ご訪問ありがとうございます。


KinKi Kidsさん、CDデビュー20周年おめでとうございます!
光一さんと彼を支えている方々、SHOCK1500公演達成おめでとうございます!
これからもますますのご活躍を祈念しております。

2005年7月28日から始めたこのblogも10年を数えました。
いつもありがとうございます。今後ともどうぞごひいきに…。

花束Kids 花束Kids 花束Kids 花束Kids


現在の閲覧者数:


Twitter & 読書メーター&mail

◇ツイッターもやってます。
F1メイン、あとはどうでもいいことをちょろちょろと…。
KinKi Kids要素は薄めですが、生存確認にどうぞw


 
Endless SHOCK 2017
-Endless -SHOCK
Endless SHOCK 2017
主演1500回達成記念公演

2017年2月1日~3月31日
 帝国劇場 全78公演

2017年9月8日~9月30日
 梅田芸術劇場 全30公演

2017年10月8日~10月31日
 博多座 全30公演


KinKi Kids Party!~ありがとう20年~

・横浜スタジアム
☆7月15日(土)18:00
☆7月16日(日)18:00

☆管理人両日参加予定です!

ジャニーズ最新情報
New Release!!

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市2017」
2017年12月6日発売
Blu-ray
(amazon)  (タワレコ)
DVD
(amazon)  (タワレコ)

・DVD & Blu-ray
「ぼくらの勇気~未満都市」
2017年7月19日発売
Blu-ray
(Amazon)  (タワレコ)
DVD
(Amazon)  (タワレコ)


・38th Single
「The Red Light」
2017年7月12日発売
初回盤A…Music Clip & Making
初回盤B…「僕だけの椅子」
通常盤…「Shiny」、
 「Million Secrets Of Love」
初回盤A
(amazon) (タワレコ) 
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・DVD&Blu-ray
「We are KinKi Kids DOMEConcert 2016-2017」
2017年7月12日発売
初回盤…2017年1月1日MC収録
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ) 
初回盤DVD
(amazon) (タワレコ) 
通常盤DVD 
(amazon) (タワレコ)


・Endless SHOCK original Sound Track2
2017年4月19日発売
初回盤:特別編集+インタビュー所収DVD
通常盤:BT3曲所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids
「Ballad Selection オフィシャルピアノスコア」
2017年3月31日発売
BTを含む全15曲の中級者向けピアノソロスコアとギターコード譜付
(ドレミ出版公式HP)  (Amazon)



・KinKi Kids
「Ballad Selection」
2017年1月6日発売
初回盤:ジュエリーBOX仕様
通常盤:「White Avenue」
「道は手ずから夢の花20th Version」所収
初回盤
(Amazon) (タワレコ)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) 


・KinKi Kids 37th Single
「道は手ずから夢の花」
2016年11月2日発売
初回盤A:3面6Pジャケット
 DVD「music clip & making」
初回盤B:2面4Pジャケット
 DVD「花と花(仮)」
 「マフラー」所収
通常盤:3面6Pジャケット
 「Pure Soul」
 「パズル」
初回盤A
(amazon) (タワレコ)
初回盤B
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids Concert2015-2016 DVD&Blu-ray
2016年8月10日発売
初回盤:44Pブックレット 
通常盤:オリジナルカード2枚

初回盤DVD
(amazon) (タワレコ)
初回盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)
通常盤DVD
(amazon) (タワレコ)
通常盤Blu-ray
(amazon) (タワレコ)


Now On Sale!

KinKi Kidsの最新アルバムほか


・KinKi Kids 15th Album
「Nalbum」
2016年9月21日発売
初回盤:DVD「なんねんたっても」Music clip&making
通常盤:「Summer~僕らのシルエット~」
「雨音のボレロ」

初回盤
(amazon) (タワレコ)
通常盤
(amazon) (タワレコ)


・KinKi Kids 36th Single
「薔薇と太陽」
2016年7月20日発売
初回A特典:Music clip & Making
初回B特典:特別映像
初回B,通常には別曲収録

初回盤A
(タワレコ)(amazon)
初回盤B
(タワレコ)(amazon)
通常盤
(タワレコ)(amazon)

