ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
Endless SHOCK 2017
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2017
主演1500回達成記念公演

2017年2月1日~3月31日
 帝国劇場 全78公演

2017年9月8日~9月30日
 梅田芸術劇場 全30公演

2017年10月8日~10月31日
 博多座 全30公演


KinKi Kids Party!~ありがとう20年~

・横浜スタジアム
☆7月15日(土)18:00
☆7月16日(日)18:00

☆管理人両日参加予定です!

ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

梅芸千秋楽おめでとうございます!

Endless SHOCK 2017 梅田芸術劇場千秋楽、おめでとうございます!
9月8日初日、9月30日本日にて全30公演、最後の最後まで無事に幕が降りることを願っております。

千秋楽に乾杯☆


(博多座…行きたかった博多座…)
  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

衝撃のDESTINY

タイムボカンのOP、だ、と…? それも月替わり3バージョンだと…? ソロ、ソロ、ときてのKinKi Kids、だと…?
そのうえおまけにタイトルが 「DESTINY」 だ、と…!?

大丈夫か、土曜の夕方のお茶の間を一気に悲劇めいたどこかに連れ去らないか。大丈夫なのか。ほんとに大丈夫なのか。

とうっかり心配してしまうほどには衝撃を受けました。びっくりしたなぁもう。
たいむぼかんたいむぼかんたいむぼかん…。確かえっとあんな感じ…いやまてよそれはどのアニメ??? というくらい、あまりにもピンとこなかったタイムラグにちょっと涙ぐみつつ、公式サイトを覗いてみたら、絵柄がまるっとイマドキになっていて、絵を見たら思い出すかなとうっすら抱いていた期待感が粉々になりこれまた涙ぐむ事態に陥ってしまったのですが、そう、これもDESTINY。
アニメの内容はさておき(いいのか? さておいていいのか?)、10月はこーいちさんソロバージョン、11月はつよしさんソロバージョン、そして満を持して12月にKinKi Kidsバージョンという3パターンでのオープニングテーマになるのですね。が、これはいったいどこまで違うのかが気になるところ…。むしろそこがとても気になるところ…。まさか、ソロパートをつないだだけ編とか、そんなことじゃないですよね? ないよね? アレンジ違いとか、そのくらいはしてくれるんですよねぇぇぇぇ!?
しかし、これ面白いですね。奇しくも7月の祭りのさなか、KinKi Kidsの曲をこーいちさんひとりで歌うことの違和感、というものを知ってしまった今、あえてソロ、ソロ、と畳み掛けてくるわけですもんね。ちょっと、攻めてる…!! 攻めてるじゃん…!! 新しい試みいいね…!! と久々にガッツポーズを繰りだしました。
なので、ソロパートをつないだだけ、とか、サビまでいかない、とか、そういう切り口は…やめて…と思ったけど、それはそれで面白いかもwww 10月はイントロ来てAメロで終わるバージョン、11月はなんとなくフェードインからBメロが始まってサビ前で切れるバージョン、そして、いきなりサビから始まるバージョン、みたいなwww やだなに妄想楽しーい!!
オープニング曲を担当するという企画自体は前々から進んでいたのだと思うんですが、3か月をパターン違いにしよう、となったのっていつなんだろうなー? あれを乗り越えたからの、だったらすげぇなぁ。うきうきするなぁ。
どんな形での3パターンになるのか、とっても楽しみです♡ (ハードル上げてる。上げてるで自分)

公式サイトこちら→ 「タイムボカン 逆襲の三悪人」
2017年10月7日(土)スタート 日テレ毎週土曜日17:30~18:00

※9月30日土曜日17:30から放送の「僕のヒーローアカデミア」なる番組で初披露されるそうな。前番組のようなので、予告がちらっと流れるってことですかね?


