ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
Endless SHOCK 2017
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2017
主演1500回達成記念公演

2017年2月1日~3月31日
 帝国劇場 全78公演

2017年9月8日~9月30日
 梅田芸術劇場 全30公演

2017年10月8日~10月31日
 博多座 全30公演


KinKi Kids Party!~ありがとう20年~

・横浜スタジアム
☆7月15日(土)18:00
☆7月16日(日)18:00

☆管理人両日参加予定です!

ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

F1GP2006 FAINAL ROUND ブラジル

ついに最終戦。あっという間の1年でした。

予選を見ないまま決勝を見たんですが、最後戦とは思えない面白いレースでした。
序盤からウィリアムズの同士討ち、トヨタのダブルリタイヤなんてこともありましたが、あれは切ないなぁ。同士討ちはまだしも、最終戦でトラブルによるリタイヤはなぁ…。

しかし。
そんなことも霞むほど、見所満載のレースでした。

まずはやっぱりシューマッハですかね。
私は何度も繰り返していますが、シューマッハのファンではありません。嫌い、と公言してはばからないのですが、それでもやっぱり「くっそ、こいつ上手いなやっぱり」と憎々しく見てました。
あのスタートでのライン取りとか。
フェラーリのマシンの出来もよかったのでしょうが、プレッシャーの与え方でしょうねぇ。
中盤から終盤にかけてのごぼう抜きでは、あれ?周回遅れだっけ?というような、なんのブロックもなくクリアなラインで抜き去っていく様がなんとも…。
まあね。シューマッハの引退レースを、つまらない接触などで台なしにした日にゃどんな目にあうかわからないですからね。
さらっと抜かれるのもナンですが、プレッシャーに負けてコースオフするのもどうなのか。来季のフィジケラのチーム内でのポジションが非常に心配です。余計なお世話ですけど。
一方のライコネン。こちらはまた、お手本のようなサイドバイサイドを見せてくれました。
レースは一人ではできない。競うべき相手がいて、始めて見応えのあるレースシーンがうまれるのだな、とそんなことを思いました。
もちろん、自分との闘いもレースには欠かせないポイントですけどね。

なにより驚いたのがスーパーアグリですよ!
琢磨選手が10位フィニッシュですってぇ!? 惜しい。ここがインテルラゴスではなく鈴鹿だったらフジテレビががんがん抜いたんだろうに…。
画面にこそ出ませんでしたが、これは凄いことですよ。快挙ですよ! 参戦1年目のチームですよ? 開幕戦によく間に合った、というより間に合ったことが奇跡な準備期間しかなかったチームですよ? たどたどしいタイヤ交換に見ているこちらまではらはらしたチームがですよ?
まさか1年目で他のチームに追い付き、追い越すとは…。
ラップタイムも遜色ないような実況でしたし、これは本当に凄い。
本当に素晴らしい!
来季がとても楽しみです。
決勝後にルノーのスタッフがシャンパンを持ってスーパーアグリチームを祝福にいったとか。そういう話を聞くと嬉しくなりますねー。

マッサも母国初優勝を成し遂げてしまいました。
車を降りたあとの動きが本当に嬉しそうで。
国旗を持ってのウィニングランなんて久しぶりに見ました。セナもそうでしたが、ブラジル人は愛国心が強いのかなぁ。
レギュレーションにあれこれひっかかってるんじゃ…と思わなくはない行為の数々でしたが、ま、最終戦だしね。

ドライバーズタイトルの行方は予選の段階でこれはもう無理だろうなぁ、とは思ったのですが、まぁ、最後までどうなるかわからないのがF1ですし。
タイトルはともかく、最後まで挑戦者のようにプッシュし続けたシューマッハは、引退していくドライバーとは思えませんでした。
引退していくドライバーといえば、若手に追い回され、それをマシンのポテンシャルで押さえ込むとか、抑えきれずに抜かれていく様に哀愁を感じるというか、そういうイメージがあったのですが、シューマッハに至っては、度重なるトラブルをものともせず、逆に際立った走りをみせたところはさすがにターミネーターだなぁ、と納得。
トラブルが起きてもなかなかリタイヤせず「なんでリタイヤしないのさ!」と怒りに燃えた日々を思い起こしました(笑)。
最後のレースが、ぶっちぎりのポール to フィニッシュなんてつまらないものじゃなくてよかったんじゃないかなー。
これだけ走れるドライバーが何故引退なのか、と森脇さんは話されていましたが、あれだけ走っても表彰台に届かなかった、それこそがシューマッハにとっての引退の時期なのかなと、私はそんな風に思いました。

