ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
Endless SHOCK 2017
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2017
主演1500回達成記念公演

2017年2月1日~3月31日
 帝国劇場 全78公演

2017年9月8日~9月30日
 梅田芸術劇場 全30公演

2017年10月8日~10月31日
 博多座 全30公演


KinKi Kids Party!~ありがとう20年~

・横浜スタジアム
☆7月15日(土)18:00
☆7月16日(日)18:00

☆管理人両日参加予定です!

ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

東京プラネタリー☆カフェ ゲスト(2週目)

というわけで、二週目のプラネタリーカフェゲスト回の話を。前回より早めに出せました。やった☆


二週目もやはり、最初は声から突っ込みをいれずにいられないこーいちさん。
「やっぱりそういう声の出し方するの?」
ただし、二週目はそのあとに「オープニングは」ってつけたされていたんですが、オープニング以外はそういう声の出し方ではなかったという突っ込みでしょうか。

女性相手だと、たとえそれがダンサーさんであっても、そこまで極力触れないよう細心の注意を払わんでも…と思うようなこーいちさんからすると異常、と思っていたわけですが、こーいちさん自身自覚があったんですねぇ。
そんなこーいちさんでも躊躇いなくいける存在は貴重だと思うので、篠原がんばれ!
…さすがにこの年になってプロレス技はないか(笑)。

宇宙刑事ギャバンを歌っていたこういちさん→やっぱり宇宙好きなんだなって という変換をする篠原がさすがすぐる。
なぜそうなるw
そして、それをさっくり、それは違うんじゃないかな…戦隊ものだから…と流さなかったこーさん偉い!
で、宇宙を好きな理由で「F1からきてる」 と言い出し、F1話もちろっとしてくれたわけですが、ともえちゃん…聞き上手ですね…!? 
いやいやすごい。相槌の打ち方とか、反応の仕方が、ああこれは話していて楽しいかもしれない、と思いました。
エネルギーにちゃんとつなげてきたりね?
「このはなし、十代の時にしたかったー! もっと仲良くなれたのに!」と力説するともえちゃんに、「…そうかな?」とブレずにつれない反応を返すこーいちさんがさすがすぎました。めげない篠原もさすがだったw

写真はいらないとばっさり切って捨てたこーいちさんでしたが、それなりにともちぇんの写真集をめくってみたのかな? それとも、ともえちゃんがあらかじめ折り目をつけてきていたところだけかな?(このあたりの気配りもものっすごくデキた子だなって感心しました)
「これはでも篠原のいいところでてるよ!」 と言い出したので何事かと思いました。そしたら、「この写真、篠原も写ってるじゃん。でも、ピントはどっちかというと背景。エライな! そういうの好き!」
…さすがはこーいちさんでした。
褒めておきながら、「…そっと置かないでくださいよ」と篠原につっこまれるこーいちさん。いいね、こういう、ラジオだから見えないこともさりげなく教えてくれるともえちゃんいいね!

プレゼントって何かと思ったら、パンちゃんへの星唐草の着物ですかw な、る、ほ、ど!
こういちくん照れ屋さんだから、パンちゃんグッズだったら喜ぶと思って、というともえちゃん。こーいちさん、めっちゃ読まれてますがなwww

ツアー告知からの、ドームのコンサート毎年行ってますから、というともえちゃんに、「…ね! なんで毎年来んの?」と即座に聞き返すこーいちさん。普通に謎なんだけど、くらいのテンションなんですけど、ちょ…ちょっと…(笑)。
「いくでしょう、仲良しなんだから!」 とともえちゃん。そうか、オープニングのあの声の出し方は、こーいちさんと話しているとさせてもらえなくなるんだねwww
「あとねー、パワーもらえるよ」 とちゃんと言ってくれるからともえちゃん好き…!

「20周年イヤーということで、どういう年にいたしましょう?」
「いやべつに。いつも通り。」
という、これまた定型化してるのかな? という受け答えに対して、「変わらないの? 気合い入ってないの? そう言うと思ったけど!」 と突っ込めるのはそう多くはないでしょうねぇ。ともえちゃん、好き…!(わかったから…)

たまにいいこと言うでしょ? と照れ隠しに言ってるこーいちさんに、「こういちくんはちゃんと締める時はキュって。最後に素敵な言葉を残してくれるから」 とこれまた声を大にして言いたいところですよね。そう、そうなんですよ…! いろんな暴言吐かれている気もしないではないけど、それがただの暴言にならないのは、そこに信頼関係があるからで、どうして信頼関係があるかといえば、最後にはちゃんと素敵な言葉をくれるからなんですよ…! 最後には、っていうか、いや最後だけじゃ…ない…ような気も…(なぜうろたえる?)

