ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
KNIGHTS' TALE

ナイツ・テイルー騎士物語ー

帝国劇場公演
2018年7月27日~8月29日
全43公演
※プレビュー7月25日、26日

管理人参加予定公演
7月28日(土)夜公演
8月2日(木)夜公演
8月27日(月)夜公演


梅田芸術劇場公演
2018年9月18日~10月15日
全33公演


Endless SHOCK 2018
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2018

2018年2月4日~3月31日
 帝国劇場 全70公演
※管理人観劇予定公演
 2月8日(木)18:00
 2月11日(日)18:00
 3月10日(土)13:00
 3月27日(火)18:00


ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD&Blu-ray
「MTV Unplugged:KinKi Kids」
2018年4月11日発売
2017年7月に放送されたものに未放送分2曲とMCをプラス。約85分収録。
Blu-ray (タワレコ) (amazon)
DVD (タワレコ) (amazon)


・39th Single
『Topaz Love / DESTINY』
2018年1月24日発売
初回盤A…Music Clip & Making
『Topaz Love』(約15分)
初回盤B…Music Clip&Making
『DESTINY』(約15分)
 DESTINYソロバージョン
 Version K,Version T所収
通常盤…BT2曲
「哀愁のブエノスアイレス」
「CLASSIC」所収

初回盤A
(Amazon) (タワレコ)
初回盤B
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・ベストアルバム
『THE BEST』
2017年12月6日(水)発売
初回盤…KinKi Kids Party!のダイジェストDVD or Blu-ray付
通常盤…「すべてのひとかけら」
「Next to you」 所収

初回盤(DVD)
(Amazon) (タワレコ)
初回盤(Blu-ray)
(Amazon (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
DVD
(amazon) (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon) (タワレコ)
DVD
(Amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)

・コンサートDVD/Blue-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)

・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

ばーい、せんきゅー!

昨日がみなさんの最終回だった、ということに放送がとっくに終わってから気付き、あああああしまったぁぁぁぁ! と頭を抱えたのですが、そこはほら、イマドキですからいろいろ見る方法はあるわけで…。
そんなわけで、オンタイムでは見ていないのですが、おっかけで見て、懐かしいなぁ、楽しかったなぁ、そうか、本当に終わるんだなぁ…、としんみりしたりもしました。おふたりのスタンスは相変わらずで、まったく涙を感じさせない感じでしたけどw

みなさんのおかげです、おかげでした、はレギュラー放送になって30年。全1340回だったということですが、レギュラーになる前の単発、というか、シーズン物? の頃から見ていたのでなんだか感慨深いです。あのころはまだ小学生だった…(笑)。
いつのまにか「みなおか」と略されるようになっていたんですかね??? わたしのなかでは、「みなさん」なんですよねぇ。タイトルがいくつか変わった気がしますが、ずっと「みなさん」だったなぁ。
最終回をほんとのうたばん企画で、芸人さんたちを呼ぶのではなく、スタッフさんで結成された野猿と、親交の深い聖子さんを招く、というのもよかった。スタッフさん巻き込み企画多かったし、聖子ちゃんはことあるごとにノリノリで乗っかってくれましたもんね。
にしても、野猿がKinKi Kidsパロから派生した物とはしらなんだ…。おかしいな…その頃がっつり見ていたはずなのになんでまるっとすっきり記憶に残っていないんだ私…。私の記憶力ってどうなってるの…。

ラストに一部歌詞をもじって「情けねぇ」をもってくるのもまたなんかじんときました。
「情けねぇ」
大仰にしかめっつらして歌ってみせたタカさんと、穏やかな表情でふんわりと、ところどころ強めに歌ってみせたノリさんと、「バラエティを滅ぼすなよ」 「フジテレビをおちょくるなよ」 とメッセージを送る、なんてかっこいい終わり方なんだ…!! とジーンときました。
「みんな時代のせいだと 言い訳なんかするなよ」とか「この世のすべてはパロディなのか」とかね、沁みる。沁みるよ。これを最終回のラストにもってくるかぁぁぁ! しかも尚ちゃんだし。尚ちゃんのサックス好きなんだよぉぉぉ。やっぱりサックスちゃんとやろう…(家の片隅に転がってるまま数年…)。
思い出しました。そうでした。とんねるずはいい歌多いんだった…!! 野猿もかっこいい歌多いけど、とんねるずもいいんだよ…!! 康・次利コンビがいい曲をさ…!! みなさんのエンディングに使われてた「星降る夜にセレナーデ」とかめっちゃ好きだったなぁ…。あれはたしか玉置さんが作曲されていたような…?  あの番組でエンディングがこのしっとりしたかわいらしい曲で。ああ懐かしい。
と思い出したので、今朝はとんねるずを聴きながら通勤しよう、と思ったのにiPodには入っていなかったよ…。そうかあれはCDからテープとかMDにダビングしていた時代だ…。残りの分数と格闘しながら、いかにうまく空白なく入れ込むかに腐心した時代だ…。

