ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
KinKi Kids Party!~ありがとう20年~

・横浜スタジアム
☆7月15日(土)18:00
☆7月16日(日)18:00

☆管理人両日参加予定です!

ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

プリン・ス

プリン・スにてSHOCK DVDの宣伝がありました。相変わらず素敵なファンっぷりでした(笑)
MCのテンションアップ!なコメントもよかったんですが、なにより「おおお…」と感動したのがその編集っぷり。素晴らしい! なにしろ、いきなり指揮するコウイチのご挨拶からですよ! こんなシーン、全国ネットのWSでは流れたことないのでは!? 階段落ちではなく、落ちた後の右腕を宙へ伸ばし、無念に倒れ落ちる姿を見せたりだとか、スペインのみんなが華やかに踊るシーンではなく。コウイチ一人にピンがしぼられた頭のサパテアードのシーンだとか、公園で新聞観てきゃあきゃあ言ってるところだったりだとか、そしてそして私が大好きなあのシーン、「I say Yes!」で客席を指差すあのシーン!!

ブラボー!!

フライングも片足宙づりもありましたけれども、それにしてもチョイスが素晴らしいじゃないですか。この位のラインナップの豊富さを各局WSでもやって欲しいですよ!! なんだっていつもいつも階段落ちメインですかね!? あとフライングね。ラダーもたまにあるか。あと殺陣ね。大体同じパターンなので、ジャニーズサイドから制限かけられてるんじゃないかと思っていたんですけど、今回DVDも出たことだしお咎めなしに? つうか、前からDVDは出てるじゃん。ま、もちろん、観たことない方もいらっしゃるでしょうから、お楽しみはとっておかなければならない、というのはあると思うんですが、たかだか1分少々の枠で見せきれると思うなよ!ってなもんですよ。ほんとにさ。 
…あれ? なんで私はこんなにエキサイトしてるんだろ?

というわけで、一幕を2分少々でまとめあげた素敵な映像を見させていただきました。いい編集でした。ありがとうございました!

MCの会話も面白かったんですけれども、ただひとつ。「堂本光一さんってなんでも出来るんですね!」とか、「器用ですよね!」なんて無邪気な発言を聞くと、うーん…とちょっと思ってしまう私なのでした。なんでもかんでもほいほいやってしまえているわけではないと思うけどなぁ…。無様な姿は絶対見せないと決めているから、ああいうものを常に観せてくれているのだと私は思うんですけど…。まぁ、このあたりはファンの欲目もあるかな(笑)。

次回も是非、熱を風を、空気を感じられる、あの空間で観られますように!   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

ギャオってマガジン

そのうち怒られそうな気がするな…。

GyAO magazineにもSHOCK DVDの販促ページがあるとのことでしたので見て参りましたー。
今回は見るだけで終わらせました。
DVDの表紙写真のでっかい引き延ばし版はちょっと心魅かれたんですけれども、まいっかと。でもって本文紹介ページも、初演からの流れをさらっと説明しつつのいい紹介文だったんですが、でも、持ち帰らねば!というほどでもないかなと思ったので。
初日を映像として残しているのは普通はあり得ないこと、というのは私も思いましたけれども。勇気のいることですよね。しかし、こちらとしては嬉しいですよね。だって初日・楽日なんてまず当たらないっての!
ついでに私がふと疑問に思っていたのが、なぜ2月6日公演だったんだろうなぁと。もう少し終盤でもよさそうなものだと思うんですが、そうなると光一くんを始めとするキャストのみなさんの面変わりが激しくなっちゃうんでしょうか。この時点で既に「わぁ…頬が…」という感じですもんねぇ…。

ささ、明日は新聞広告欄チェックから朝が始まりますね!
次なる戦いが始まるわけですよ。ええいこんちくしょー、来るなら来やがれ!
…あれ? FCの振り込め用紙は一体いつ…?   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

オリ☆スタ

…タイトル変わったんですね。(気付くの遅っ!)

