいな。彼なら間違いなくファン目線で選んでくれるはずだから(笑)

拍手ありがとうございます。コメント返信です。
>28日10時台の方。
あ、そんなこと言ってました? 同時通訳って大変だなーと聞き流してました(苦笑)
私はてっきりスタッフさんから面白い指示が飛んだのかとか、おかしなものを見てしまったのかと思ってしまったんですが…。うたばんの「キンキさん入りまで15分です」みたいなカンペとか…。あれってどういう意味なんだろう。15分つなげ? 15分でまとめろ?
世の中には不思議なことがたくさんあるなぁ。

本日の一語(『美しい日本語の辞典(小学館刊)』より引用)
・「ぽくぽく」(P.247)
木魚などをたたく音を表す語。また、ゆっくりと歩く様子や、その足音にもいう。その他、やわらかくてふわふわしているさま、水気やねばり気などが少ないさま、砂地などがすっかり乾いているさま、あるいは、いねむりをするさまにも用いられる。

擬態語を多く使うと子供じみた文章になりますが、私は擬態語が好きです。擬態語でしか伝えられない雰囲気というのは絶対にある。
と力説するのが「ぽくぽく」なんてなんとものどかな語だというのが…。ぽくぽく。   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

会報No.64

DVD、ドラマ、の次はこれかぁ。なるほどなぁ?。って最近来たばかりのような…。一ヶ月…もたってないじゃん! おお?。もしや月報に?
とまぁ、オレンジの封筒を前にあれこれ考えました。

オリスタさんのblogでまた光一くんへの質問を募集しています。DVDとドラマの記事が予定されているのかな? 専門商業誌がファンからの意見を誌面に展開するのはどうかと私は思いますが、せっかくだから伝えたい、と思われる方はコメントしてみてはいかがでしょうか。

堤監督のblogも更新されています。宮古島でのロケが無事終了しましたよ、との話と桜の話。なんともいえない、言葉にできない気分になりました。

さて会報。光一くんのSHOCKと剛くんのハイチュウCMの話でした。剛くんの方はさておき…。
さすがはオフィシャル。掲載されている写真もあれこれなシーンを網羅しているなら、光一くんのインタビュー内容も他ではなかなかそこまで突っ込まないよね、というところまで踏み込んでいて唸るばかり。
この記事を書かれている方の文章にも唸りました。
扉のモノローグ的な文章でまずがつんとやられました。
それからインタビュー内の『「周りがみえなくなったらお終いだ」と言ったあと、「お前らもな」と周りのものに言う。このセリフが、ザラリと、耳に残る。』
この『ザラリと、耳に残る。』の表現が素晴らしいなと。
あの台詞は何か嫌な予感というか、そこまではいかなくともどこか嫌な空気がある。それは他のメンバーに釘をさしているからなのかもしれないし、言っているコウイチ自身が周りが見えなくなってきているからかもしれないけれど、そういうなんとなく「変」な感じを『ザラリと』と表現されると、うわ、そのとおりです!と脱帽してしまいます。
まとめにシェークスピアの言葉をもってきていたりと、いやぁ凄い!
光一くんの言葉だけではなく、記事をまとめられた方の文章も読みごたえのある素晴らしいものでした。
いつもの"アイドルの会報です!"的なノリも好きですけどね?。TPO大事。

『コウイチは、自分のために蘇ったのではなかった。愛する仲間たちのために。』
という冒頭の言葉にがつんと来たままページをめくり、思わず正座して何度も読み返しながら、一言一言を読んでしまいました。こんなに真剣に文章を読んだのは久しぶりです。

トウマの告白での「好きなやつが振り向いてくれない気持ち」というのがコウイチにも向けられていたとは!
うわぁ、そうかぁ!と後ろから殴られたようなショックを受けました。いや、前からでも、横からでもいいんですけど…。
「走ることの意味というのは、みんなが一斉に、同じ方向に向かったときに初めて走ることが出来るの。」だとか、Japanesqueの最後の一幕の話だとか、もう一度観させてくれぇとのたうちまわるインタビューでした。DVD…DVDください…買うから。初回・通常とWでいいから(泣)

カンパニーへの想いが溢れているのを感じるのもさることながら、ますます過ごしやすさを増しているような楽屋写真も嬉しいですねぇ。あのスクリーンセイバー欲しいよ! くれぇ!
テーブルやらなんやらにちゃんとカバーをかけているあたりも光一くんらしい(笑) あと鏡にこっそり映りこんでいるバスローブたち。この赤いのが生田くんの楽屋に入ったのね…フェラーリなのね…、というわけで今日はF1第2戦マレーシアGP予選ですよ! ひゃっほーい!

