ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
Endless SHOCK 2017
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2017
主演1500回達成記念公演

2017年2月1日~3月31日
 帝国劇場 全78公演

2017年9月8日~9月30日
 梅田芸術劇場 全30公演

2017年10月8日~10月31日
 博多座 全30公演


KinKi Kids Party!~ありがとう20年~

・横浜スタジアム
☆7月15日(土)18:00
☆7月16日(日)18:00

☆管理人両日参加予定です!

ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

東京ドームに行ってきましたー。




友人に誘われて、ギリギリで生きてる曲しか知らないけどいい? と断りを入れつつ、席が後ろの方であることを確認した上で(天井席だよ、と言われ、ならオッケー、と答えるという…笑)、初KAT-TUNしてきましたー。
いやたぶん、カウコンで見ている気はするんですけど。
単独は初、ということで。

タイトルの9uarterは、Quarter4分の一と、結成9周年(?)をひっかけてのタイトルだとか。
でもって、5月9日、10日の2Daysだけと聞いてびっくりしました。他の会場でやるんでしょ?と思っていたら、そういう発表はないらしいと…。そ、そうなんですか…。

ペンライトは持っていった方がいいよねぇ、と思ったものの、うちにあるのはKinKi Kidsかこーいちさんのだけなので、どれを持っていくのが無難かなぁ。ジャニーズのJってことでJのやつかしら…でもアレ結構かさばる…。φのが一番好きなんだけど、電池切れてるんだよね…どうしよっかなー。出る前に決めるか、と思っていたらそのまま忘れて家を出てしまって(おいこら)、まぁなくてもいっかと思っていたんですが、グッズ売り場を見てみたらこんな面白いものだったので買ってしまいました。



リングライト。お値段800円。安いねいいねー! と思ったら、点灯時間は3,5時間、と明記されていて、つまり、キンキコンだとうっかりしたら一日保たないということに…とかつい計算してしまいました。よよ。



亀梨さんが、これは俺たちとお前達の婚約指輪だぞ、とおっしゃったので敢えての右手の薬指で。


こう見ると大きさがわかりやすいでしょうかね? 結構でかい。ジュエルリングを彷彿とさせる…(しかし、周りのお嬢さん達はそのようなことはおっしゃっていなかったので、年齢差ですかね…ふふ…)。

MC中に中丸くんだったかな? に聞かれましたが、正直これどう? ということでですね、微妙、と思っていたんですけど、結構そういう反応が多くて(笑)、そしたら亀梨くんに婚約指輪だぞ!? と言われたわけでして、うわぁ、アイドルだわぁ、と変に感心しました。っていうかあれね、亀梨くんは系統的にこーいちさんの流れかと思っていたんですが、どっちかというとつよしさん系かもしれないなぁ。カメラ来るとサービスしているあたり…というかあれはそういうお約束だからなのかしら…。
というのはともかく。ペンライトじゃないと手持ち無沙汰だなーとは思いました。持ち運び便利ですけどね。ちいさいし。あと、意外と白一色ってきれいなんだなぁ、と上から見ていて思いました。

えっと、曲はほんっとにわからなかったので、セトリがどうとかこうとかわからんのですが、始まって一時間歌いっぱなしなのにはびっくりしました。さらに、MCが20分で、そのまままた一時間くらい? で本編終了の、アンコール3曲くらいかな? ええ…!? こ、これが普通のコンサートなのか…!? とぎょっとしていたあたり、もうだめですね…毒され過ぎですね…ふふ…。

