ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
Endless SHOCK 2017
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2017
主演1500回達成記念公演

2017年2月1日~3月31日
 帝国劇場 全78公演

2017年9月8日~9月30日
 梅田芸術劇場 全30公演

2017年10月8日~10月31日
 博多座 全30公演


KinKi Kids Party!~ありがとう20年~

・横浜スタジアム
☆7月15日(土)18:00
☆7月16日(日)18:00

☆管理人両日参加予定です!

ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

会報no.74とLook at Star!

お知らせはないのかー!と騒いでいたからか、会報がやってきた(偶然です)。
ここにお知らせは…ないんだろうなー、と思いつつじょきっと封を切って、引っ張りだして、固まる。

なにこの表紙ー!!!!!

ああああびっくりしたぁ。人の心臓止める気ですか!

というわけで、SHOCK特集。そういえば前回はカウコンあたりだったんでしたっけ…お誕生日おめでとう編だったんでしたっけ…?(忘却の彼方…?) SHOCKの真っ最中にこんなん送られて来ても、と非常に利己的に感じたのを覚えてます。ほんとすみません。

毎度のことながら、会報のSHOCK後日談的なやりとりは深い。深い、というか、他の媒体に比べてより細かいところまでつっこんで話してくれている気がします。他の媒体の場合は、なんだかんだ言ってもやっぱりイントロダクション的な部分を省くわけにはいかないし、それこそ多種多様な人たちが目にする可能性があるわけだし、前提が違いますしね。
そんなわけで、今年も正座をして読みました。

会報の文章を引用するのはどうかなーと思うのでやめておこうと思いますが(会員だから読める、というものであるわけですのであしからず…)、おお、と思ったのが、ゲーム仲間…云々からのゲームの印象から、カッちゃんが光一くんのことを「正攻法を選ぶキチンとした真面目な人」ととらえていた、というのが目に止まりました。…表と裏から挟み撃ち、みたいなことはしないとかそういう…?(どういう印象だそりゃ) うーん、いったいどういうゲームをやってるんだろ? オンラインゲームって私はやらないんですよねぇ。…あ、DSのFF3が止まってるんだった…いかんいかん。早くやらねば。
ま、ゲームをしていると割と人間性が出ますよね。しつこくきっちりなタイプとか、適当にいいとこどりなタイプとか、とにかくすみからすみまで回らないと気が済まない人もいれば、大筋だけ抑えていればいいやーというタイプとか、とにかく慎重な人とか…。
正攻法を選ぶキチンとした真面目な…。ううーん、ちゃんときっちりレベルを上げて一か八かで突っ込む、みたいなことはしないってことかな…。私はいちかばちかで突っ込むタイプですけどね。そして瀕死のぎりぎりな状態で綱渡りのようにRPGをクリアしていくという…。だぁって、レベルをあげるとか面倒くさいんだもーん(笑)

あと、バイプレイヤーに徹していた「先輩」の姿がかっこいい、という話とか。あれはね、かっこいいですよね! なので、錦織さんと植草さんでよかったよねーと思うのでした。いや、東山さんの場合は…どうだろう? 表に出てきそうな感じがするんですけど(笑)
なので、次回のSHOCKにはぜひ、錦織さんに出ていただくということでひとつ…。

それからそれから、最後に加わったウエクサの台詞について。あの台詞は、確かに今までのSHOCKからするとちょっと違和感がある台詞ではありますけれども、私はあの台詞は「ああ、こういうことも言えるようになったんだなー」と感じた台詞でした。あの台詞に限らず、今年のSHOCKは、というか光一くんは、今までは言わずにいた事もするっと言葉にしているなという印象が強かったです。見せなくていいとしていたところを、ここくらいまではいいか、とちょっとラインを押し下げてくれたというか。それはある意味、受け取る側の成長を認めてくれたのかなーという気もしているんですが、どうかな。成長というか…今ならこう言っても曲解されることはないだろうという信頼感というか…言い過ぎかな…。
ひたむきで、まっすぐで、ストイックなまでの姿勢、というのがもちろん、あのストーリーの根本にあるわけですが、コウイチのかたくななまでの姿勢だけが正しいわけではなく、ウエクサのいうような姿勢もありだよね…というキャパの広さを見せてくれた気がするのです。そして、その上で、でもコウイチはコウイチだけどね、というだめ押しは忘れない、みたいな。ウエクサの「休めばいい…」の後のコウイチの台詞、絶対そう思ってないよなーという台詞でしたもんね。どれが正しい、というのではなくて、いろんなやり方がある。一つの側面だけを見せるのではなくて、いろんな側面を見せられるようになった、というのは許容量が大きくなったからだと思うんですが。
たくさんの選択肢があるなか、それでもこれを選ぶんだ、という意思の強さを逆に感じる、そんなシーンだったと、私は受け止めました。はじめから一つの道しかないのではなく、いくつもあるなかから自分が選んだ道だ、というほうが強い、気がします。