そしてあれですね、KinKi Kidsはふたりしてダークマターっていうねw
※ダークマター … 宇宙を形成する謎の超物質「暗黒物質」
ウィキペディアをちょろっと検索してみたら、どうやら熱い暗黒物質と冷たい暗黒物質、という二種類に分けることもあるそうで、あ、なるほどね。ふたりともダークマターね、と妙に納得しました。
ともえちゃんがたとえてくれた、KinKi Kidsはシリウス☆ って乙女路線も素敵ですけれどもね。シリウス…いや…どうかな…(笑)。

そろそろ飽きてきたんだなって(笑) とか、締めに入ったともえちゃんに合わせつつ、「終わり?」って確認する時のうきうき感だだ漏れっぷりとか、いやもう楽しかったです。くくくくく…。楽しいなぁもう。
で、「星見ル振リ」がフルでかかったのは宇宙ソング(篠原認定)だからですかね? もしくは、こーいちさんが飽きちゃって尺がとれなかったとかいうオチがあったりしますかね(笑)。

こーいちさんが退出してからの篠原ひとりコメントで、「同じ記事で自分の浴衣も作ったので、光一くんにプレゼントしたパンちゃんの浴衣と自動的にお揃いになります。そのことは光一くんには言っていないんだけど」 って笑っていましたが、怒られるよwww あ、でもきっと聞いてないから大丈夫!(大丈夫ってなんだ)
「こんどはKinKi Kidsで遊びに来てください」と言っていらしゃいましたが大丈夫…? 二人揃うとこんなに厄介なんですか! ってことになっちゃうよ…?(笑)

二週続きでありがとうございましたー!
KinKi Kidsがゲストに、ってことになったら…4週になっちゃうかな?w
またスターパーティ開いてくださいねー!


というわけで、今週も文字起こししてみましたー。
レッツスターパーティ☆


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

続きを読む

東京プラネタリー☆カフェ ゲスト

プロモ期間もそろそろ一区切りかなー、と思っていたところに新たなお知らせがきてびっくりしましたねぇ。
いやはや。

さて、先週、すでに先週の話ではありますが、9月24日のプラネタリー☆カフェゲストのお話をば。
こういちさんおひとりでのゲストなんですねー。
篠原ともえちゃんの番組にお邪魔する日がくるとは…! しかも2週続くとは…!!

かわいい声から始まった番組。ともえちゃんの声が大人になりすぎてぎょっとしてました。いや、でも昔っからわりとこういう抑揚をつけて話す人だったっけ…? いや、昔よりプロっぽくなってるな! プロっぽくってなんだ。
スターゲストのご紹介w ということで、20年来のおともだちなのに、星の話をするのははじめて、ということにびっくりする。そうなんかwww
紹介されての第一声。
「いつもその感じの声でやってるの? 気持ち悪いなぁ…。」
ひ、ど、いw どんな感じでくるのかと思ったら、変わらんのねw
いやでも、ともえちゃんの声はびっくりしました。確かに私もびっくりしましたが、それをざっくり気持ち悪いって表現するのひどいわ(笑)。でもそのひどさが懐かしくてたまらないわ(笑)。
LOVE LOVE あいしてるが、数ある番組の中でも一番不安だった番組、ということにもちょっとびっくりしました。そうかぁ…そうだったのかぁ…。言われてみたらそうかぁ…そうだよねぇ…。

篠原のテンションがどんと上がった(というか、ずっとテンション高かった気もしますが 笑)、地球と月の生き別れ説をこーいちさんが淡々と話し出したあたりのやりとりがもう、目に浮かぶようで…!!
「うるっせぇ…」と照れ笑いしちゃってるこーいちさんが…!!
ラジオだからもちろん映像はないけれども、なんか浮かぶ。脳裏に浮かぶ。だてにファンやってないなってこういうときに思います。想像大事。妄想大事。
あれねぇ…こーいちさんにお勧めしたいわ…。ホーガンの「星を継ぐもの」と清水玲子さんの「輝夜姫」 まぁあの…輝夜姫はちょっとあれだけど(長いし)、どちらかというと「秘密」シリーズのほうがくいつきそうな気もしますけど、「星を継ぐもの」はね…!! SF好きならこの一冊、的なところによく登場しているし、気になる本ではあったんですが、なにぶん表紙とタイトルがちょっとどうかな…という食わず嫌い的なところがあったんですが、ある日意を決して手に取ってみたらこれがもう面白いのなんのって…!! それこそ生き別れ説ですよ…!! いやむしろそれより…(以下自主規制)。
読み終えてみれば、タイトルはこれしかあるめぇ…!! と思います。ええ。
こーいちさんにお勧めしたい本はありますかと聞かれたら、これを挙げたい。どういうシチュエーションになればそういう問答が起こるのかさっぱり想像できませんが、この本をおすすめしたい。
 ※「星を継ぐもの」の感想文を発見しましたのでよろしければこちら→「星を継ぐもの」2012年9月13日エントリー