個人的にツボだったのは、いりぐちでぐちたぐちでーす、ってほんとにやってるんだぁ…というところと(笑)、街中でなんて声かけられるか、というような話になった時に、田口くんはこれを振られ、ちょっとむかついたから無視した(笑)、とか、亀梨くんと中丸くんは呼び捨てにされる、という流れから、上田くんだけ「上田さんって言われる」とぼそっと言っていたのがツボでした。そ、そうか、そこはさん付けなのね。ちょっとわかる…(笑)。
あ、でも、なんとなくイメージ的に、黒とか紫とか、そういうダーク系のちょっと怖い系のファン層なのかなとなんとなく思っていたんですが、そんなことはまったくなかったのが意外でした。むしろ、普通。というか、かわいい系も多かったかな? KAT-TUN自体、そんなとんがってる感がなくなってるからかもしれませんねぇ。だいぶ前、カウコンで上から見てると、あれは誰のファンかとかわかる。KAT-TUNは特にすぐわかる、みたいな話をこーいちさんがしていて、それが印象深く刷り込まれすぎましたかねw

あとはえっと…途中、和物演出が始まった時はいったい何事かと思いました。SHOCKでも見るような扇をつかったパフォーマンスから、刀をひっさげてみたり、太鼓を叩いてみたり、仮面…仮面はなかったな…、あれだ、箱からしゃらららーって中のものを落とすやつ。なんていうんだっけ…だいぶ前のSHOCKでやっていたやつですけど、名前わすれちゃったなー。
そんな感じのパフォーマンスがあったのですが、和物テーマな曲だったのかなー? 気づいて。私気づいて!
あ、そうそう。これは私がいたところが天井席だったからなのだとは思いますが、途中、画面に文字が出てくる演出があったんですが、字が小さくて読めねぇぇぇ、ってのがありました。歌詞テロップくらいならいいんですけど、それを読まないと面白くない、という演出で字が小さくて読めないのは辛い。辛いというか、切ない。ほろり。
それから、久しぶりにわしゃわしゃでてくるジュニアたち、というのを見ました。わしゃわしゃいました。いつの間にかにそこにいて、そしていつの間にかに消えている、という…。
久しぶりに見た、といえばうちわもそうかも(笑)。

とりあえず、曲がわからないとイントロで、わっ、とか、おっ、とかならないので楽しみが半減してしまうんだなぁ、と思いました。曲の頭できゃぁ、と盛り上がっているのを見てそう思いました。

良い経験でございました。黄色い歓声も体感したしw
でもやっぱり、わたし、KinKi Kidsがいいでーす。というのを再確認した時間だったかもしれません(笑)。
違うグループのを見てみたことで、いろいろ違いがわかって興味深かったです。
つくづく思う。キンキコンって無駄に豪華だわ…。工事現場のようなセットといい、照明といい、生バンドといい、バックで踊るダンサーさんたちといい…。
で、最終的には、キンキコンみたいよー!! という感想に落ち着いてしまうのですが、今年は夏にソロツアーがありますからねっ! 東京ドームじゃないけど、年末まで待たなくていい、というのはいいね(笑)。
…っていうまとめになっちゃっていいのかな。まいっか☆

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

Disney ON ICE Dare to Dream @横浜8月24日夜

8月の夏休み企画として、ディズニーオンアイスを横浜アリーナで観て参りました。日曜だから夏休みとか関係ないけどぉ。
デアトゥドリーム。絶対にあきらめないプリンセスたちの物語。そんなサブタイトルついていたんか…。
公式HPこちら

5月だったか6月だったか、ぼーっとテレビを見ていたら、日本公演決定!的な番組が始まって、あーこれ、着ぐるみで飛んだりまわった…いや違った、着ぐるみじゃなかった、えーっと…大変よね、なんて感じで見るともなく見ていたんですが、ぬわっ!? と目を見開く事態に。えっと、公式HPにようつべ映像があるんですが、そちらでも確認できますので是非見ちゃっていただきたいのですが、ラプンツェルがですね、リボンフライングをするんですよ! 例の、肘から下でぐっとやってぐっとやるやつ。もちろん、命綱なし。しかも、ラプンツェルの…王子様は誰? フリンか(←調べた)。フリンも加わってランデブー的なことも。シルク・ド・ソレイユでもそういややっていたような…と思いつつも、ささっと日程検索してぽちっとチケット購入していました。てへ。
子どもさんばっかりだったらどうしよう…。どっかから子供をかっぱらって来るべきか…とか考えなかったわけでもないですが(笑)、割と子供連れ以外の大人さんたちも多くてよかったぁ、とホッとしました。むしろ、子供さんたちが思ったより少なかったかな。時間的なこともあるかもしれませんが。
しかし、横アリに行ったのなんて、こーさんのソロツアー以来ですよ…。むしろ、横アリってこーさんのソロツアー以外行ったことないんじゃあるまいか。神奈川県民なのに。