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

多部未華子さん、池田鉄洋さん、乃木坂さん@ブンブブーン

私はそろそろ暇になってもいい頃合いじゃないかと思うんですけれどもねっ!?
と虚空をにらんでいる今日この頃です。まさか、9月がそろそろ終わるだと…? ダレガイッタイイツソンナコトヲ…?
ああなんでカタカナになってるんだ…めんどくさいからこのままほっとこう。

ですがぶんぶぶーんは見ました。
巫女さん多部ちゃんがかわいかったのと、意外としれっといろいろできる子なんだなってのと、こーいちさんの白袴姿が堂々としていてあらいいじゃない! と思ったことを覚えてます。ゆかたはいまいち貫禄が足りないな…と見るたびに思ってしまうのですが(主に腰回りが細いので)、白袴だと気にならなーい。いやむしろ、すっきり神主さん! イケメン神主! という感じでものすごくご利益ありそう…と涎をたらし…はっ。
神社のお仕事体験で紙垂をつくっていらっしゃいましたが、え、は、刃物つかっていいんだ…!? と妙なところに反応してました。いや、なんとなく使っちゃいけないものかと…。作り方を見知ってしまったふたりはお祓いの時とかにしげしげと眺めてしまうのでしょうね。ふふふ。あ、そうそう、さらっと「この仕事をしているとこういった場所にくる機会多くないですか」とか、「ヒット祈願」とか、なにかが垣間見えた気がした回でもありました。なるほど…。


そして、乃木坂さんゲスト回。私、この日初めて、「はっ! 乃木坂さんは48ではなくて46なのか!!」と知りました。つよしくんありがとう。
でもって、お蕎麦回では見られなかったこーいちさん(とつよしさん)が卵料理に挑む光景を別撮りしてくださっていてありがとうございまーす!! 前回、前回じゃないのか、えっと、以前はゲストの…誰だっけ…だけが玉子巻きを作っている映像が流れて、こーいちはつくらんのかーい! と思っていたので…。この日はつよしさんはお休みの日でしたね。
それにしてもお題がオムレツとは…。これは、お子様がいらっしゃる家庭でもなければなかなか作らんよねーw
最近は、オムライスでもこれ系のふわとろオムレツが乗ってるパターンも多いようですが、私は昔ながらのきっちり焼いてある玉子で包まれてる系のほうが好きです。←どうでもいい話。
意外と(意外とって…)こーいちさんが一番上手だったのにびっくりしました。味付けはしていなかったようですけど…w ふんわりさせるには牛乳(もしくは生クリーム)大事っすよねー。あと砂糖。キリッ。

その後はふたりはおもに筋トレで盛り上がって、ゲストさんはお料理を学ぶ、という不思議な回でしたが、ビーフストロガノフとあとなんか…インスタ映えする(らしい)サラダ? あの手の形つくるサラダってさ…とヒネた目で見てしまった私ですが、最終的にはゲストのお三方の誰もインスタをやってない、という見事なオチが秀逸な回でした。
しかしなぁ、こーいちさんじゃないですけど、せっかくなぎなた構えての登場だったわけだし、それ系のことをしたらいいプロモーションになっただろうにw 殺陣ならそこのふたりもきっとノリノリでやってくれたはずなのにw


しかしまぁ、芸能界もいろいろある昨今ですねぇ…。まさか、たきつばが活動休止する(というか、宣言するとは、みたいな…)とか、安室ちゃんが引退を宣言するとは思わなんだ…。生きているといろいろあるねぇ…。
でもって私の年末年始の予定ってどうなりますか…? おせちの早割り頼んでも平気なスケジュールになったりするんですか…?(しょぼん)
まぁでも、ドームはまだ…難しいんじゃないかねぇ。そうでもないのかなぁ。なにかおたおめができるといいんですけれどもね。ね。


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

F1GP2017 R.14 シンガポール

ナイトレースのシンガポール、なんだかんだで過去雨がほとんど降っていなかった(らしい)ところへ来て、雨がいろいろ演出したレースになりました。


予選結果
VET VER RIC RAI HAM BOT HUL ALO VAN SAI / PAL PER KVY OCO GRO / MAG MAS STR WEH ERI

くねくね市街地コースなのでここもメルセデスは得意としていないコースだったわけですが、本当にタイムが上がってコナーイ…、というくらいの結果になっていますが、Q1が一番楽しかったかもw