傍若無人に見えるともえちゃんですが、ただの失礼な人ではないのが、ちゃんと見ているところだし、ちゃんと聞いているところだし、きちんとしているところだよねぇ、と思います。あのキャラに惑わされがちだけれども、ものすごく大人な人だと思う。…いや、いまはもう立派な大人か…。
まぁあの、「キンキさんは、声自体が星の集まりというか」 と言い出した時は、私も、え? 何言ってるの? と思いましたけれども(笑)。
N albumを、A albumの大人版みたい、と表現したのはともえちゃんくらいじゃないかなと思いますが、言われて、あ、なるほど…とも思いました。そうか、そうだね。そうかもしれないねぇ。

こーいちさんがいなくなった後に、ともえちゃんが、「月は地球の片割れだからつい見上げてしまうんだろうな、だなんて…。
20年前だったらこういう話はできなかったんだろうなぁ」、と感想を漏らしていたのが一番身に染みたかもしれない。そうだねぇ。長い月日を過ごしてきたねぇ…。

ともえちゃんがちょっかい出して、こーいちさんが適当にあしらって、そんな扱いには一向にめげない、という懐かしいやりとりにほわほわした時間でした。
どういうライブにしましょう、と聞いてみたら、「そういう話あんまり得意じゃねぇんだよ」とぼやくこーいちさんに、するっと「そうだね。わかんないことをふわふわって言うの得意じゃないのが光一くんだもんね」と返していたのが、ふぉぉ…!! とときめきポイントでした。
ふたりとも切り替えがきちっとできる人なので、その辺も聞いていて安心して楽しめるところかなー。
いやぁ楽しかった。この時間が来週も…(というか、明日も…)持てるなんて…!!
ありがとうともえちゃん!!
…篠原って呼んだり、ともえちゃんって呼んだり、私の中での呼び名が一向に定まらないひとりであります(笑)。さすがにもう「シノラー」とは呼べないかなーw

では、がんばりました文字起こしはこの後に!
多少の聞き違い、打ち間違いについては脳内で修正訂正をおねがいもうしあげます…。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

続きを読む

ディアフレンズ

例によって例のごとく、仕事中にこっそり聞いているので(今日はダメかなー、と思っていたけどいけたw やったw)、ざっくりと…。

放送開始前にちらっと。
どういう話の流れだったかはさっぱり覚えていないんですが、このあと11時からはKinKi Kidsのお二人がゲストです、というちょろっとした会話のさなかで、「僕は気持ちはいまも17歳です」とこーいちさんが言えば、「僕は73歳です」とのたまうつよしさん。のっけからノリノリですね☆

本日のゲストは、初登場のKinKi Kidsさん、というご紹介に、あれぇ? と思いました。結構ちょいちょい呼んでいただいている気がするんですが、KinKi Kidsとしては初登場なのか。
今年アニバーサリーイヤーということですが、という坂本さんに、「若干先走ってる感がありますけれどもね」、とばっさりなこーさん。そうか、先走っている、と表現すればよかったんですね。なるほどなるほど!
出会って何年になるんでしょう、と質問され、え…25…6…年…? とか、と答えられないふたり。ライブとかでファンの人に聞けば答えてくれる、と僕らいつもそんなんです、みたいな。のっけから…坂本さんが…大変なことに…(笑)。
はじめてあった時のお互いの印象はいかがですか、と割と常套句な感じの質問が続くんだなー、そっか、最初は自己紹介からですもんね、基本ね! と思っていたら、ここでもまたこーいちさんがばっさり来ます。「何度も質問されて答えているから覚えているんですよね。聞かれていなかったら覚えていない」 切れ味いいですねぇ…(感心)。
同じ名前の子がいるんだよとジャニーさんに言われ、んなことあるかい、と心の中で思っていたんですけれどもね、とつよしさん。つよしさんも絶好調ですね。
こんなグループにしようとかってあったんですか? みたいな質問に、ジュニアのころからふたりセットな扱いだったから、なんとなくで進んで来た、最初のころは、ほかの近畿地方の子とかともという予定もあったらしいんですが、ふたりだけになった…? とか…? そんなようなことを…? ちょっと聞けませんでした。が、そのあと、スターの輝きがどうこう言ってるのはちらっとだけ聞けました。
私の耳の取捨選択ってどうなってるのかな…?