「走り続ける男 そのまなざしの先に」
ということで、SHOCKのロングインタビューが掲載。オリスタさんはロングインタビューがいい。これはもうずっと言っている気がしますけれども、ここはやっぱり根幹なのだと思います。一番シンプルに伝わる。
光一くんはいつも、どんな媒体でもシンプルに伝えてくれようとしていると思いますけれども、オリスタさんの場合は、長年の関係というものもあるのかな。ところどころに気安さも混じった感じがとても好きなんです。

まだDVDを観てないのにここに反応するのはどうかと思うんですが(笑)、映像ディレクターさんとの意見の相違にがっつり反応。
「たとえば、殺陣のシーンがあって、刀を構えているのに、その切先が切れているアングルはオレ的にはアウト。踊りにしても、動きの流れを観せたいのに、アップじゃわからない。」
そーう! そうなのよーう!
…というか、私が単にアップになると照れて視線をそらしてしまうとも言うんですけど…。
確かに、ずっと引きの映像だと…ねぇ。それはやっぱり違うと思いますが、細かすぎるカット割りは「こらー! 動くな!」と言いたくなる箇所が…ごにょごにょ。
舞台の映像化する時に、何日かとるものなのかしら…。それって編集するのが大変なんじゃないのかなぁ逆に…とこっそり思ってみたりして。しかし、その後の納得の仕方につい吹き出す。
「映像スタッフはわざわざチケットを買って、席をとっているわけですから…。」
「チケットも入手困難ですしね。」
「それもある。」
それもある、ってそんな端的に…(笑)。そうか、あの客席つぶして入れてるカメラは、ちゃんと席代払っていたのか…。

単独主演を塗り替えるということに絡めて、公演回数に触れられ、ここでも「回数を目標にしていたわけではない」とあっさり。ただしかし、「たしかに、データを見せていただいた時、他のロングランの舞台と比較すると、強烈なペースなんですね。しかもシングルキャストで。それは少し驚いた(笑)。」ということで、そこに気付いてくれただけでも良かったよ、と思う私でした。しかしあれかい。データを見ないとわからんのかい君は!

他のキャストへの話もなんだか「やわらかい」。インタビュアーさんも言及されてましたが、光一くんはほんとにやわらかくなりましたよね。雰囲気が。それは自信なのか余裕なのか私にはわかりませんけれども、いろんなものをありのままに受け止めて包み込める懐の広さがうまれているんじゃないかなーとか、そんな風に思います。いい意味で既成概念がないというか。いろんなものがあっていい。でも、譲れないものはある。そんな風に感じます。そしてそれは見ていてとても、安心できるものでもあります。言葉にされなくても、見ていて伝わるものというのは確かにある。SHOCKやKinKiのコンサートを観ていると、みんなで作り上げているものなんだなというのが伝わってくる。それはとても、嬉しいことですよね。

「本当はすごく考えるタイプですよね。考え抜いた末に、勝負する時は考えずに瞬間に全力をかけている。」というインタビュアーさんの言葉が素敵ですね。
全力でいける、ということは、まるっきりの出たとこ勝負じゃやっぱり無理だと思うんですよね。たとえばひらめきとかっていうのも、まったく何も考えてなくて生まれるものではないと思うんです。意識してはいなくても、どこかで気に留めているから、何かをきっかけに「ひらめき」という形をとって表れるものではないのかと。
たぶん、ここだけは、というものがかっちりある人なんだと思うんです。そこがしっかりしているから、その他のことにはフレキシブルに対応できる…んじゃないかなぁ。どうだろう。

とりあえず、プライベートの変化は求めてない、とさっくり言われてしまうと喜んでいいのかどうかちょっと複雑です。求めても…いいとは思う、よ?
うん…まぁ…複雑な気分にはなりますけど(笑)。

会見の簡単レポも掲載されていました。次週はより詳しいレポが掲載されるそうですが。ああ、そういう時期ですねぇ。搾り取れるだけしぼっちゃってください。ええもう…。目先の幸せに流され過ぎですけど、幸せだからまあええわ…。
そういや賞金の使い道は「飲み代には使わせません」とおっしゃておいででしたね(笑)。でも、「スタッフと話したら、“演出に使ってしまうのもね”と言われました。だから何に使うのか僕もまだ知らないんですよ(笑)」
飲み代には使わせない、と言い切る座長も、演出に使ってしまうのもね、と言ってくださるスタッフさんも、どちらも素敵! いい関係ですね!