予想していたよりもリンクちっさいんだなー、なんてのほほんと構えておりました。ま、そりゃそうですよね。そもそも、リンク持ち込みだし(笑)。
ビデオ撮影写真撮影オッケー(ただし、商業的利用は除く)、だがしかし携帯電話の電源は切れ、っていうアナウンスに若干首をひねってみたり。機内モード設定にしていた人たちなんてどれくらいいるんだろう…とぼんやり思う会場内でした。私もそれなりにあいほん先生を構えようかと思ったんですが、暗いしねぇ。滑っている人たちはきらっきらしているからハレーションみたいになっちゃうしねぇ…。動いているから写真とるのはむずかしいしねぇ…。先に知っていたらデジカメもってきたんだけどなぁ、と思いつつもラプンツェルだけ頑張って撮ってみました。おおおおお、空飛んでるぅぅぅ!(笑)

16時開場、17時半開演、20分くらいの休憩をはさんで、19時半頃終演でした。終わり方がじつにあっさりしていて、あれ? アンコール的な拍手もなし? とびっくりするぐらいのあっさりさ加減。パッと場内の明かりがついて、ぱっと解散。これすげぇわ(笑)。
会場の外から、会場内からあちこちにTDLでみかけるようなテント小屋が出現し、あれこれグッズも販売されてました。緑色のカメレオンみたいなぬいぐるみがいて、はてこれはなんのキャラクターかしら、とよく知らなかったんですが、ラプンツェルに出てくるのかぁ!と後にステージ上に登場して知りました。あれ欲しかったなぁ。失敗した…(笑)。
かき氷とかわたがし、ポップコーンとか売ってました。ディズニーオンアイス限定の、とかってなふれこみで。あとは横アリの売店も開いていましたので普通のおかしも(笑)。
お子様たちが手にしていたのは、きらきら光るライトものとか、背負うタイプの羽根とか、ティアラとか、剣とか杖とか…そんな感じのグッズが多かったかな? ドレスアップしている子もいたりしてなんだか楽しそうでした。
そうそう、アイスショーは初めてなので、寒いのかしら、ちょっと羽織るものとかあったほうがいいかしら、と念のため薄手のストールをかばんに忍ばせていたんですが、無用でした。むしろ暑いくらいでした。あれぇ?(笑) リンクに近い席だともしかしたらひんやりするのかも?