本日発売のアルバムの話。
ベストアルバムを入れると…15…枚になるんですか? と聞かれ、「知らないです。全然把握してません!」とこれまた堂々と宣うこーいちさん。えーと…ベストアルバムは…別に…なるんじゃないですかね…? と、ABC…と指折り数えてみる。こういうとき大変便利ですよね。途中φが入っちゃいましたけど、φは10だから!
「齢を重ねてきて、よりふわっとしてきている。申し訳ないと思っている」とか、「お互いがしゃべっているときに寝ていることもある」とか、「一速に満たないくらいのニュートラルで…」とか。徐々にギアいれるそうですけどw ギア入れて。ギアは入れてくださいwww ニュートラルで、ってほかの人の力で動かされてる、とも聞き取れちゃうからwww そのうえ、下り坂でしか動かない、とも聞こえちゃうしw でもあれよねー、一速ってつまり一番力がある状態でもあるしねぇ。一速で走リ続けているって言ったらあんたそんな無駄なエネルギーを…とか思ってしまうよねぇ(…と妄想はどこへ向かうのか)。
で、そんなたとえには特に反応せず、「今も休んでいますからね」とこれまた問題発言なこーいちさん降臨。ちょっと…ちょっと…ちょっと…www

♪ホタル

吉井さんのメロディのテイストとKinKi Kidsの歌声、ぴったりだなと、と坂本さん。
そういっていただけると嬉しいですね、とこの日一番の真摯なお答え。←ちょ…。
「ホタルに関しては割と素直に歌うことができたけれど、薔薇と太陽は難しかった、どうやったら吉井さんのあの雰囲気を出せるのか悩んだ」、とこーいちさん。
陽炎はつよしさんが作詞、つよしさんと堂島さんが共同で作曲されたということですが…、と坂本さんが終始いろんな情報を教えてくれる感じで進む番組。いい…いい…素敵…!
堂島さんときゃっきゃ言いながら作りました、というつよしさんに、きゃっきゃ言いながら作る曲ちゃんねんなー、とゆったりつっこむこーいちさん。
つよしさんからすると、堂島さんはぼくらにはないポップスの人、というイメージだそうです。
でもその中に、「僕らが落ち着く暗さ」もある、とのことで…。堂島さんの中にもそういう暗い部分があるってことでしょうね、とこーいちさん。
「僕らが歌うと明るい曲にはならないんですけど、明るめの曲を提供してくれた印象」
ああ…わかる。明るい曲、というより、明るめの曲だね。うん。
そのあと、何の話だっけかな…なにかスイッチ入ったのか、つよしさんが真面目に長々としゃべっているあいだ、黙っているこーいちさん。ちょっとだけ相槌打って邪魔しない感じの坂本さん。
時間的な問題ですかね?←ひどい。

♪なんねんたっても

まぁやっぱり全部はかからないよねー。

最後にツアーのお知らせ。
デビュー前のファーストコンサート以来の武道館、17年ぶりのアリーナツアー、ということに「はぁー、すごいなぁー」とため息混じりな感嘆を漏らす坂本さん。ですよね…うっかりどこか麻痺してますけど、すごい話ですよね。
武道館の思い出はありますか、という質問に、「思い出はありません」 というこーいちさん。むしろ、武道館といえばTOKIOのイメージがある、と。リーダーがいちはやくリーゼント決めて、完璧に整っている。そこで誰かが猪木ボンバイエをかけはじめて、せっかく整えた衣装を全部脱ぐ、というTOKIOのお約束が武道館の思い出だそうですよw
そのTOKIOのお約束のくだり、もう何度も聞いている気がするんですが、更新しないねぇこーいちさん。ぶれないねぇまったくw
で、その話を聞いてひとしきり笑ったあと、坂本さんから、KinKi Kidsのおふたりにはお約束はないんですか、と聞いてくれちゃう。
一瞬虚を突かれた感の二人。
「KinKi Kidsのお約束…、ないですねぇ」
このふたりの答えっぷりが、この日一番素直な…(以下自主規制)。
「適当に入って、お互いがお互いの時間を過ごし、時間がきたらやって、終わったら帰る」 とつよしさん。
「TOKIOみたいなおもろいエピソードはない。はっは!」 と笑い飛ばすこーいちさん。
いや、べつに面白エピソードじゃなくてもいいんですよ…?

ぱっと明るくなくてすみません、という、なんとも答えずらい言葉に、「とてもお話ししやすかったです」と返す坂本さん、見事な受け答えでした。
TVでお見かけしてもおふたりだけ笑っていないこともある。でもそれを見て安心します、とかそんなようなこともおっしゃってくださったような…。坂本さんがほんわかと受けてくださってのお時間でした。楽しかったー。


あさて。
そんな矢先にこーいちさんがSMGOをまた更新されたんですね?
昨日のあの一文だけじゃな…と思ったのかはたまた、8月のノルマ達成していないしな…と思ったからなのか、はたまた…。
昨日更新の一言でもしや今月のノルマ達成感満載かと穿っていたんですが、昨日といい今日といい非常に親近感のわくコメントだったので許しましょう。(何様?) ヤベェ…。ふふ…。
というかね…? 今日、発売日だよ…?