いつからか見ることがなくなってしまった番組でしたが、毎週楽しみに見ていた番組でもありました。
またひとつの時代が終わったんですねぇ…。
スタッフさんを巻き込んでいろんな企画をたてたりもする、いい意味でアットホームな番組でもありました。使えるものはなんでも使う、みたいな。それでいて時々とんでもないものを作り出したりもする、エネルギーのある番組だったっけなぁ。
時代の流れに応じて、コントやパロディから姿を変え、食わず嫌いとか、そういったものに変貌していったのも懐かしい限りです。
フジテレビっておもしろいね! という印象を植え付けられた(ってどういう…w)のは、私にとってはこの番組でした。
みなさんのおかげでした。 ほんとに過去形になってしまう日が来たとは…。
お得意の扮装をすることもなく、笑いに紛らわせることもなく、シンプルにマイクの前に立つ。歌に託した強いメッセージ。
かっこいい番組の終わり方だったなぁ。
お疲れ様でした。
楽しい時間をたくさんたくさん、ありがとうございました。

ばーい、せんきゅー!

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

Happy B-Day to Ayrton senna!

雪予報を「んなばかな。どうせちらっと白いの落ちたなー、くらいでしょw」と鼻で笑っていたのですが、本当に降ったわ…!! というわけで、今年は恒例のケーキタイムは持ち越したんですけれども(雪の中、わざわざ出かけてケーキ食うほどの律儀さはない)、3月の雪かぁ、ちらほら見かけた桜の花がまた散ってしまったかねぇ、と家から一歩も出ずに過ごしました。
レポの続きを書くなり、溜まっている雑誌を片付けるなりすればいいんですが、ダラダラしていたらまたもや夜になっていてびっくりですね! というか、隙あらば寝てました。どうもまだ本調子ではない模様。風邪の症状は治まったんじゃないかと思わなくもないんですが、しつこく咳が残っていまして、これはもしかしなくても喘息一歩手前のアレか…? 今年もまたアレに見舞われてるのか私…?
毎回、反省するんですけれどもね。体質改善せねば…!! って。呼吸法を学ばねば…!! って。でもさぁ、治っちゃうとさぁ、忘れるんだよねぇ…。

そんな今日は、アイルトン・セナさんの58回目のお誕生日でした。
58…!!
そうか、生きていたらもうそんな歳になっているのかぁ…。
亡くなって20年をとうに数え、セナの享年をとっくに追い越してしまいましたが、それでもやっぱり、一等賞はセナなんだよなぁ、と開幕が差し迫っているF1ネタを眺めつつ思っていました。
強烈な印象を残して駆け抜けて行ってしまった人でした。
もっともっと、レースを見たかったなぁ…。
今しかないんだ、いつかなんて来ないかもしれないんだ、ということを嫌という程思い知らせてくれた人でもありました。そう、だから、今やらないと…いけないんだよ自分…。
反省しながら寝ようと思います。
あっ! でもそうだ、つい最近チャレンジしたことがあったんですよ…!!
昔っから、憧れてやまない服がありましてね、Gジャンと革ジャンなんですけど。あれをカッコよく着こなしたいのです。主にトムクルーズ先輩とかね、そういうイメージ先行型なんですけれども。
が。
これがもう致命的に似合わない。
どうしてこんなに…と泣けるほど似合わない。
カッコよく着こなすには、すっとした足がいいと思うんですけど、全くすっとしてないので、どうにもこうにも…。
が、私気がつきました。今が一番若いのだということに。過去にはもう戻れない。ということは、今が一番若い。そう、今やらずにいつやるの!!!!!
そう思った私は、ユニクロで散々試着した挙句、革ジャンをゲットしました…!! 合皮だけど!! 合皮でいいの!! 本革なんて面倒くさそうだし高いし重いし!
デニムジャケットはどう頑張っても鏡の中の自分が野暮ったすぎて無理でした…。ふっ…。憧れを抱き続けるものがあってもいいじゃない…(負け惜しみ)。
革ジャンというか、ライダース…? ま、そのあたりの違いは私にはとんとわからんのですが、憧れてやまなかった革ジャン(もどき)を着ている! というのが楽しい日々です。買ってみるものだわ…!! 脳内イメージとの若干のズレは見ないことにしてw