そんな無理矢理な…(苦笑)

拍手ありがとうございます。コメント返信です。
>7日トド子☆さま。
うわぁ、凄いですねぇ!
屋良くんは何気に目力がありますよね。とソロコンの時に思いました。いい席だったなぁ、あの時は…(うっとり)

本日の一語(『美しい日本語の辞典(小学館刊)』より引用)
・「花明かり」(P.222)
花が咲き乱れて夜でもそのあたりが明るく感じられること。特に、一面に咲く桜が闇の中でもほのかに明るく見えることをいう。

桜の花は怖い。綺麗だし、儚く切ないし、あはれなんですが、でもその裏には怖さが潜んでいる気がします。
月や、桜は人を狂わせる何かを持っている、気がします。
それは夜のイメージがあるからなのかなぁ。
夜桜は怖い。闇の中に浮かび上がっている感じが怖い。引きずられる気がする。
なので逆にライトアップされている方が怖くはない。怖くはないですが、ライトアップされていると桜に見えなかったりする…なあ。
ま、私はお花見が好きではないですけど。桜を眺めたり、はらはら散る花びらを浴びるのは好きですが、そこに集まってああだこうだするのが好きじゃない。通りすがりに眺めるくらいがちょうどいいです。   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

ええと、ええと。

ネタを小出しにすると更新には困らないけれど、どこから書けばいいのか悩むものなんだなと今更ながら思っている私です。

てなわけで、今日はJ-webです。

KinKiサイトにて、千秋楽のカーテンコールの模様のレポがup。
いいなーいいなーこんなことされたら泣くなー。
…いや、泣きはしないか。
泣くかどうかはさておき、一度は体験してみたい千秋楽ですが、仕事している限りはまず無理です。仕事してなくてもチケットがとれないでしょうけど…。

第二弾として、囲みレポの模様も予定されているようですよ。各局入り乱れたワイドショーの全貌が明らかに…なるのかな?

MAん華鏡では、米花くんに引き続き、秋山くんの日記にも泣かされるかと思いました。思っただけです。泣かないもん!(なんの意地なんですか…)
観ているだけのこちらでさえ体力消耗するわけで、出演者のみなさんは言わずもがなですよねぇ。
あの幸せな日々はみなさまの強い意志あってのものだと改めて思いました。
ありがとうございました。

文句ばっかり垂れてるからなぁ…見習…えたらいいなぁ。でも魔の決算期を前に出来もしないことは言えないからやめておこうっと…。だめだめな私です。溜め込むと膨れあがるもーん。

拍手ありがとうございます。コメント返信です。
>5日18時台の方。
あの表情はなかなか見られるものじゃないですよね。あれがプロか…とはっとさせられる瞬間でした。それまでのアホっぽさ…もとい、かわいらしさからは想像できん…。

本日の一語(『美しい日本語の辞典(小学館刊)』より引用)
・「総花(そうばな)」(P.162)
すべての関係者をまんべんなく立ててやること。皆に恩恵を与えること。もとは、料亭、遊女屋などで、客が使用人など全員に出す祝儀をいった。現在では、「総花式」「総花主義」「総花的」などの形で用いられたることが多い。

光一くんの挨拶を聞いていると、気配りの細やかさに感心します。というところからの連想であげてみました。   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

ワイドショー

千秋楽のワイドショーの話でも。今更なので、さらっと。

28日夕方のWSはまんまと録画失敗しまして…。あはははは。
1日、2日の方はおかげさまで各局抑えられました。よかったよかった。
今回ほどいろいろ分かれたWSもなかったのではないかと…。
テレ朝はもちろんドラマの話をもってきますよね。反して、その他の局はまったくその話はなしで。
めざましは舞台上でのご挨拶と胴上げの様子で、会見の模様はなかったような…。森光子さんが昼夜2回公演のときは毎回お弁当を差し入れてくれていたと。すげー…。でもって「おいしかった?」とちらっと笑いながら言う光一くんがものすっごくかわいらしい!
その話を受けて、森さんといえば東山さんですが、東山さんから光一くんに…となんてこと言ってるんだろうこのレポーターは、とびっくりするようなことを流していたのは日テレ? TBS? テレ朝?
WSのレポーターって凄いよなぁ、と呆れてみたり。
日テレの扱いが悪いなーと思ったら、翌日のザ・ワイドで「男前の休日」の枠に持ってきていたんですねー。
光一くんに休日…あの人、どれくらい休日がない日が続いているんだろう、とまず思ってみたり。
「目覚ましをかけず、起きたい時に起きて、腹へった時に冷蔵庫にあるものを適当に食べてグダグダしてます」とある意味予想通りの言葉を。
でもこれ、1番贅沢なことだと私は思いますけどねー。
階段落ちの総距離が富士山の8合目までに相当する、とか東京タワー何個分に相当するとか、なんだかよくわからない比較もやってました。
あと、ズームインだったかな? マッチさんがフライングする話もちらっと。光一くんと話をしたって言ってましたよ、と言われると「そうですか?」と言いつつ「背筋を鍛えて下さいってお話ししました」「楽しみですよね」と目をくりっとさせて言ってるのがかーわーえーえー!

小出し小出し…。

本日の一語(『美しい日本語の辞典(小学館刊)』より引用)
・「是非に及ばず」(P.157)
どうしようもない。しかたがない。やむを得ない。よしあし、やり方などをあれこれ議論する必要はないとか、もはやそういう段階でない状態をいう。明智光秀の謀反を知って発した織田信長の最期のことばとして有名である。   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
Gallery
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・