そして、ここにきて衝撃の事実が判明しました。
わたし、武道館、行けるみたいです…!!
確かに、友人から、当落確認の電話つながらなーい! という雄叫びは聞いていました。なので、まま、適度に、ほどよく…。どのみち当選していればそのうちチケットが届くし、落選していれば届かないし、いずれはわかることだからね、と思っていたのです。
が、しばらくたっても連絡が来ない。
そろそろ発送されていたら届いているころだけどな…と思いつつも、当選していたら連絡くるんじゃないかなー、来ないってことは届かなかったってことかなー? と思っていたのです。
しかしここで一抹の不安が。連絡し忘れてるって可能性もあるんじゃないかしら…。
念のため一応聞いてみよう、と連絡してみたところ、え? チケットってもう届いている時期なの? じゃあ確認してみる~、という返事が来ましてね…。
さらには、なんか届いてたみたい~、という返事が来ましてね…。
え? え? え?
なにが?(大混乱)
時差来すぎていていまいちピンと来ていないんですが、とりあえず、武道館の場所を調べました。←今かい。
なんだろう…私もそれくらい達観してればいいんだろうか…。うっかり間違えて届いたりしないかなーって無駄にうろうろしていたりしているから当たらないのかしら…(悶々)。
まぁでもなんにしてもあれだ、武道館に、きっともう行くことはないんじゃないかと思っていた武道館に、潜入できるよー!!
思い出を、作りに行けるよ…!!
やったー!!

…しまった…昼休み超過…。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

よんぱちゲスト

それぞれ単独でゲストに来たことはあっても、ふたりそろっては初だという、鈴木おさむ氏のラジオ番組ゲスト出演を聞きましたー。
職場で。
仕事中に。
なので、ど集中! して聞いたわけでもないんですが(笑)。
聞けないだろうなーと思っていたので、うまくタイミングが合ってラッキーでしたw

14時から40分くらいだったかな?
途中、ちょっと聞けなかった部分もあるんですけど…。まぁ、仕事中だから仕方ないっすねw


♪薔薇と太陽
まずは自己紹介から、とおさむさんにいわれ、「最近したことないな、自己紹介」と戸惑うスターたち。
どっちの声かわからないと困るじゃない、と重ねられ、「この声が光一です」「こっちの声がつよしです」と自己紹介をはじめるひとたち。ふ…ふふふ…。そんな振りをするおさむさんもすげぃけど、すぐさま対応するふたりもすごいっすねw つかみはオッケー的な。

そのあたりからちょっと聞けなかった時間がありまして…。

二人組で20年ってどうなの? と聞かれ、つよしさんが、「わかるところはわかる。でも、わからんところはわからん」というような答え方をしていて、おお…そういう境地になったのかぁ、と思ってみたり。確か、数年前は、わからないところはない、的な発言をしていらしたような…? で、それを聞いて、んなことあるかい、と斜めな視線を向けていた記憶が…。あ、やっぱりこの人無理、合わない、と思っていた記憶が…うっすらと…。

で、こういちさんから質問返しをくらわしてました。
「逆に、(おさむさんからは)ふたりってどういう風に見えていたんですか?」 ど直球ですな。
キンキラキンキワールド(この文字を打つのも久しぶりすぎて、どう書くのが正確なのか思い出せない…うう…脳細胞プリーズ…)「礼儀正しい…光GENJIはものすごく怖かった。でもふたりはとても礼儀正しい反面、こども…面白い子ども…子ども…中学生だもんね?」 という印象だった模様です。
芸人さんブームじゃなかった、とかそんな話から、「SMAPのみなさんがいろいろやっていらしたから」 と、こーいちさんからお名前が出ましたよー。いろいろやっていいんだな、と思った、とかそんな話だったかな。
ドラマで忙しい時期は、あー、今日はこういち機嫌悪いなって思っていたりはした。 という思い出話も飛び出しつついったんCMに。

「なんかいいですね。いい感じの大人になりましたね。」 というおさむさんの言葉がなんだかうれしかったですねぇ。
10代のころから知ってる人、そんなに多くないでしょ? ちゃんと見てるからね、今でも、というおさむさんに、僕らも見てますよ、と返すと、やめてよそんな出たがりみたいな感じに見えるじゃない、とおさむさんがまぜっかえし…。
「あー、表でてんなぁ…って」 ←毒がでましたwww 今日は抑え目だなと思っていたらやはりw
そういうときのふたりの声がにやにや楽しそうでなによりです。
裏方のはずのおさむさんのほうが、ピンクの服を着ていらしたそうで、「ポップでいたいんだよ」 というおさむさんに対し、KinKi Kidsはふたりして黒い服を着用していて、「明るい色の服を着たほうがいい。世の中暗いから」とおさむさんからアドバイスを受けていましたがはたして…。
でもなー、世の中、明るい色の服装が流行りだすと不景気、好景気だとモノクロトーンが流行る、ってむかーし聞きましたけど、今はそんなことないんかな?