「オレたちの熱いキズナ」アーティスト編は堂々一位でKinKi Kidsさん。そらそうでしょ?。ほんとに不思議な2人です。正反対のようにも見える。けれど、同じなんじゃないかと思う部分もある。とりあえず、運命って凄い。そしてその運命をちゃんと形にしてくれたジャニーさんも凄い。そりゃもう逆らうなってことですよね。うん。
光一くんのことばっかり書いてますけど、私はKinKi Kidsのファンでもあるんですよ? ファン「でも」ってところが…微妙か(笑)。

拍手ありがとうございます。コメント返信です。
>31日こうままさま。
たた、大変失礼いたしました…!(平身低頭) てっきり同じ方だとばかり…。失礼いたしました。
2年ほど前から…ということは、このブログを始めて3年とちょっとですから、半分以上、ということですか…。
…。
…お疲れさまです。

>D17Aさま
毒薬の瓶、はあれは装置の上に置いてあった気がしたんですが違いましたっけ…? わたくしが思いますに、それこそがきっと「夢を壊す」工夫なんじゃないかと…。しかし、一体何が入るんだろう…?   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

DVDがやって来た

今回はさすがに「同胞物」としてリザーブドチケットは入っていませんでした。
…あれはもしかして、SHOCKのDVDのリザーブドチケットと間違えていたんだろうか?

梱包を解こうとして、しばし迷う。
これを開けてしまったら、観たくなるのではなかろうか。
あれやこれやどれやそれやなあのすてぇじを。
しかし。
明日は世にも忙しい月末なんすよ…。
SHOCKは魂を抜かれてしまうからなぁ…。いろんな意味で抜かれていくからな…。見終わるとぐったりと消耗するからな…。
がまんがまんがまんの子。

で、そのまま放置しようかと思いかけて、あ、そうだと思い出す。そういや初回盤の付録は凄いんじゃなかったか確か。
…スシ王子のフィギュアも凄かったけど。かわいいんだもんあれ?。しかし、SHOCKでフィギュアは難しいよなぁ。ううむ。
でなく。
ためらっていたはずなのにさくっと開けてみました。

DISC1とDISC2のパッケージ裏の写真が素敵! 特にDISC1の裏が好き! 
と、思ったら中のリーフレットの写真はもっといいじゃないですか!!! 誰? 光一くんからこの笑顔を引出したの誰!?
くらくらしながらDISC2も開けてみる。…ああ、これも素敵じゃないですか。憂いを帯びた王子。誰? 誰ですかこの素晴らしい仕事は!!
REISHI EGUMAさん。どなたか存じませんが、ありがとうございました!!

…ジャケットだけで満腹感ってどんだけ…。

ブックレットもこれまたいいっすね!
初演からを振り返る写真を見ると、始めは衣装に着られていた感があったんだなぁ、なんて思ったり、おお金髪かつら!とか、あー、こんなシーンあったなぁ…なんていろいろ思い出します。ちなみに私は2002年6月の再演が初観劇で、その後はすべて、観劇できています。ありがたいことです。
光一くんの言葉には、ただひたすら頭が下がります。ほんとにこの人のプロ意識の高さときたら…! 誰よりも貪欲なのが光一くんなのだと思います。だからこその舞台であるのだろうと。
なので、観ているだけなのにぐったり消耗するんだろうなぁ…(苦笑)。

舞台衣装の話にはかなりびっくりしました。光一くんがそこまで関わっているとは思っていなかったんですよ! びび、びっくりした…。でも、「私服部分はほとんどおまかせ」というあたりが光一くんらしくてほっとしました(笑)。
ロミオの衣装の「夢を壊す」工夫が気になって仕方ないんですけど…。思わずデザイン画をじっと目を凝らして見てしまうじゃないか! そこまで言ったんなら教えてよ?!!