そんなわけで、今やらないと…!! を思い出す日なのでした。
今日と、あと五月の命日にね。
どうでもいいことですが、セナの誕生日の二日後が祖母の誕生日で、セナの命日の二日後が父の命日で、父の誕生日とつよしさんの誕生日が1日違いです。
1年365日あるんですけど、と呟きたくなります。
余談でした〜。

(どうでもいいことならスラスラ書けるんだこれが…)

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

カーリング女子3位銅メダルおめでとう!

昨日の今日で対イギリスかぁ、どうかなぁ、と思っていたりもしたんですが、ど素人の私でさえ、おや? これは昨日とは違うな? と思う展開でした。
おめでとうおめでとう! ほんっとうにおめでとうございました!

夏、冬とも五輪にさして興味関心を持たない私ですが、カーリングだけは興味津々でした。
初めてこの競技を知ったのは、長野五輪の時で、敦賀選手がこぼした一粒の涙が印象的で、イケメンは正義、とか思っていたりもしたんですが(俗物…)、何しろ謎すぎるスポーツじゃないですか。
まず、投げ方の姿勢に度肝を抜かれる。日常生活ではまずお目にかからない姿勢。むしろなぜあの姿勢を保てるのか。体幹? 柔軟性? そこから繰り出されるのが石。石を滑らせる。なぜだ。
さらに、選手が手にしているのはモップ。違う、ブラシ。
そのブラシで氷をこすって石をさらに滑らせてるのか止めようとしているのかええっと…?
片足で蹴り、片足で滑る。あれはやってみたい。ものすごくやってみたい。
4人中3人は半袖だったりするのに、一人はものすごく着込んでいる。
というビジュアルからして謎が多いカーリング。ボーリングみたいなものかと思いきや、中心に近い方が勝ち。でも、初めっから中心を狙うのではなく、ガードを置いたり、ガードを外したり、また置いたり、ガードに隠すように置いたり? 弾きつつガードにしてみたり??? 点を取った方が次のエンドでは先行になるので、相手に1点取らせて勝つ、みたいなこともあるらしい。となると、ボーリングというよりチェスとか将棋みたいな…? さらに、そこにうまく置いたり誘導したりするためには技術もいるだろうし、体力もいるだろうし。
解説を聞いても、理解できた、とは全く思えなかった複雑なスポーツ。なのに見た目はお掃除している人みたい、かと思えば片足で滑ってるし、とおもしろさしかないのですが、なにぶん、作戦やら戦略がど素人にはわかりづらく、解説を聞いてもよくわからない。優位にすすんでいるのかと思いきや、選手は苦い顔をしていたりして、あれぇ? と思ったりする。
このわからなさが面白いw わっかんねー、と思うおもしろさ。
そんなわけで、冬季五輪ではカーリングを注目しているのですが、それに輪をかけてこの女子チームが面白くてw 漏れ聞こえてくる「そだねー」とか「ないっすー!」もそうなんですが、会話が面白い。友達どうしの会話のようで、ついつい聞き耳を立ててしまいました。
印象的だったのが、スイス戦だったかな? 勝てば無条件で準決勝に進める、という試合で負けた後のインタビューで、ポロポロ涙をこぼしながら、「私がもっとしっかりしていれば…」と話していた吉田知那美選手に、「そんなことないけどね」と返していた藤澤選手、その時、二人の後ろを通って行ったスウェーデンの選手に声をかけられ、どうしたの、なんで泣いてるの? みたいな感じの笑顔にうぇぇぇん、とばかりにハグしているうちに吉田選手にも笑顔が戻って、というやりとりがとてもとても印象的でした。インタビューしていた記者さんもすっと引いて待っていたのが良かったんですよぅ。
泣き笑い、そう、これこそ女子…!! みたいな(笑)。
明日、仲良しのスウェーデンチームが優勝して、表彰台で隣同士に並んできゃっきゃきゃっきゃしたらいいのになぁ、と思ってますw