Q1:VER RIC ALO SAI VAN HAM PAL KVY HUL BOT RAI VET PER OCO GRO
何この新鮮な並びwww

もちろん、メルセデスやらフェラーリやら、という上位勢は一度しか出なかった、とかあるんですけど、夢見たわぁ。マクラーレン・ホンダは今年限り、とようやく発表されたその直後の予選で最高順位キター! ってなるんじゃないかとか一瞬夢見たQ1でした。最後にねぇ、ルノーをぶっちぎって欲しいんだけど、もう難しいかな…。


そこからの、まさかの、決勝結果。

決勝結果
HAM RIC BOT SAI PER PAL VAN STR GRO OCO / MAS WEH
RET:MAG HUL ERI KVY ALO VET VER RAI

いやもうびっくりですわ。びっくりですよ。
決勝前に降った雨の影響でウェットスタートとなり、初のウェットナイトレースになりました。
で、まぁ、誰がやらかすかなうひひ、とか思っていたわけです。SC先導でのスタートかと思いきや、普通にスタートでしたし。ただね…それね…、上位勢じゃなくて中団以降でやらかすと思っていたわけですよ…ふっ。

まずですね、ライコネンがとてもいいスタートを切りました。前にいたフェルスタッペンはそう悪くもなかったと思うんですが、良かったわけでもなく、伸びがイマイチだったのかな?
でライコネンがイン側からフェルスタッペンに並び、フェルスタッペンはその分のスペースを空けておこうとしたものの、アウト側からかぶせてきたベッテルがいて、サンドイッチされたフェルスタッペンがライコネンに当たり、ライコネンがコントロールを失い、アウト側からかぶせてきたベッテルのサイドにぶち当たり、で、それからもうめっちゃくちゃのはっちゃめちゃです。ライコネンとたっぺんはその場で止まり、後ろからこれまたいいスタートを切っていたアロンソも割りを食って最終的にはリタイヤする羽目になり、3列目からのスタートだったことが功を奏したのか、ハミルトンがうまく隙間をぬって順位を上げ、で、ベッテルはその場では止まらなかったものの、その後単独スピンしてクルマを壊して終了、と。
DAZNの解説陣はみんなして、あれはもう仕方ない。運が悪かった、という態度だったのですが、いやいや、あれはベッテルが考えなしでしょ…相変わらずすぎでしょ…と私は思っていました。あの人の、他の人を押し退けるやり方って変わらないよねぇ…。タイトルを争っているドライバーが一番やっちゃダメなやつでしょ、あれ。せっかくハミルトンの前からのスタートで、しかもこれまた抜きにくいサーキットなんだから、スタート大事に行けばいい話でしょ…。ハミルトンの前で一周して戻ってくるのがまず大事でしょ…。今年リタイヤばかりのたっぺんをあそこまで意識して、押しやる必要ないでしょ…。
まぁでもどうせ、解説陣の皆様はそうは言わないんでしょ、みたいなやさぐれモード発動しました。
しかし…たっぺんの厄は落ちそうにないですねぇ。今回はどうかな、と予選後に呟いたらまさかのこんなことに。いやはや。そら、レース後の審議を待つ表情もサバサバするよねぇ。もうどうしようもないよ、ひゃっはー! くらいのものですわなぁ。
そして、ライコネンもまたお祓いに行ったほうがいいと思うわ…。スタートが悪くても巻き込まれ、スタートが良くても巻き込まれ、って一体どういうことなん…っていう。
それを考えると、ハミルトンはすげぇわ。あの予選結果からまさか優勝するとは思えなかったわ…。