ここに掲載されているデザイン画はそうでもないですが、ドラマだとか映画だとかに出てくるのってものすごい極端な画だったりするじゃないですか。なんでこれからこうなるの?というようなあり得ない感じ? なので、デザイン画っていうのはみんなああいうものなんだとばかり思ってました。
なにより気になるのが髪は外はねか…みたいな(笑)。あと、デザインがにちょこちょこっと書かれているメモが面白くてつい読んでしまいます。「ココに入る」…何が?

セットデザインの話も興味深い。裏方の話って面白いですよねぇ。文化祭でもなんでも、本番までの時間が一番楽しい、と私は思っていたりしたんですけど(笑)、間に合うのかどうかとどきどきしながら、ああでもないこうでもないと試行錯誤するのが楽しくって仕方なかったなぁ…。
じゃなく。
屋上、やっぱり高くなってたんだ! 高くなったような気がするなぁ…こんなもんだったかなぁ…ああ、私の記憶力はどこ!?と思ったことは覚えていたので、勘違いじゃなかったんだ!と…。ええと、そんなところ…? あれを読んで思うのはそこなの自分…。

音楽での「夜の海」の話はソロコンの時に聞いていた…かな。どこの会場だったかまでは覚えていないんですけど、そうか、ジャニーさんの反対を押し切ってまで…と思った覚えがあります。
が、あれは大正解でしょう!
イントロが流れ始めただけで涙腺にくる曲なんてそうそうないですよ。ないって! あと、追憶の雨もね。いや、戻れない日々、というべきか。あのシーンは非常にいいシーンでした。あれがあるのとないのではもう、まったく違う。オーナーの見せていなかった一面をとてもシンプルに、そして深く、観せてくれた心に残るシーンでした。
しかしこの曲、3つもタイトルがあるんだね…(笑)

そして、菊田一夫大賞。この賞状の「Endless」という文字はかっこいいのに「SHOCK」がなんか微妙なところがおもしろいんですけど(笑)
でも、こういうものはやっぱり手書きがいいですね。
そして、「スタッフ・出演者一同殿」というのが嬉しい。主演男優賞、ではなくて、この舞台そのものに関わる人たちみなさんに送られた賞、というのが嬉しいじゃないですか。
私はそこが一番嬉しかったなぁ…。

最後までじっくり見て、そしてちょっと悲しかったこと。
秋山くんの写真はどこにもないんですね…。
彼もまたこの舞台を支えて来た一員であることには変わりないのだから、省かれることはないと私は思うんですが、さびしかったな…。
…とか言っておきながら、私が見逃していただけだったりして…。

いやいや、DVD本編にたどりつくまえに既にこの満足感ってすごすぎやないかーい。
びっくりじゃないかーい!
でも、本編はがっつり観たいので我慢! つまり、そう言い聞かせてないとダメってことかい…。

J-webではこれまた長編のSHOCK会見レポが。しかもまだ前編という…。
後編も楽しみ?。

明日はオリスタ☆

大晦日参戦報告にたくさんの「おめでとう」コール、ありがとうございました!
だからレポを書くように!という声なき指令も勝手に読み取りました(笑) ええと…善処します(笑)

コメントありがとうございます。
>30日こうままさま
すみません、以上のような理由でまだDVDは観ていないんですが…。週末にじっくり観てがっつり魂抜かれる予定ではおります。
私の文章を好きだといってくださる方からコメントをちらほらいただくんですが…結構あほな文章だし、誤字は放置だし(気付いても直さない…おいおーい)、ろくでもない感じがしなくはないですが、素直に嬉しいです。ありがとうございます。
間違いだったらごめんなさい。以前、私が設置したアンケートにご協力いただいた方ではないですか? HNが印象的で記憶にありまして…。違っていたらすみません(汗)

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

Endless SHOCK 再演あれこれ

うきうきな一日でした。

まずはズームイン。そして職場でスクランブルを。光一くんのメールを楽しみ、トーチュウに微笑み、帰ってからあれこれのWSを眺め、おもいっきりは特番ネタじゃなかったのか…!と愕然としてみたり(笑)。