時間的に女子ばっかり見ていたんですが、女子の試合になれてると、男子の試合はこれまた異次元で、なんだあの速さは、とか、パワフルさは、とか思ってこれまた唖然としてしまうのですが、いやぁ、カーリングは奥が深そうだ…。やっとわかりかけたかなぁ、というタイミングでこれまた五輪が終わってしまったので、4年後はまた一からええと…と迷う羽目になりそうですw
何はともあれ、いい試合といい笑顔を見せてくれてありがとうございました。
もぐもぐタイムもね!
銅メダル、おめでとうございました!


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

明けましておめでとうございます

そして、こういちさん、39歳のお誕生日おめでとうございます!
来年の大台に乗るタイミングでは同じ空間にいられるよう、心を鍛えます…! たとえ、会場がど、どこであっても…!!(ちょっとよろよろしておるな…)

ここ数年、ジャニーズカウントダウンライブの模様をテレビで見るたび、疎外感というか、置いてけぼり感に苛まれていたのですが(だいぶ大げさ)、今年はそうでもなかったな…? と不思議な気分で見ていました。あれか? 東京にはいないとわかっているからか? でもそれだと去年…去年…? 去年の記憶は何処…?
何はともあれ、京セラと中継繋いでくださってありがとうございましたー! 39歳のこーいちさんを見られたよ…! (TV越しだけど)
まさかのオーケストラ舐めからのふたり、という登場に、あれ? アニバ…? え? KinKi Kidsコンいまから…? と大混乱をきたしましたが(笑)、お話もちらっとあってよかったなぁ。でっかい薔薇の花束も、10周年の時よりグレードアップしましたね。っていうかあれ、重いよね…? 花束って結構な重量あるよね…?
しかし何より、あの真紅の薔薇を背負って何の違和感もない39歳、というのが素敵すぎました。
誕生日おめでとう! からの、じじい! って言ってたのは長瀬くんだったのかな? 大笑いしてから、「同じだから! 長瀬、同い年だから!」とトドメを刺しにくるこーいちさんがおっとこまえでした(そこ?)。
そういや今回、トニーのやつはしくじらなかったですね? こーさんもタッキーもいなかったから、選曲外したんですかねー? イヤモニなしの東山パイセンが光っておられました。
しかし…Jフレみたいっすよ…そろそろJフレみたいっす…。もうきっと、存在を知らない世代も増えてきていると思いますけど、同窓会やろうよ…。

さて、カウコン放送を見終えて早速5年ダイヤリーを開き、書き込み、満足気に閉じてから、あれ? と気付きました。待てよ、1月1日ってもしかして始まったばかりでは…?
年明け早々やらかした感のあるわたくしですが、本年もどうぞ温かく見守ってください。今年はもう少し、マメに、書けたらいいなと、思っております。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

うたかたの季節 涼






…痛恨のミス。まさかの、タイトル変換ミス(苦笑)。何年やってるのわたし…(がくり)。
うたかたの季 涼 でしたーっ。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

良いお年を!

2017年も残すところ1日となりました。
大晦日と元日を家で過ごす2年目。去年は熱をだして寝込んでいたのですが(ドームに行かねば…!! という状況だったら熱出してなかっただろうなー、と周りも本人も思っていましたが 笑)、今年は特に体調を崩すこともなかったので、張り切って大掃除をしてみたら膝は痛いし腕は痛いし目は痛いし、で、大晦日はのんびり過ごすことに決めました。2日かけて大々的に掃除しようと目論んでいたのに…(苦笑)。
昨年は紅白を何年ぶりかでがっつり見る、という時間になりましたが、今年はカウコンで中継あることを祈るのみですねぇ…。個人的には、ハープ1本バックに歌い上げるハモデを全国中継しちゃいなよ! と思っているんですが、まぁないかな…。ないだろうな…。