というわけで、ほぼスタートで決まってしまったレースでした。
あとは何ていうか、もう一回雨降るのいつかなぁ、と思っていたりとか。SCは何回入るのかなぁ、とか、そのくらいだったかなぁ。←酷い。
あ、そうか。えっと…トロロッソだっけかな? 二人のドライバー共に、チームラジオに対して、頼むから黙ってて! みたいなやり取りをしていたのが流れたのが面白かったんだったw その後でクビアトは単独クラッシュしてるしw ほぅら、だから言ったじゃない、みたいなw
ただでさえ、路面が乾きつつはあるものの、まだ全体が乾いているわけではない難しいコンディションで走っているのにごちゃごちゃ言わないでよ、ということなんでしょうかね。シンガポールだし、夜でも蒸し暑いとかあるんかなー?
あとはハミルトンのSCに対するぼやきとか、ウェットで引っ張り続けたマッサがいち早くドライに変えた、とか、スタートで2台ともリタイヤしたのに何故か首脳陣がモニターの前でずっとレースを見ていたフェラーリが国際映像に抜かれ、ルノー公式に「なにしてんだろ?」と呟かれてたりとか、そのくらいでしょうかね。そういやシンガポールのドライバーオブザディは誰だったんだろ? 今回は一体誰に…と思い付かずに投票できませんでしたー。(なるべく投票するようにはしてます)。


さ、次はマレーシア。そしていよいよ連戦で鈴鹿です。もうかー。もう鈴鹿がやってくるのか〜。




  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

F1GP2017 R.12 ベルギー & R.13 イタリア

例年になく8月もバッタバタでいつの間にか終わってた、と思ったらまんまと体調崩して寝込んでおりましたぐぬぬ。忙しさが一段落すると寝込む癖はどうにかならんものか…(望遠)。
そんなわけで、いまだ関ジャム…関ジャム? を再生できていない体たらくです。それ以前に7月のアレとかコレとか…。,アレとかコレがもはやなんだったのかも忘却の彼方。
…。
はっ。ココハドコワタシハダレ?
ぼんやりしているあいだにシンガポールGPも始まってしまうので、あわてて出てきた次第です。
三週間の夏休み明け、後半戦スタート、からすでに2戦終了して3戦目間近という。おっかしいなぁ…。

ベルギーはスパフランコルシャン。ライコネンのお得意コースともあって、わたくしも期待していたんですが…。
まぁ…こうなるよね…と思っていた記憶がうっすらあります。うっすら。

予選結果
HAM VET BOT RAI VER RIC HUL PER OCO PAL / ALO GRO MAG SAI VAN / MAS KVY STR ERI WEH
※パーマーはギアボックス交換で5グリッド降格、マッサは黄幡無視で5グリッド降格、バンドールンはいろいろ交換で66グリッド降格、クビアトは5基目のエンジン投入で20グリッド降格、エリクソン、ウェーレインもギアボックス交換で5グリッド降格
スターティンググリッドは、9番手まで変わらず、10番手から、ALO GRO MAG SAI PAL STR MAS ERI WEH KVY VANの順に。

えっと予選予選予選予選予選…。
予選…。
ええと…。
FPで調子が良かったライコネンでしたが、予選ではこうなるのか…というバイブレーション問題で、おまけに最後は自分がミスったとかでアタックをやめてしまったという予選、だったような。
ストレートだったっけかな…? マシン後方を映した映像がとらえていたタイヤぶるぶる映像にぶるぶるしました。うわぁなんだあれ…。


決勝結果
HAM VET RIC RAI BOT HUL GRO MAS OCO SAI / STR KVY PAL VAN MAG ERI
RET:PER ALO VER WEH

静かに見ていた予選とは異なり、決勝はそれなりにいろいろ…あった…ような。ライコネンにはそんなにいろいろありませんでしたけれども。
まずは、オレンジの大応援団がかけつけてきていたフェルスタッペンがここでもまたトラブルに見舞われ、コース脇にストップせざるを得ないという…。
ほんとに…なんていうか…お祓いしたほうがいいよ…と思うのでありました。
首を振り振り、信じられないよ…とつぶやきつつマシンを端に寄せていく、今年よく見る姿になっちゃっているのがあれですけれども…。