大人になったら、テンションをあげる方法をみつけられると思っていたつよしさん。みつけられないままここにいたったwww
お互いテンション低いな、って思うこととかあるの? そういうときどうするの? と興味津々なおさむさん。人数が多いグループだったらひとりふたりテンション低くてもほかの人でカバーできるじゃない。ふたりだとどうなの?
と聞かれるも、
「まぁ…その時はそのまま…。」
と、そんなところもきっちりKinKi KidsはKinKi Kidsでした。ふふ。

グループをつくるとして、何人でもいいよって言われたら何人のグループにしたい? ときかれたふたり。
「想像できないんですよね…」 と即答するこーいちさん。
雑誌とかでも聞かれることがあるんですけど、KinKi Kidsに誰か入れるとしたら誰を入れますかって、でも聞かれても想像できない。事務所で仲がいいのは長瀬だけど、長瀬とふたりで組んでやる、というのが想像つかない。
このあたりのことは、TVpersonsでも言っていらっしゃいましたっけね。…ええ、読んではいます。読みました。うん。手がまわらないだけで…。
つよしさんは、岡田さんを例に挙げていらっしゃいましたが、「岡田から、関西人はおもしろいと思ったら間違いだと目を見て言われた」 ってよくわからない方向に流れ、「それ、ジャニーさんに言ってもらいたいな」 とざっくり切り込んできたこーいちさん。
えっと…つまり、ジャニーさんからYouたち関西出身なんだから!って怒られたりしてるんですか…?

いまだに兄弟ですかと聞かれることはありますか。というリスナーさんからの質問。
あれ…そういえば質問メールこの番組も募集していましたが、結局ひとつふたつしか…紹介…されてない…?
兄弟というのはさすがにもうないのかな? でも、相手の名前で話し続けているという、名前の取り違えはよくあるらしく…。
話している人が途中で気付いて、ごめんなさいって謝ってくれる場合は別として、気づかないまま話し続けられているときはいちいち訂正しないでそのまま流してる、というつよしさんなんですが…。
うんまぁ…でもほら、後で収録を聞き返したり、見返したりしたときに、いやだ、失礼なことしちゃった…!! って思ったりしたらそれはそれでかわいそうだから、流さないでしゃらっと訂正してあげるのもやさしさかもしれないよ…?

アルバムの話をしなくっちゃ! 怒られちゃう! とアルバムの話に無理やりねじまげていたおさむさんですが、いったい誰に怒られるんですか…どきどきわくわく。
「Aアルバム、いつまで続くんだろうと思っていたけど、Nまで来たね!」 「Bだしちゃった! って思っちゃったもん」
わ、か、る…www
しかし、そのおかげで大変わかりやすくてありがたいことこの上ないんですよ…!! 途中、φとかありましたけど、あれは10だから、と思い込めばオッケーで、どちらかというと問題は、毎年毎年出してるわけじゃないんだよ…というところなのではなかろうかと。
ふと。
20年…だけど19年で、一度φをはさんでいるから、で…え? 15枚目…? 15…? と首をかしげる事態、みたいな。
もとい。
AからNまで来たけれども、ちゃんとずっと踏襲しているよね。歌謡曲というか、ポップスというか…。
というおさむさんに、「でも、Nに関しては、例年になくポップな感じになりましたね」と答えていたこういちさん、というのが印象的でした。
あのー…ちょっとね? おさむさん…、ちょっと、うん…? みたいなことがちらほら…あったりね…? したんですけれどもね。
「秋元さんもKinKi Kidsの曲を書くときは、KinKi Kidsの曲になるんだね」 というのは、あーわかるわー、と思いましたけれども。
ただし、私が想像する秋元さんは、AKBの秋元さんではなく、とんねるずプロデュースの秋元さんなんですけれどもね。更新しないな私の脳…。
みんな、「硝子の少年が大人になっていく過程」、を書くんだね。
秋元さんにしても、吉井さんにしても。
そう考えると、硝子の少年っていうのは、本当にいいデビュー曲をいただきましたよねぇ…。
私のイメージでは、透明の薄い硝子が強化ガラスになった、ような感じですけど…。あまり濁っていっている感じはしないんですよねぇ。大人だけど、少年のころのはかなさとかもろさとか傷つきやすさとか、そういうものではなくなったかもしれないけど、でもどこか透明感だけはずっとある、気がします。そこはずっと大事にしているところなんじゃないのかなって。
「面白いと思うのは、ちゃんとお会いしてお話ししたことがない方でも、ふたりのことをものすごくわかっているような詞を書いてくださる」 というこういちさん。あれですかねぇ、KinKi Kidsに対するイメージもまたぶれずにある、ということなんでしょうかね? こういちさんはものっすごく、ほんっとにブレない人ですけれども。この人ブレないなぁ、と思う人ですけれども。