開演してまずは、会場を盛り上げる役というのでしょうか、コール&レスポンスみたいなやりとりがあったり、サインボール…なのかなぁ…? とかを会場に投げ入れたり(というか、打ってたw)、というようなことがあって、ディズニーキャラクターたちが登場。おお、ミッキーが滑っておる…!!
白雪姫、シンデレラ、そしてラプンツェルの三本立てでした。来年はアナと雪の女王がくるらしいですよー。アナ雪と、ラプンツェルと、あとひとつなんだったかな…? オラフくるかしらオラフ! っていうか、アナ雪だと、王子と姫のペアスケートではなく、エルサとアナのペアスケートになったりするんかしら…。あ、ちょっと気になるな…。
白雪姫のお妃さまが無駄にかっこええwww たまらんな! そして七人の小人がえらいかわえええ! 白雪姫は白雪姫でした。はい。
そうだ、毒りんご、あれを手にした白雪さんが、「まぁ、おいしそう。食べてもいいかしら?」的なことを言いだすと、会場のお子さまたちが一斉に「だめー!」って叫ぶんですがなんですかあれ。いつ練習したんですかあれwww いやぁすごかった。見事なまでの一体感でした。私の周りはお子様がいなかったので(大人ペアチケットだったからか?)、ほわわーんとした空気に包まれましたとも。
シンデレラは、あーそういやこんな話だったっけかーとぼんやり思い出してました。ねずみさんたちがドレス作ってくれたんだっけ? お姉さんたちのドレスからちょちょいっとぱくって? あれそうだっけ? とか思っていたりもしましたが。最初にできたドレスがピンクだったんですよ。で、あれぇ? シンデレラって青いドレスのイメージがあるんだけど…と思っていたら、魔法使いが登場して、青いドレスに変身してましたので、おおそうそう、こっちよね!と思っとりました。ねずみの御者たちがかっこよかったわぁ。あと、白い針金みたいなかぼちゃの馬車も綺麗だったなぁ。
ガラスの靴ということで、スケートシューズに銀ラメがぺろんと巻かれて、ふぉぉー!な感じだったんですが、魔法が解けて逃げ出したシンデレラを探し出す時に王子の手元に残った片方のガラスの靴が壊れて、わぁ! なんてこった! な時に、「いいえ、もう片方はわたしが持っています」とポケットから出てくる、っていうあれ。怖いよねアレ。子どもの頃は特段なんとも思わなかったけど、結構したたかな女よね、シンデレラって。

ラプンツェルはそもそも見たことがないので初見だったんですけど、お母さんがいるの? 塔に閉じ込められたお姫様が長い長い髪を編んでそれを伝って自力で脱出する話、としか思っていなかったんですけど、いかんわ。原作読まないかんわ。
リンクの頭上にねろーんとレールが吊られていて、黄色い布がでろりろりーんと上空を飾るんですが、これはとてもいい演出…!! 頭上まで空間を広げる効果というか、そんな感じでした。それまでの演目では氷の上しか目が行っていませんからねぇ。
これを観に来たのよ私! と座りなおしてカメラも起動w と思ったら、しばらくは何事もなく…ちっ…。逃避行に入ってからのエアリアルたーいむ!だったのかな?
おおお、ラプンツェル飛んだ―! フリンも飛んだ―! なにがどうなってるかよくわからないけど、フリンの肩の上に乗っかったラプンツェル的なポージングになってるぅ、とか、そこらへんは大変盛り上がります。そらもう盛り上がります。だってこれを観に来たんだもの…!!
録画した映像を見ると、1分半近くあれこれやって、終わったかな?と思ったらまた始まっていたので、どのくらいやっていたんでしょうかね。容量が残り少なかったもので撮影失敗に終わったんですけど…(泣)。
大満足でしたー。

もちろん、スケートの技もあれこれあります。スピンとかジャンプとか。ペアもあるので、リフトとか、えっと…あれなんていうんだっけかな、男性が軸になって、女性が身体をぴんと伸ばして回転させるやつ。デススパイラルかな? とかありました。スロージャンプはさすがにありませんでしたけれどw あのリンクの大きさだと放り投げたらわぁ!ってことになりそうだしねぇ。見たかったけどw 
さすがのディズニーなので、衣装やらなんやら華やかだし、スケーティングも見応えがあるし、なかなかのものでした。おもしろかったですよー。
最後のプリンス&プリンセス大集合!のなか、一番華やかな衣装だったのがミッキー&ミニーっていうのもさすがでしたしw あれです、みんな白い衣装なんですが、ひときわゴールドの刺繍が豪華絢爛なのが着ぐる…ミッキー&ミニーでした。あれですね、こういちさんいわくの、「統一感の中の別格」ってやつっすね。

返す返すも悔やまれるのが、あのカメレオンのぬいぐるみ…。あいつかわいかったのに、なぜ買わなかったのか私…!!
きらきらだったのにぃ!!