なにはともあれ、お疲れ様でした。

さー、来期こそはライコネン! フェラーリドライバーというイメージがあまりそぐわない気もしなくはないですが、いい走りを期待してます。

はー、終わってしまったなー…。

そんな今日、納車でしたー!
車検に出そうと店に行き、何のリサーチもなく車を買ってしまいました! あはははは。
mirrorコン大阪の翌日だったので、テンションが上がりっぱなしだったんでしょうねー(苦笑)。
大人買いというより衝動買い。
…さ、お仕事がんばろー。おー!

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

鈴鹿予選&トーチュウ

いやー、面白かった! 見応えありました(まずは予選のハナシ)。
こんな面白いものを月曜まで観られないなんてかわいそうな光一くん…。ぷぷ。
でも、明日の決勝は私も月曜まで観られません…。えーと、事務所の方、日程を組む際には…ぶつぶつ。

先手先手のフェラーリに、いつになく動きが早いトヨタ。
チームクルーの表情もいい感じで、逆に「大丈夫かぁ?」と思ってしまったのがルノー。勝ちを獲りにいくチームの表情には見えなかったぞ?
フェラーリは、シューマッハを始めとして、レースを楽しんでいます、という雰囲気が印象的でした。なんだか凄く楽しそう。シューマッハは追い掛ける側だし、結果が来年に響いてくるわけじゃないし、あと2戦を楽しもう、となんだかさっぱりしてる感満載で、現役を続けていくことの厳しさを垣間見た気がしました。
予選後のインタビューでも一人さっぱりした表情のシューマッハ。マッサにポールを獲られても、不機嫌になるどころか、褒めたたえるし。この人、本当に引退するんだなぁ、と妙に納得したのでした。
納得したんですが、なんですかあの第2のタイムは! 28秒台!? しがらみのない、純粋にレースを楽しんでいるが故の凄さなのか!?
つられて、他のドライバーのタイムもがんがん上がっているし…。最後はやっぱりドライバー勝負か…。
…エンジン開発停止とかしても、シーズン終わりにはタイムは短縮されていく気がする…。

対するアロンソは不機嫌のかたまりみたいだし、このタイミングでチーム批判は何のプラスにもならんだろう…というか、まだそこまでの器にはなってないと思うぞー?
苛々して周りが見えなくなってるんじゃないかな。
シューマッハが獲りそうな気がします。流れ的に。

それにしても、左近選手は残念でした。あの凹みようも…。亜久里代表までいつになく落ち込んだ表情だし…。レースは決勝が本番ですよ!
そして、驚いたのがトヨタ。なんだどうしたんだ!?
予選でのタイヤの使い方のコツが分かってきた、というインタビューはこのことか?
いやー、びっくりしました。
ホンダは今一つ奮いませんでしたが、とりあえずの鈴鹿ラストラン(復活希望!)、いい結果が残せるといいなぁ。やっぱり、ホンダあってのF1だし、日本GPといえば鈴鹿だし…。

しかし…。予選ラウンド中のCMは悲しいなぁ。生中継じゃなくていいっす…。

さて、トーチュウ。光一くんからの「戒厳令」は「結果を言ったら撤収です!」
ぶくくくく…。
言ったファンを退場させるのではなく、光一くんが退場するんですか(笑)。
「公演中はテレビも見ないし、新聞も置かない」って…。ぶくくくく。
くくくくく…。
結果知ってから見たって充分面白いと思うけどなー。

というわけで、私は明日の昼公演と夜公演の間に決勝結果をF1サイトからのメールで知ると思いますが、ノープロブレムです。
なんのシャットアウトも致しません(笑)。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

トーチューウ!!