で、そのマシン撤去のために、イエロー区間となったわけですが、そこをするっとスルーしていったのがライコネンで、のちに、10秒ストップのペナルティを食らいます。これは結構重い。10秒加算、ではなく、ピットレーンで10秒止まりなさい、なので、このペナルティはかなり重い。
でもまぁ、マシン撤去のためのイエロー区間で十分減速しなかったことで数年前に鈴鹿でね…ということもあったので、格別重すぎるペナルティ、とは思えませんでした。が、ライコネン激おこ、の無線が流れましてですね。なんでペナルティ? コースサイドに止まっていただろ? みたいな感じですかね? 別に減速する必要なくね? という、まぁなんというか、ごもっともなご意見だったか知らんとも思うわけですが、イエロー区間だからねぇ、せめてなんとなく減速してるっぽいこととかですね…。
しかしそこはフェラーリもすぐに呼び戻し、10秒ストップペナルティを消化。確か、すぐ入らないとこれまたピピー! ってやられるんでしたよね?
予選順位もアレで、スタートでびゅん、ということでもなかったので、この10秒ストップはかなりきついなぁ…と見ていたのですが、のちにフォースインディアの同士討ちによってSCが入り、そのおかげでギャップが縮まったので助かったねぇ、みたいな。

いろんなドラマを引き起こした一番のドラマが(なにを言ってるのかいまひとつ…)、フォースインディアの二人でした。
これまでにもあちこちでやりあっていた二人ですが、ここにきて、これはダメだよ…な事態に発展。主にペレス?
スタートでもエキサイトしていたっぽいのですが、あれはまぁ仕方ない部分もあるかなぁ。インドのふたりともうひとり…ルノーだったっけかな…誰だったかがアウト側にいたので、あれは行き場をなくしてるところもあったかなと。
が、その後に、同じような状況でこれはやっちゃだめでしょー、という同士討ちを披露。今度はインドのふたりだけで、ほかには誰も登場しない、という所がダメなポイント。
サイドバイサイドでオールージュに向かったオコンとペレス、オコンはタイヤ交換したばかりだったんだっけかな。ペレスよりペースがよかったのかしらどうかしら…。イン側について並びかけたオコンを壁側においやるようなブロックラインを取ったペレスのリアとオコンのフロントウィングが接触、ペレスのタイヤがパンクしてペレスは事実上ここで終了、みたいな。なにしてる…という気もしなくもないわけですが、ふたりしかいないところでわかりやすくやりあっちゃあだめだよぉ。と思いつつにやにやしていた私。

この接触でSCが導入。これで10秒ストップペナルティをくらっていたライコネンの傷がだいぶ浅くなりました。
SC明け、うまくポジションを守ったハミルトンと、リカルドに前を取られ、逆サイドからライコネンに並ばれたボッタスは2つ順位を落とす羽目に。これはあれだなー、リカルドもライコネンも、相手を見てやってるなー、などと思いましたまる。これがハミルトン相手だったらたぶん、3ワイドで並んだかなぁどうかなぁ…?

そんなこんなのスパでした。


そして、第13戦イタリアはモンツァサーキット。フェラーリの聖地です。ティフォシのお祭りです。

予選結果
HAM VER RIC STR OCO BOT RAI VET MAS VAN / PER HUL ALO KVY SAI / MAG PAL ERI WEH GRO
※レッドブルの二台、バンドールン、アロンソ、ペレス、サインツ、ヒュルケンベルグ、パーマー、グロージャンとエンジン交換やらギアボックス交換やらまぁなんやかんやでたくさんグリッド降格処分。


雨でQ1の残り13分といったあたりで赤旗中断。ディレイに次ぐディレイで、結果2時間半待ちというwww これはなかなか…w しかし、DAZNの実況サッシャさんがおっしゃった通り、「みなさん、朗報です。今日は土曜日です」 そう、今日ならいくら遅れても大丈夫だぜ!
と思ってはいましたが、まさか本当に2時間半待って再開するとは(笑)。もうやらないと思っていたのになぁw
決勝レースよりも長い時間、ひたすら、「あと15分後にもう一度状況を判断します」と言い続けられたあの2時間半。しかし、おかげで面白い結果を見ることになりました。いやぁ、まさかのストロール…!!
ライコネン先輩はいったいなにがあったのか。さっぱり覚えてませんw