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

KAATオープントークvol.1

ひなまつりってケーキを食べる日だったのかな?と首をかしげていた昨日、SHOCKもついに折り返しを迎えましたねぇ。折り返しといっても、あと38公演あるわけですが…。
あらためてものすごい公演なんだなと思う次第です。どきどき。

あ、WSチェックも済ませました! ULALA?!! とテレビに頬ずりしそうになりました。危ない危ない…。例の衝撃の告白から、未知の領域に入る内くんに「内ももう(帝劇のパワーを)感じていると思うけど…」「はい…」「!? 感じてねーのかよ!?」「いや、感じてます! 感じてますって!」というくだりを二人をちゃんと押さえて画面で放送してくれました。そのあとのかっちゃんの言葉に爆笑してる座長まできっちり! なぜかカッちゃんの姿は映らずじまいでしたけど。それから祝賀パーティでの光一くんのご挨拶も。なんて良い仕事をしてくださりやがる…!!

で、空き容量を確保して、日テレ深夜を張ってみました。1時代に結構CMが流れてる印象があるので1時間まるっと。録れてるかなー? BPMDVDCM。←気に入ったらしい。

なんてことを書きつつ、空気を読まずにSHOCKレポじゃなくてですみません。いや、本気で20日かけるつもりでいるわけじゃないんですよ! ないんですが、どう考えてみてもこっちの方が早く終わるよね…という熟慮の結果です。熟慮するまでもない結果です。がくり。やべー、このままじゃマジに20日ペースになってまう…。もうすでに1週間経過してるという事実。嘘だ。嘘に決まってる…!!

まずは2月26日土曜日に神奈川芸術劇場にて無料で開かれたトークイベントから片付けます。第一部には蜷川幸雄さんをゲストに迎え、第二部では公共劇場の芸術監督をつとめられている串田さん、宮田さんをゲストに迎えてのトークイベントでした。
時間の都合上、第二部は30分くらいのところで退席してしまったのですが、最後まで聞いていたかったなぁ…と思う非常に興味深いトークイベントでした。しかも無料。Vol.1ということは次も予定はあるのかしら?

ご興味ある方はどうぞ?。
  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

続きを読む

WE'RE BROS.TOUR 2009 道標@国立代々木競技場9月23日

mitisirube20090923.jpg

てなわけで、敵情視察に(笑)行ってきてみましたー。福山雅治さんの「FUKUYAMA MASAHARU 20TH ANNIVERSARY WE'RE BROS.TOUR 2009 道標」in 代々木競技場。代々木競技場、初めて入りました。そして、アミューズです。光り物ご法度です。どうすりゃいいのとうろたえたあたり、すっかりジャニーズ組です(なにを今さら…)。

ステージを脇から見る位置で最後列だったので、ついでに客席も眺めてました。上から見るとお客さんの一致団結さが凄い! ペンライトなしでどうするんだろう…?と思っていた私をよそに、 お決まりっぽい振り付けとか完璧で、両手を左右に振ったりだとか、人差し指で前方を指したりだとか、頭の上で拍手とかって動きがあったんですが、お客さんの腕がにょろにょろしとる!! とそんなところを見てたりしました。
あー、アーティストのライブってこんな感じなんだろうなーと妙に納得。お客さんの煽り方とか(案内役の友人によると「今日は少なかった」らしいですが、私からしたら、すっげー煽っとる!ってな感じでした。環境の違いってすげぇ…)、「代々木!」って言い方とか、スタンド席! アリーナ席!ってな指差しとか、MCの少なさとか(笑)。福山さんもいつもはもう少ししゃべる、らしいですが、今日からの追加公演は歌をたくさんやりたい、とご本人もおっしゃっておいででしたしねー。ご挨拶的なしゃべりの時間も惜しいってことでかなりな早口でした(笑)。

今回見に行くことで慌ててアルバムを聴いたんですが、付け焼き刃じゃ覚えられませんなぁ。イントロで「おお!」と思うのはやはりファンならではなんだなぁとしみじみ思ってました。あ、でも、最新アルバムに入っている「流れ星」って曲は好きな感じだったので、やってくれて嬉しかったな?。
…なにしに行ってきたのか? 視察です視察。普通のライブってどんなんなんだろー?って興味からです(笑)