会報の写真がこれまたいいですね?。舞台写真ももちろんですが、なにより稽古時の写真がいい! 稽古中の写真はモノクロでね。このあたりの色彩の変化というのもずっと変わらないで通しているところですが、モノクロの写真っていうのは味がありますよね。なんでだろ…。
残念だったのが、オーナーのかぶり物写真がなかったことっす…。えええー、そこは押さえておいてほしかったのにぃ!(マジか)

Look at Star!は千秋楽のステージレポをば。光一くんのはじけんばかりの笑顔が大変素敵です!
そして、放浪記2000回の時の写真もありました?。ちっ、モノクロかよ…(ちょっとちょっと言ってることが違いますよ…)。
でも飢えに飢えているので、ありがたくお持ち帰りしました。ちょっと高いですけどね…よろよろ。


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

BEST STAGE

千秋楽の模様を掲載。おお?、これが噂の光一くんからカッちゃんに抱きついたシーンか…!
いい写真だ…!
ライターの方も書かれていますが、ほんとに今年のSHOCKは光一くんの笑顔が満載でしたよねぇ。もちろん、ここぞと言う時のストイックさも健在なわけですけれども、いい意味で、寛いだり、力を抜いて任せられるシーンが増えたんだろうなぁと、私は勝手に思っていました。
私の勝手な妄想ですけれども…秋山くんが抜けてしまった穴というのは、結構大きかったんじゃないかと思うんですよね。舞台上、というだけではなくて、舞台裏の面も含めて。
MA3人のことも、もちろん信頼していると思うし、頼りにしている部分もあると観ていて感じるんですが、でも、やっぱりお互いにちょっと遠慮があるというか…。いや、秋山くんに遠慮はなかったというつもりはないんですけど、時には遠慮をぶっ飛ばしてくれていたというか。
こう、ちょっかいを出して出されて、っていう感じがあったように思うんですよね。それはお互いにそれくらいじゃびくともしないっていう関係があったからだと思うんです。大好きだからけなす、みたいな。あまのじゃくさんだからなー。
それから一番大きかったのは絶大な信頼感だったんじゃないかと思うんですが、何があっても秋山くんがいれば…みたいなところがあったんじゃないかと思うんですよね。どこにパス出してんのそれ!?みたいなものも受け取ってくれる、というような。
そういう存在の人がいるのといないのでは、やっぱり違うと思うんですよ。
それが、今年はカッちゃんが加わってくれて、ちょっと肩の荷がおりたのかなと。どちらかというとカッちゃんの方が「どこにパスだしてんの?」なことが多かったんですけど(笑)、それも楽しかったんじゃないかなぁ…。自分がしっかりしていなくてはならない、というのが多少軽減されたんじゃないのかと思うんです。ここは、植草さんに任せておけば大丈夫、というポイントがいくつもあったんじゃないかな。
なんてことを勝手に想像してみたりしたのでした。そういえば、秋山くんには光一くんから抱きつきにいっていたりもしたよなぁ…。そうか、そこも親愛度ランキングに応じていたりするのか。
お父さん、ありがとう!(私の中ではカッちゃんは「お父さん」なイメージになっちゃいました…。SHOCKのお父さん、みたいな存在だったなぁって、つい…。そういえば秋山くんもなんとなく「お父さん」なイメージだったなぁ。後輩なんですけども)

さてさて、兄弟の韓国ロケも無事に終了したようですね?。きくちP、建さんがそれぞれUPしてくださってます。
いろんな意味で「今このタイミングで韓国!?」とびっくりしたんですが(人によってはGW中だし某先輩とか豚インフルエンザとか…)、楽しかったようでなによりです。下手に国内に行くよりは時間的にもロスがないのかもしれませんねぇ。国内だと時々びっくりしますもんね。あれ、到着はいったい何時に…みたいな(笑)。
韓国語のメリーアン…。楽しみっちゃ楽しみなんですが、だがしかし、それが正しいのかどうかはわからないって!(笑)   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

月刊songs

帝劇単独主演記録更新時のカーテンコールが掲載されているということで、まずは見てみよう、と手にとってびっくりしました。この雑誌におけるジャニーズの占有率って…。それだけ各自いろんなところで活躍しているということでもあると思うんですが、思わず、これって月刊ジャニーズとか…なんて思っちゃいました。いっそのこと創刊しちゃえばいいのに…。
もとい。
タイトルページの、画面左に人物、右にお花と文字、というあのバランスがかっちょいい! 花束のリボンはちゃんと読めるように整えてね。
あの写真だけで買ってしまおうかと思ったんですが、部屋の惨状を思い我慢する。というか、今後のあり方を考えて我慢。だって捨てられないんですよぅ、雑誌の切り抜きって! ああ、あれはいったいどうすりゃいいんだ…。
帝劇販売の写真も今年は一枚も買いませんでした。それはひとえに、「見ない!」と心に決めたからです。見たら欲しくなるから、見ない(笑)。意志薄弱…。