トーチュウトーチュウ大好きだ!
もうこの感謝の気持ちを表すには定期購売しかないのではないか。
と、思っただけで申し込む気はないんですが(最低)。

1面トップにどん! ですよ。しかも「話は予定時間を大幅にオーバー。1回ではとても掲載できないため、2日連続でお届けする」ですよ。いやーすごい。いい決断です。英断です(笑)。
明日は「ファンに仰天指令」らしいですよ。結果言ったら退場! とかかな。ぷぷ。

今年で3年連続、とのことなので、ワタシは探しました。探し出しました。
1年目はまだ控え目に「イケドルJ特別版」の扱いだったんですね。写真もアップではないし(笑)。
後は年末のドームツアーと初ソロライブDVDの告知が半分…いや、3分の1かな。
2年目は1面トップのドアップ写真でどん! 琢磨さんへ激励の色紙プレゼント、ってことで、それくれ! と思ったものでした。凄くいい笑顔の写真付き色紙なんだもんー!
年末のライブ告知が申し訳程度にちらっと。
で、3年目の今年は、1面トップだけではあきたらず、2日連続ですか…。となると、来年は…。
そうだ。来年は、鈴鹿じゃないんだ…(凹)。

この取材は事務所で行われたみたいです。そうなのかー。
「「生観戦はごめん」とはっきり言ったF1ファンに会ったのは初めてだ。」 に思わず笑いました。くくくくく。
私はとりあえず1度は観たいです。音を聞きたい。あと、その速さを見てみたい。って光一くんはもうモンツァにもスパにも行ってるんじゃん!(怒) ※F1>光一になった瞬間(笑)。
スタンドで見たって展開がわからない、とは光一くんの談ですがー、TVで見たって知らない間に知らないことが起きてるしなー。ライブタイミングモニター…いいなぁ。地上波にもプリーズ!

ミハエルへの惜別とオマージュ、とのことで、語ってます。
確かに、ミハエルって人間くさいですよね。人間くさいというか、負けず嫌いというか、勝つためならなんでもするというか。
でもねー、アロンソも充分人間くさい気がしますけどね? 冷静な、と言われてますけど、今年の後半は結構「おや?」って場面もあったけどなー。

フェラーリを強くしたのはミハエル、と熱く語っています。F1に限らないと思いますが、自分だけが努力すればいいという単純なものではなく、自分が努力するのは当たり前、目標を達する為の環境や経緯を整えていく手段というものも一流選手には求められ、そしてそれを上手くやれなければ、一流にはなれないと思うんですよね。
光一くんしかり。
舞台やライブやアルバムやそういった光一くんのお仕事の数々も、たくさんのスタッフさんとの連携も大事な一部となっていると思うんですよね。そういう環境を作る、その手腕は光一くんにも見られることだよなーと思うのでありました。

しかし、今日の雨風は酷かった。
朝、外を眺めて「…ああ、今日は大阪公演だっけね」とつい思ってしまいました。
光一くん=雨、みたいな。いわれなき非難。
大阪の天気はどうだったんでしょうね? 傘なしでグッズ買う列に並ぶのはキツイからなぁ…。体調崩しちゃ台なしですから、せめて小雨ならまだ、ねぇ。
そういや福井は雨は降らなかったものの、風は強かったな…。
…風男? (いわれなき…)
…はっ、明後日行くんだ! わぁ! ちょっと忘れてた!

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

F1GP2006 R.16 中国GP

これは鈴鹿がますます面白くなりましたねぇ。
ミハエルVSアロンソは同点勝負。
フェラーリVSルノーはルノーが1点多いという好勝負。こんなにもつれるとは思わなかったぞ~。

しかしこれは実にわかりやすい。先にゴールした方がチャンピオンですからね。ま、鈴鹿の後にブラジルが最終ラウンドとして残っていますので、鈴鹿で決まることはないわけですが。

予選からつるつる滑る様が面白かったのですが、ランオフエリアが広いと車も壊れません。
決勝でザウバーのクビサがまだ早いタイミングでドライに変えて、滑りながら走っていたときは違うコースを走っているのか? とびっくりしました。
しかし、ドライに変える前のクビサは凄かった。勢いのあるドライバーです。ニコ・ロズベルクにもシーズン開始当時は思ったのですが…。ま、そんなこともあります。
そんなこともあるといえば、ライコネン。調子いいなーと思ったら…。フィジケラをパスしたのは綺麗だったなぁ。そのあとの加速も綺麗だったのになぁ。まだ不運は続くのかぁ…。