バラードは静かに、ノリのいい曲は手拍子で、お約束な曲はそれなりな振り付けで、なんとなーく合わせてきました?。当たり前ですが、歌とギターの3時間ちょいでした。…普通そうなんだよ。普通。ああでもしかし、バラードとかは光り物入れた方がいいよーう。ああ、ペンライト振ろうよ…!と途中、こっそり思ってました。っていうか、手拍子をずっと続けてるって結構疲れる…(苦笑)。
あ、そうだ。途中、紙コップを客席に投げ入れてるのが面白かったなー。聖杯というらしいです。花道に何箇所かまとめて置いてあるのを指にひっかけてぽいぽいっと投げたり、福山さんの後ろをしゃがんでついて回るスタッフさんから受け取ったのを投げたりと…。このスタッフさんとの連携が素晴らしい! 福山さんは前を見て歌っていて、右手だけ後ろに出すんですね。で、そこにタイミング良くスタッフさんがコップをひっかける。いやー、この連携プレイ、さすがでした! そんなところばかり見てました(笑)

あー、これが普通のライブかぁ、となんとなく納得しながら観てました。
物足りないな! (ああ、ついに本音が…笑)

さー、明日はお仕事です。がんばりましょー!

gackt20090923.jpg  otogumi20090923.jpg
※写真はアウェーの中思いもよらず見かけた味方です(笑)

拍手ありがとうございます。
コメント返信です。
>23日Kunika*さま
あ、辰巳くんであってましたか! 良かった良かった…。松崎くんと福田くんは覚えたんですが…。辰巳くん=翼くん、と覚えてしまっているので、その他の場面ではちょっと怪しいんですが、このツアー終了までには覚えたいと思います!
F1話の時にわたくしめの事を思い出していただけたと!? いやぁ、光栄でございます。皆さんが興味ないことにうっすら気付きつつも、無視して書き続けた甲斐がありました(笑)。今後も、時には光一くんに対して真っ向勝負も辞さない覚悟で(笑)私なりの楽しみっぷりを書き連ねて行こうかと思います。頑張ります!(なんのこっちゃ… 笑)
  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

『完全撤収』

注文していた野猿のラストコンサートDVDが届きまして、それを見ました。
びっくりしました。
もし、あの時に野猿のコンサートを、テレビだけではなく、CDだけではなく、コンサート会場で見ていたら、撤収の事態はもっと大きく私の心に残ったかもしれない。
そんな風に思えるほど、「凄い」コンサート映像でした。

そういえばyoutubeには野猿はないのかな、とたまたまDVDが届く前日にみなさんで放映されたラストコンサート完全密着が5回に分けてupされているのを発見して、裏ではこんな感じ、というのをちょっと見ていたりもしたのも関係あるのかもしれません。
が、とにかくびっくりした。
アーティストだったんだなと改めて思いました。

曲がいいのも、歌が上手だったのも知っていましたが、あんなに踊れる人たちだとは実は思っていなかった部分があって…。MCや、途中、コントのような寸劇があったものの、それ以外はほとんど踊りっぱなしの歌いっぱなしで、これだけの振り付けを覚えて、そしてぶっ続けで踊っていたとは…!
しかもその踊りが、きれいなんですよね。
プロの人から見たら違う意見なのかもしれませんが、私がDVDで見た限りでは、とてもきれいでした。一人ひとりはそんなにうまくはないのかもしれませんが、変に自己主張をしたり、というのがないので、10人…でしたっけ…ちょっと人数はあやふやですけど、それなりの人数が同じ動きをしていると圧巻でした。これがまさか、本業はスタッフさんたちとは思えませんよ!!
そしてまた、コンサート構成もすごい。生バンドだし、照明は凝ってるし、ステージの造りも凝ってるし、カメラアングルもすごいです。最後は銀テープが会場に発射されてるし。うひゃあ! 
アーティストとして活動していたんだなぁ…といまさらながら思いました。