一番うきゃーと思ったのが「ジャニーさんに勝った日。」
ズームインのタイトルでした。確か昨日のHPで見た見出しはエンドレスショック再演!だったような気が。
SHOCKもついに10年目! ということで、ジャニーさんにようやく認められた(笑)なんて話に。
「ジャニーさんに一度「YOU、そこまでやらなくてもいいんじゃないの?」と言われたことがあるんですが、その時は「勝った!」と思いました」とのことで、小さくガッツポーズ作っているあたりが非常にかわいらしい方ですねっ。
「いい意味でジャニーさんとバトルをしながら作っていきたい」とのことでした。
ジャニーさんのマインドを超えることは無理…いや、無理までは言ってなかったかな? まぁそんなことを言っていた、ような?
相変わらず素敵な師弟関係(いや、雇用主と雇用者ですが)でなによりです。光一くん、ジャニーさんに逢えて良かったねぇ。ひいては私もね。

その日の疲れがとれねぇなぁ…というのは20代前半よりはある。でも、体力自体は今のほうがあると思います。
とのことですが、それは思う。むしろ私ですら鍛えられてる(笑)。土日で遠征、月曜から仕事、とか割と平気だもんなぁ…。
いや、私の話ではなく。

ワイドスクランブルの3分芸能ナビでは、森繁久弥さんの単独主演記録を23年振りに塗り替えることに言及。
「600回ときたら、1000回…」と振るインタビュアーさんに「それは…とてつもない数字ですね」と恐縮しきりにかすかに視線を落とすあたりが謙虚な人です。
が。
そういう機会を用意してもらえるのならば、やります、という姿勢もうかがえたんですがどうでしょう? ああいった場所で「やりたいですね!」なんてアピールする人ではもちろんないわけで…(いろんな事情とかを誰に言われずとも考慮してしまう人なんだと思うんですが…)。
1000回、という数字ももちろん凄いことですし、それを成し遂げる年数の短さ(短いと思うんですけど)も凄いと思うんですが、なにより凄いと思うのは、再演を重ねる集中力が凄いと思うのです。しかもよりよくしていこうとする姿勢が。
飽きっぽい私はほんと、頭が下がります…。

トーチュウは結構大きな扱いでしたね?。
しかし、SHOCKの内容より、ショックだったことは?と聞かれた返事がおかしくて仕方ない。
「ハミが優勝してしまいそうなこと」
ショックだよねー!!!(力説やん!)

そしてなにより驚いたこと。光一くんからメールがきたぁ!
はは、販促活動してる…!
…smgo更新しないならせめてメールでも出して下さい!っていうのはこれは幻聴?
今年1回だけですもんねぇ。KinKiさんのシングル並…はっ、いかん。触れてはならんところだった!
あの事故が起こらなかったら今年一度も更新がなかったのかってところも気になるところですが、自縄自縛に陥っていなければいいけどなーとこっそり思っていたりします。ああいう記事のあとに何を書けばいいんだ、となんとなく躊躇しているうちに今に至る、とかそんなことではないといいですけどね?。
あるいは、SHOCKのことはMAと大倉くんが書いてくれていたし、中丸くんと堤監督(笑)が書いてくれていたし、KinKi you コンはやっぱりMAとたまに剛くんが書いてるから書かなくていっか、と思っている節もあるんじゃないかと疑えなくもない(笑)。ひどいなーこの信頼なさ(笑)。
そういえばあのメール、件名が「お知らせ」だったじゃないですか。J-webどしたー? なにこの件名?と胡散臭く見てしまったのは私です。だだ、だってぇ…。
で、仕事中だったのでざっと目を通して、なんだこの日本語?とちょっと眉を潜め…(ちょっとですよ、ちょっと!)「生で観ていただくのが」あたりであれ…?と思い、「今回も編集に」でこ、光一くんだぁ!と、確信しました。いやぁ、面白かったなぁ、あの時の自分(笑)

さてさて。オリスタも届いていたグラ特も気になるところなんですが、明日の法事のため、仕事を終えていったん家に戻り、それから車を運転してきたのでチェックしてられまへん。なんですかこれ。なんの嫌がらせなんだほんとに全く!
とりあえずズームインとスクランブルとトーチュウとメールで癒されたからいっか!

…ほんと、体力ついたなぁ…。   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
Gallery
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・