2017年を一言で表すならば、「20周年」に尽きるかなと思います。いろんな意味で。いろんな意味で、20年を噛み締める年だったかなと。
20周年突入イヤーから始まった20周年。突入イヤーってのはなんなんだ…19周年だって一度しか来ないんだぞ、と思っていたりもしましたが、いろいろありましたね、20周年。
えー、あんなこともこんなこともそんなこともしてくれちゃうんですか…!! やばいどうしようついていけないかも頑張らないと…!! からの、…え? なんて? えええ!? という突発すぎる突発スタートで、その分いろいろなものを、それこそ、いつもなら見せないものだっただろうものまでも見せてもらったあれこれでした。
笑顔の強さとか。
優しさだだ漏れっぷりとか。
にじみ出る覚悟とか。
そうか、これが20年か…、と思うことが度々ありました。それは、ふたりにだけではなく、ファンの皆さんの対応にも。
個人的に一番印象深いのが、浜スタ初日、冒頭でこーいちさんが「よかったぁ、みんな来てくれて」と笑い混じりに言った言葉と、それに対して「あはは、来るよぉ」みたいな感じで受け止めていた会場の空気感です。あの時に、あー、私、こーいちさんも、KinKi Kidsファンの皆さんも大好きだー、と思いました。ボケ倒してきたつよしさんも含め。
みんなそこそこ不安で、でも大丈夫! というどこか自信みたいなものもあって、それが20年という月日を重ねてきた

…!?

なななななんだ!? なぜか突然、それまでなったことのないアラームが作動したんですけど!? おはようございます。はい起きてー。といううぃあきん時計が。一度たりともセットしたことのない(おい)アラームが。ああびっくりした…。なんでこのタイミング…どうせなら24時間後にしておいてよ…(現在12月31日0:00)。

えーと…何を書こうとしていたのか…。
えー…、いろいろあったし、あれこれ大変だっただろうし、思うところもありましたが、それでも、「すべてを受け止めるさ…!!」 とどんと構えて入られたのは、20年という月日を重ねてきたふたりを見てきているから、というのが大きいんじゃないのかなと思っております。そりゃもう…それなりにいろいろありましたよねぇ…思い返してみれば…。
そういや今日のカウコン直前SPみたいなやつ。イノッチの太一くんの同窓回的なノリのアレ、やってほしいよJ-フレ!! と激しく同意しつつ、20年あると(いや、一年やってないですよね? 年男の時にね?)いろんなことがあるよね。誰あれ…みたいなことから、MA!! MA!! MAだ…!! とかさ(くすん)。
(アンダルシアに憧れてない長瀬くんの話とか、Jフレ結成当初、KinKi Kidsがいてくれてよかった、あいつらに任せた! と思ったもんね。人気の部分ではね。ガヤは任せろって! と笑いながら話してくれていたイノッチと太一くんありがとう〜!!)
(お誕生日こーさんとか、滝沢くんとの座長ペアとか、ミッドナイトなKinKi KIdsとか、麗しでした。懐かしい。あれも見たかったなー、夜空ノムコウを歌うKinKi Kids)
(いろいろやらかしてるKinKi Kidsもみたかった…)

いかんわ、話がどんどん違う方向に…。
20年あるとそりゃもういろいろあるし、それなりに年を重ねて経験も増えるし(笑)、若い頃なら一大事! となったことも、今なら、あーあるある、そういうことあるよぉ、と受け流せるようにもなるし、逆に、20年見ていたつもりで気づいていなかったなぁ、と思うこともあったりするわけで…。
なんという20周年。

逆に、変な言い方になりますが、このあれこれ盛りだくさんなタイミングでの発症だったからこそ、オンタイムで我々も知ることができたわけでして、これが、特に何も予定のない時だったらば我々にまで伝わっていたのだろうか、などとも思ったりもするのでした。
もし、表に出さざるを得ない状況ではなかったら、あれもこれも見られることなく、スマートに過ぎ去ってしまったのかなぁ、などとも思ったり…。もちろん、万全の体調で参加できなかったつよしさんは悔しいだろうし、悲しかったでしょうし、このタイミングでよかった、などと言えることではないんですけれども。

うーむ、年の終わりのご挨拶にしてはなんとまとまりのないものになってしまっているのやら…。

20年という月日をしみじみと思う、そんな2017年でした。
来年はどんな年になるのかな。
穏やかな、優しい時が流れるといいですね。

まずは、京セラドームでの二日間、楽しんで過ごせる時間でありますよう、家で寝っ転がりながら祈っております。


本年もお世話になりました。
来年もどうぞ、皆様にとって素敵な一年でありますように。
良いお年をお迎えください。

うたかたの季 涼

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
Gallery
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・