そしてここで、おさむさんが選んだNalbumから一曲。10曲目。
「10曲目、とか言わないでしょ?」
「言わないですねぇ」
からの、
♪夜をとめてくれ
あ、これか。先日のNHKラジオでタイトルも歌詞も出てこなかった曲だwww
ふたりがハミングで歌いまくっていて、堂島さんががっくりしていた曲だwww
っていうイメージがついちゃってるんですけどいいのかこれw

この曲をきいたおさむさんのイメージ。
「ふたりで走って、右と左に分かれて、ボールを投げ合って」
ふふふふふ…ザ・アイドルですね! だがしかし。だがしかし!
「まずね…、我々ふたり、走らないです。」
ですよねwww
「ステージ上を移動はするけど、歩く。歩くか、何かに乗ってるか」
何かに、って言い方素敵です、こーいちさんw
驚きっぱなしのおさむさん。いやいや…何を驚いていらっしゃるのか私にはさっぱりわかりませんwww
「手を振るのはやってる?」 「僕は…やらないです。」とこーいちさん。「僕はそれは割とやってるほうです。」とつよしさん。
「ボールは投げてる?」
ボールってなんだ? と真っ先に思ったかわいそうなわたし。おっかしいなー、ジャニーズの1グル―プのコンサートに毎年言っているのにボールが思いつかないなんて…w
「投げてないです。」 とこーいちさん。「昔は投げてましたけどね。」 え??? そ、そうなの???
「ボールも色紙も危ないんでね?」 あー、なるほど。危ないからか。そっかー!

俺らがYo! って言ってる夏の王様。ここのところ押せ押せですねw きっとどこかの歌番組で歌ってくれとオファーが来てそれをさっくり断ったりしたんですかね? なんて思っていたら、えええええ? アリーナツアーで歌う予定だったの…!?
最初はライブの構成に入れてたんですけどね、とさらっと明かすこういちさん。この流れだと…歌わないんですね…? と思っていたらば、案の定、「んー、いらんな!とふたりの意見が合致して、最近なくなりました。」
わぁ…。
スタッフさんが入れていたそうですが、いらんな! でなくなっちゃうんですね。っていうか、スタッフさんは歌わせたかったのですね…? 夏も終わるタイミングからのツアーだけれども…(ぼそっ)。

そしてこの辺でまた邪魔がはい…、いや、邪魔じゃなくて、仕事だからえっと…。

カレーの話に。
こないだもロケでカレーを作った、ということだったので、ブンブブーンですかね? こないだっていつですかね? 今度の回のやつですかね??? いつ放送ですかね???
食材の買い出しからやったみたいですが、これとかいれたらどう?と手に取るたびに「そういう余計なんいらん。」 「そういうのちゃうねん。」 と、スーパーで全然かごにいれさせてくれなかったというこーいちさんが降臨w
いやー、なんか想像できますわぁ…。こういちさん、意外と凝った料理というより、シンプルに食材を生かす料理がお好きそうですよね? 鍋奉行とか焼肉奉行っぽいしw
なんて思いつつにやにや聞いていたら、予想をはるかに上回ってきた。
「水を入れずに、野菜から出る水だけでカレーはつくれんねん、と言い出した」 というつよしさんの証言。
そのうえ、じゃがいもも却下する…だと…!? 好きじゃないから…だと…?
こだわりまくりじゃないですか…!! っていうか、むしろ、そのロケのゲストはどなたですか…? こーいちさんがゲストだったわけではないですよ、ね…? ゲストの意向…は…? とちょっと心配になってみたりw

みなさんもふくめて、僕のことを知ってる部分は二割くらいしかないと思う。と言い出したこういちさん。
二割…。二割で人に見られる仕事をこなしている堂本光一ってすげぇ省エネ…違う。エネルギーの問題じゃなく、つまりそれは素では仕事なんてしていませんよ、ってことですよね。ええ。みなさんに求められる姿を提供していますってことでしょうかね。
王子的なイメージを崩したらいけないとか、いじったら怒るんじゃないか、って作家さんに思われているんじゃないか、というようなつよしさんの指摘はたしかにねぇ…と思ったりはします。
なので、「堂本光一のストイッククッキング」 をぜひw ぜひやってください。見たいwww 超見たいwww