スターティンググリッド
HAM STR OCO BOT RAI VET MAS KVY MAG PER / ERI WEH VES HUL SAI RIC PAL VAN ALO GRO
なにがどうしてこうなった…状態ではあるものの、フロントローにストロール、そしてセカンドローにオコン、というこのふたりがキーポイントではありました。フェラーリのふたりもなんとか3列目からスタート。ラッキーだったねぇよかったねぇ。

決勝結果
HAM BOT VET RIC RAI OCO STR MAS PER VER / MAG KVY HUL SAI GRO WEH
RET:ALO ERI VAN PAL

スタートでは、え、そこまでカバーに行く? というくらい、ストロールに迫っていったハミルトンがおもしろかったです。万が一にも前に行かせるわけには…!! 的なことでしょうか。得体がしれないですもんねぇ、新人さんたちは。
そして、珍しくスタート直後からサイドバイサイドで引かずに頑張ったライコネン。相手がボッタスだと結構ぐいぐい行くねw そして無理はしないボッタス。いずれ抜ける、という余裕なんかなー? と思っていたらさっそくその周終わりだったかにあっさり取り返されてしまってああんもう! みたいな。
予想外の(と言ってはアレかもですが…)ストロールとオコンをどう処理していくか、というのが序盤の見せ場でもあったかと思うのですが、ボッタスとベッテルは割とするっと行って、ライコネンは若干手こずった感がちょっと切ない…。結局、ライコネンはタイヤ交換でストロールの前に出て、オコンは…オコンはコース上で抜いたんだっけかな? スタートでは頑張ったライコネンですが、そのあとは結構…なんていうか…終盤、ぐいぐい来てたリカルドにあっさり抜かれちゃったり…。でもまぁ今回のリカルドはすごかった。後方からいつのまに…!! という着実な追い上げっぷりを見せつけてくれました。むしろ、せっかくノートラブルだったのにたっぺん…っていう方がなー。もったいないねぇ。

えっとあとは、アロンソのうらみつらみの深さですかねwww 前戦スパでもちょっとやりあっていたふたり(そして、どちらかというと、アロンソがパーマーを押し出してるように私には見えているんですけどw)、ここでもやりあい、コース外に出たパーマーがコースに戻ってきて順位を譲らなかった、としてアロンソがねちねちと無線でアピールをし始めます。ねちねちと。そりゃもうねちねちと。
まずは、順位を戻さなければだめだろう! と訴え、パーマーに5秒ペナルティが出たよ、というチームからの無線を冗談だろ?と鼻で笑い、しまいには、すでにパーマーはリタイヤしたあとだというのに、あいつどこいった、と言い続ける始末。しつこいwww
アロンソねぇ…。応援しているし、応援したいんですが、ファンと言い切れないのはこういうところかもしれないなぁ、としみじみしたモンツァでした。

そろそろホンダさんの来季も発表になるかなー? 個人的には、マクラーレンとは手を切ったほうがいいよ、とは思ってます。この3年のやりとりを見ていると、とても「ともに頂点を目指そう!」という姿勢には見えなかったのでねぇ…。新たなスタートを切ってほしいなぁ、と思っていますがさてどうなりますか…。

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事

祝☆梅芸初日!

Endless SHOCK 2017 梅田芸術劇場初日、おめでとうございます!

はっ!? えっ!? 梅芸初日!?
ってことは、9月が一週終わってるだと…!? と取り残されている感満載ですが、どうぞみなさん、体調お大事に…!!
ほんと、お大事に…!!!!!

まだまだ暑い(というか変な天気)も続いておりますし、太陽フレアで電磁波がどうたらこうたら(わかってない)とかいろいろあるっぽいですが、どうぞ素敵な時間をお過ごしくださいませ。
体調大事に…!!
(7月…いやむしろ6月あたりからのなんかわからないけどいろいろ忙しかった日々にやっと一段落ついた、と思ったらまんまと寝込んだ私が力説します。体調、大事…!!)

久々に出てきて何だこのエントリーは…。
落ち着いたらマタ―。
と言ってる間に梅芸千秋楽が来ないことを願ってます…。ココロの平穏クダサイ。

初日に乾杯☆

  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids
関連記事
Gallery
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・