もちろん、とんねるずの二人がそこにはいるわけなので、笑いがまったくないわけはなく、憲さんがいきなり会場のお客さんに「感謝の気持ちです」と言ってペットボトルの回し飲みをさせてみたり、みなさんのおかげでしたを見ているような寸劇もあったり(しかもステージ上であっちむいてほいって…。広い会場でそんなしょうもないことをするって、ああ、なんか同じ匂いをちょっと感じる…笑)、貴さんの妄想(笑)につっこむ憲さんだとか、メンバーを持ち上げて、るかと思えばけなしてる、とか、そういうのも要所要所にさしこまれていたんですけど、だがしかし、アンコールまでの2時間半ほぼ踊りっぱなしというステージはすごい。そしてアンコールもやっぱり踊る!
そりゃあ、汗もだくだくになりますわなぁ…。

最後の挨拶なんかは、見ているこちらもうるっときます。あれだけ踊って歌えるようになるまでには、そりゃあ大変な努力があったんだろうなぁ…というのが実感できるだけに、「撤収」ということのさびしさは相当なものがあったんだろうなと思います。
しかも、引き際がまた見事でしたもんね。まだ見たいな、と思わせるタイミングでの完全撤収。3年という時間がまた心憎い。学生の部活動みたいですよね。一番集中して、やりきれる時間なのかもしれません。

涙を隠すように背を向けてメンバーを一人ひとりコールする貴さん、まっすぐ客席を見て、涙は見せずに、淡々とした表情を保とうとしていた憲さん、挨拶が言葉にならず深くお辞儀したままだったり、おどけてみせたり、感謝の言葉を述べていたメンバーさんたち。
あの挨拶はほんとに「もらうね!」ですよ。もらい泣きします、ほんと。

が、その後のWアンコールのはっちゃけ具合もまたいい!
コンサートはなにがいいってアンコールで弾けちゃうのがいいんですよね!
もちろん、それまでの作り上げて練り上げた本編があってこそのものなんですけど、もうみんなとにかく笑顔で、身体はぐでぐでなのに、ステージを右から左へと走り回って、お客さんあおってあおられて、っていうあの空気がたまらないんですよね~!!
Wアンコールの頃になると客電もうっすらついていたりするから、それも盛り上がる要因なのかな。
さて、私はいま野猿の話をしているのかKinKi Kidsの話をしているのか…(笑)。

Wアンコールの曲は「次利さん決めちゃって。いいよ、なんでも」と貴さんが言っていて、じゃあ、ってんで始まった曲に間髪入れずについていけちゃうみなさんが素晴らしい! 曲が終わって、貴さんと憲さんと次利さんでこちょこちょ打ち合わせをしてたりするのも楽しい。ああいうの、観ている方も楽しいですよね?!(脳裏に浮かんでいるのはKinKi Kidsと建さんだったり…笑)
アンコールって楽しい!

そして、このDVD、コンサートノーカットなんじゃないか? と思うんですけど…。すごいですよねぇ、びっくりしました。映像もなんだか妙に綺麗だし。そんなところにも「本気」を感じました。
お客さんのノリも凄かった! 全員ほんとに飛んでるし、踊ってるし。こりゃすげぇ。普段こう、客席の側にしかいないからわかりませんでしたけど、ステージ上から見ると客席のノリって結構よく見えるんだろうなぁ、なんて思いつつ観ちゃいました。お客さんの動きが揃ってるのを見ると燃えるだろうな。
観ているうちに、ライブに行きたくなりました。次はいつですかー。

ところで、私はこれ、新星堂でネット注文したんですけど、今見てみたら「注文できません」になってました。在庫僅少…? amazonだと中古品でも値が上がってるもんなぁ…。こないだのちらっと再結成でまた見たいなーって人が多かったのかな。
ご興味のある方はお早めにどうぞ! ↓どちらも定価販売(7350円)です。
・Famima.com 「完全撤収 4時間伝説」 ←売り切れになってました…。(4月20日現在)
・eーhon  「完全撤収 4時間伝説」

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
Gallery
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・