にしても、「8割見せていないんでしょ? アマゾンみたいじゃん。未開の地」 とまぜっかえしたおさむさんがさすがだなーと思いました。アマゾンですよアマゾン。うっかり、ネット通販大手のアマゾンさんを思い浮かべてしまいましたが、未開の地のアマゾンのほうでした。密林。
そのうえさらに、「ぶらり旅をやらせたい」 「やりたくない」 というKinKi Kidsの攻防を聞いていたおさむさんがさらっと「ぶらりするのが嫌なんでしょ? (目的地に)早く着きたいんでしょ?」とざっくり切り込んできたのを聞いて、わぁ…! と思ったりもしました。
私は年々ぶらりが苦手になってきているのを感じます…。予定もないのにでかけるのとかいみがわからん、と思うようになってきていて、ただの旅行、というのがものっすごくハードル高くなってきているんですが(どこに行くかを考える途中でめんどくさくなる始末)、でも、ライブの遠征ついでの旅行、というのも苦手になってきているので、ぶらりどころかもう出不精方面まっしぐらなんじゃ…? と思ったりしています。おっかしいなぁ…むかしはまとまった休みになると「どっか行くぞー!」というタイプだったのに…。


そして、ツアーはどんな感じになるの? とまとめの方向に。
「いま現在のふたりを…。」 とかなんとか、まじめなことを言い出すのかと思いきや、
「走らないことは間違いない。」
「行くぞー! も言わない。」
と、やっぱりなKinKi Kids。ぷ…ぷぷぷ…。

♪なんねんたっても
これはいいです。いい曲ですね、と紹介してくださったおさむさんでしたー。

曲が終わったときにはすでにKinKi Kidsさんは退場していたのかな?
おさむさんと一緒にいた…のかなぁ…? 若い女性のアナウンサーさん? かな? に、どうだった? と聞かれての答えが、
「すっごいおもしろくて…面白い方々で…気さくな方で…びっくりしました。」
だったので、聞いていた私もびっくりしました。うわぁ…なんてざっくりしたお答えwww


それにしても、職場のパソコンで聞いていたので(そして、聞きながらこれを書いてた)、このスピーカー…スピーカー…スピーカー…!! とむきっとしておりました。
音質大事だな…大事だ…。


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

9月なのに突然ですがKinKi Kids生放送です!(前編)

いやー、楽しくてあっという間の2時間でした。
なにより堂島さんに申し訳ない…www と思ったりもしたんですが、楽しそうだったからいっか! と思ってしまうあたりもなんかもう申し訳ないんですけれどもだがしかし、堂つながりでKinKi Kidsみたいなものだから仕方ないと諦めてもらうしかないかなって。
あのふたりのじゃれつき方からして、相当大好き!ってことだろうなぁとほほえましく聞いていました。
にしても…光一さんのテンションがなかなか面白くてですね、どうした、本当に眠いのか、とにやにやしていました。どういう発想だ(笑)。

二時間だしなー、とメモしながら聞いていたので、えらい長くなりました。
どうしてこんなことになった…(笑)。
前回っていつだっけかな…とひっくり返してみたらば2014年の12月でした。それが三度目だったらしいので、今年は4度目の突然ですがシリーズだったわけですねなるほど。
で、読んでみたら非常に簡潔なエントリーになっていたんですよ。えええ、うそぉ…!! →またまた突然ですがKinKi Kids生放送 2014年12月14日エントリー。 
なので、これを手本に(手本?)にさらっと…さらっと…えええええいけるかなぁぁぁぁ…。
まだ書いていないのでこれからどうなるかなんですけど、メモだけで相当量なんだけどな…、まぁ…出たとこ勝負だな…。

あ、これは言っておかなくちゃ。
前日のMステでは、「…うん? どうした?」 と思ってしまったこういちさんの歌い出しですが、その翌日というだけあってきっちり立て直してきたー!! というのが私的に大ヒットでございました。
そのうえ、直前まであんな感じのやりとりだったのに、え? あれ? いきなり歌えるの? え、ほんとに生ですか? とびっくりするくらいの切り替えの早さで。いや、切り替えの見事さは知ってる。毎年見てる。だから知っているけれどーもー、と思いつつ、しっとり聞かせるわぁ…安定していると歌詞もちゃんと入ってくるねw などと浸っていたらば、終わるなりアレだよwww
その辺の切り替えも…あれは切り替えといっていいのかどうか微妙なラインですが(笑)、KinKi KidsはKinKi Kidsだったなぁ…。ほんと、堂島さんと八橋さんには申し訳ないとしか…(笑)。

あとあれだ、吉田拓郎さんとか、メッセージをくださった吉井さんとか、あと、さらっと出てきた中居さんのお話とか、よく考えると盛りだくさんなんだけれども盛り沢山な気がしないのはなぜだろう…。あのテンションだったからか? 居酒屋かな? くらいの感じだったからかしらん。


で、書いてみたんですけど、まとまらないんで前後編にすればいいんじゃね? と思いつき、途中までですがアップしてみます。
後編がアップされる日はくるのか…!? というそこはかとない不安を抱えつつ…。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

続きを読む

Gallery
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・