次は母国な日本軍団。トヨタの2台揃ってのリタイアは痛いな。琢磨選手も他チームの選手を後ろにおいてのゴールだ! と思ったら青旗無視で失格ですか…。左近選手が初完走というのはめでたいですけどね。
BARは一瞬どこの車だかわかりませんでしたが、最後までチームメイト同士の争いにどきどきしました。最後はうまく切り抜けたバトンと煽りをくらったバリチェロ。変な禍根を遺さないといいのですが…。
次は母国グランプリ。期待してます。

しぶといクルサードとか、フィジケラをパスするミハエルの勢いとか、チームのミスを挽回すべく驚異的なペースで追い掛けたアロンソとか、終盤に強くなった雨とか、雨ならではの見所の多いレースでした。
鈴鹿も楽しそうだなぁ。くー!

そういえば、スーパーアグリF1カードのCMを楽しみにしていたんですが、新しいバージョンではなく残念。日本GPまで毎回違うのかしら、と期待したのに…。
世にも奇妙な~、のCMもF1中継中に見てびっくりしました。他はみんな女性が主役なのか…(そこか…)。
「昨日公園」の感想は別エントリーで今日あげようと思ったのですが、明日のネタがなさそうなので明日にします。
汚いなー。汚い。私はいつからそんな汚くなってしまったのか。
大人だからか。
ってなわけで一口感想。
切ない~。
おまけ感想。眼鏡に白シャツ!!

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

F1GP2006 R.16 イタリア

シューマッハがついに引退を表明か?、というGPウィークだけあって予選から白熱。最終ラウンドのラストで次々とトップが入れ代わったあたりは昔の予選を思い出してエキサイトしました。真夜中だってば…。

決勝の頭の方はばたばたしていてちゃんと見られなかったのですが、頭から見てないとさっぱりわからんものだなーと妙に納得してみたり…。
文字情報も少なかった気がするんですが、それは集中していなかった分、追えてない情報が多かったからかな~。

残り周回が20周を切ったあたりからようやく落ち着いて見ることが出来たんですが、クビサって一体どこから出てきたんだろう、とびっくり。
てっきり周回遅れだろうと思ってしまっていて…。
3位入賞おめでとう! BMWが喜んでいることでしょう。そら見たことか!なぁんて…。

アロンソは意外と追いつめられると弱いのかしら…。予選でショートカットは、ねぇ…。ペナルティーも重すぎる気もしなくはなく、チャンピオンシップを白熱させるための小細工かしら、とか思ったり思わなかったり。F1の闇の部分(笑)。
決勝でも、ちょっとー?チャンピオンですよねー?という焦っているのね、という動きも見えたりしてやっぱり若いのぅ、と偉そうに見ていたのでした。
今年、チャンピオンを獲るか獲らないかでは大きな違いがありますからねぇ。
と、思っていたらエンジンブローでリタイア。あらまぁ…。
流れは一気にシューマッハに行っちゃうのか? もしや有終の美を飾ってしまう?

アンチ・シューマッハを貫いてきた私ですが、引退と聞くとやはり手放しでは喜べないというか。まあそうだろう、と思う結果ではありましたが。
優勝会見(というか引退会見というか…)は大人しく聞いてしまいました。
また一つ、時代が終わるんですね。
来季はトップドライバーがこぞってチームを移動するし、そういう流れなのでしょう。
シューマッハが抜けた後もフェラーリは強く在れるのか? これ、非常に気になります(笑)。

そして気になること。
スーパーアグリのCM。
いやー、まさか違うバージョンでくるとは…!
イタリアGP編(勝手に命名)は、ガソリンスタンドに給油に来たら、辺りにいた人たちが飛び出してきて、タイヤ交換までしてくれて、ドライバーも慌てて発進、というもの。
おっと仕事だぜ、みたいに飛び出していくピットクルー(のような人たち)の姿が、レース終盤、アロンソのブローでオイルに乗ったかなにかしたマッサの緊急ピットインで慌てて配置についたフェラーリクルーに重なり、なんとタイムリーな…と感心してしまったのでした。
F1が好きなんだなぁ、ユーモラスに楽しんでいるんだなぁ、と滲み出ている素敵なCMだと思います。
次はどんなのだろう。楽しみだなぁ。

さて、福井と大阪のチケットがやってきました。
いよいよですよー。もういくつ寝ると~ですよー。
どきどき。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
Gallery
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・