あ、TV雑誌チェックしてくるの忘れちった…。

いいともは見ました。縦山くんって、一人だとこんなにおとなしい子なのか…?とちょっとびっくりしました。いや、いつもこう、頑張って盛り上げてる感じがしていたもので…。でもなー、私のイメージ、相当古いからなぁ。基本は「Gyu!」とか、そのあたりの頃ですから(笑) でもって兄弟にゲストで出た時とか、ちらほら見かける時とか、そのくらいしか更新されてないからなぁ。
つうか、縦山くんももう27歳なんですな! そこが一番驚いた(笑) 「ファン一同」とかいう花にもびっくりしましたけど。あれ、そういえば森光子さんからは来ていなかったかな?
みごとストラップもゲット、おめでとう?! でもって、ジャニーズの輪は終了。八千草薫さんをご紹介でした。

てなわけで、テンプレートをとりあえず戻してみました。変えようと思っていろいろ見ているうちにわからなくなってきたので、ああもういいや!と元に…(笑) あんまりかわいらしすぎてもちょっと違うし、かっちょよすぎてもちょっと違うし…と悩み始めるときりがない。
また変えるかもしれないし、変えないかもしれませんが、とりあえずはこれにしておきます。

あ、川井ちゃんからメールが入ってましたが、ディフューザー問題は合法ということで決定したようです。光一くん、ご名答!
つうことは、今週末からすでに取り付けちゃうチームもあるかもですね?。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

Endless SHOCK 2009 (総集編)

このテンプレもいい加減変えたいので、さっさと書いてしまわねば、と思いつつなかなか進まなかった総集編。なんたって総集編ですから! ただのまとめじゃなく、総集編。総集編となんで言ってしまったのか。嗚呼自分で自分を追いつめてどうするのか。はらりほろり。

明日のいいともは剛くんがゲストなんですね?。たまたまいいともにチャンネルがあったら小山くんが出ていて、「ではお友達紹介を…」と始まったので見ていたら剛くんの名前が出たのでびっくりしました。…ついでだから、もう一人の人をゲストに招待してみませんか。

というわけで、今年は例年にも増してひどい散らばりようになってしまったので、リンクをまとめておこうかと思います。でもって、まとめ…じゃない、総集編は例によって隠しときます。隠すほどのネタはない、というか、もう隠さなくてもいいのか別に…。とっくに千秋楽を迎えた公演ですものねぇ。もう半月がたとうとするのか…。早いなぁ。

観劇日レポ(おもにアドリブ編)
2月12日(木)夜公演
2月12日(木)夜公演(その2)
2月14日(土)昼公演
2月17日(火)昼公演
3月5日(木)夜公演 速報編
3月5日(木)夜公演
3月14日(土)夜公演
3月26日(木)夜公演
3月29日(日)昼公演


勝手な妄想記
その1 1幕Scene1, 2
その2 1幕Scene3
その3 1幕Scene4
その4 1幕Scene5、6
その5 1幕Scene7
その6 1幕Scnen8
その7 1幕Scene9

その8 2幕 オープニング
その9 2幕Scene1
その10 2幕Scene2
その11 2幕Scene3、4
その12 2幕Scene4続き
その13 2幕Scene4続き
その14 2幕Scene5
その15 2幕Scene5続き、6   拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

続きを読む

Endless SHOCK 2009(その15)

堂本兄弟も8周年かぁ…。と、きくちP、建さんの日記を見てしみじみしちゃいました。そのお祝いが昨日の収録後にあったようで、楽しそうで何よりです?。今となっては、唯一の二人でのレギュラー番組。長く長く続いてくれることを祈ります。
マジで。

さささ、千秋楽からすでに9日が過ぎようとしているこの時期にようやくここにたどり着けました!
が、一幕編を書いていたのは2月の話ですから、じゃっかんイメージが変わったり変わってないけど書きそびれていたり、といった部分もあったりしますので、次回は「総集編」と名付けて細かく、ではなく、ざっとした今年のSHOCKの印象をひとまとめにしたものを書いて、Endless SHOCK 2009とお別れしようかなと思っています。
桜がまだ咲いてるうちに…。

ではでは、妄想記ラスト、夜の海からです。

拍手ありがとうございます。コメント返信です。
>D17Aさま
KERS作動中にマシンからも見えるシグナルがあるとわかりやすいですよね。ただ、それをやっちゃうと想像する楽しみがないというか…。いまのはミスしたのかな、トラブルなのかな、つうかミスだろ!とか勝手に思っているのも楽しいというか(笑) ブレーキランプとかついてたら笑えますよねきっと。おいおい、もう踏んでんのかい!とか。それも一概にドライバーの腕次第、とも言えませんけど、とりあえずチームメイトとの対比はできちゃいますもんね?。
想像する余地が残っているほうが楽しいかな、とも思ったりします。
富士のストレートは使わざるを得ませんよね…やっぱり(笑) F1も今年富士があったら、全チームが載せて来たんじゃないかなー、と思います。ただ、逆にモナコなんて必要なさそうに思えるんですけどね。フェラーリは全戦で使用する、とライコネンが言ったみたいですけど、大丈夫なのかなぁあの調子で…とちょっと思ってます。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

続きを読む

Gallery
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・