・コンサートDVD/Blue-ray
「Memories & Moments」
2015年8月26日発売
初回盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
初回盤 DVD
(タワレコ) (amazon)
通常盤 Blu-ray
(タワレコ) (amazon)
通常盤 DVD
(タワレコ) (amazon)


・堂本光一 4th Album
「Spiral」
2015年7月8日発売
初回盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)
通常盤
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・堂本光一 1st DVD&BD single
「INTERACTIONAL/
SHOW ME UR MONSTER」
2015年6月10日発売
・TypeA Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeA DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB Blu-ray
(Amazon) (タワレコ) (7net)
・TypeB DVD
(Amazon) (タワレコ) (7net)

・「KOICHI DOMOTO
LIVE TOUR 2015 Spiral」
DVD・Blu-ray
2016年5月11日発売
初回盤Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
初回盤DVD
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回Blu-ray
(タワレコ) (Amazon)
通常盤初回DVD
(タワレコ) (Amazon)

-Endless -SHOCK

・「Endless SHOCK 1000th Perfprmance Anniversary」
2014年9月17日発売
初回盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net)
初回盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 Blu-ray
(amazon) (タワレコ) (7Net) 
通常盤 DVD
(amazon) (タワレコ) (7Net)

・Endless SHOCK 2012 DVD/BD
2013年9月18日発売
DVD(amazon)
BD(amazon)

・Document of Endless SHOCK 2012 ー明日の舞台へー
2013年2月6日発売
通常盤(amazon)

・Endless SHOCK 2006 DVD
通常盤(Amazon)


・「僕が一人のファンになる時」
2011年1月20日発売。
通常Cオリジナル栞付き(amazon)

・「僕が1人のファンになる時2」
2014年3月14日発売
通常C
(amazon)
(紀伊國屋書店)


・「エンタテイナーの条件」
2016年2月14日発売
初版A
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)
初版B
(Amazon) (紀伊國屋書店) (e-hon)


「オフィシャル・スコア・ブック~KinKiの歌本~KinKi Kids大全集」

エンターテイナーの条件vol.41

じーざす! と叫びたくなるのはこんなときであろうか、と天を仰いだ月曜の夜。
「”解散、引退”について思うこと」という回見出しに、くらっとしつつ、ブルータスお前もか…とつぶやきました。ええ、脳裏に浮かびましたとも。ああきっとハリウット映画で時折耳にする「ジーザス!」って叫ぶのはきっとこんな時、と思いました。ほんっとに今年はこの言葉よく聞くなぁ…!!
土日の間に平静を取り戻したというのにまた揺り戻されるんかーい。ニコの引退発表を受けて、来年か再来年あたりにはライコネンとかアロンソとかもきっといなくなっちゃうんだろうし、そうなったら私はF1を見るのだろうか…ついに私にも二度目のF1引退の危機が…(ちなみに一度目の危機はシューマッハ全盛期)、などと考え、だがまぁその時になってみないとわからないなぁ…と思い直し、日曜の夜のお楽しみだった真田丸も、水曜の夜のお楽しみだった校閲ガールもあと少しで終わってしまうな…としんみりした月曜の夜に開いた雑誌に追い打ちどーん! みたいな。さすが年末だ。年の瀬だ。はっはーん。
(なぜ月曜の夜かというならば、あ、そうか、発売してるんだっけ! と思い出して本屋さんに行ったのが月曜だったからです)


そんなわけで、久しぶりに感想でも残しておこうかと思います。
…そうか、これを語ったときのこーいちさんの頭にはニコも引退するんだよ、ってことはないわけですよね。そりゃそうですよね。…だよねぇぇぇぇ。タイムリーというかなんというか…なんというか…。まぁだがしかし、この内容を出せるとしたら年内のこの時期だよね、というのもわかる。わかる。それはわかるわ。わかるから、いたたまれねぇぇぇぇ!

あさて。
2016年の総括、ということからはじまったのですね。
まずはアメリカの新大統領の話から無難に入り、そして、本題はこっちだよねぇ、なSMAP解散という身近での大きな出来事を。

「僕個人としてはもちろん驚きもあったけど…デビューから25年、それはもう…僕らなんかが計り知ることのできない思いというものが、メンバーみんなたっくさんあるんだろうと思います。本当に残念でなりませんが、そこはもう、それぞれの決断を受け止めるしかないわけで。
8月の解散発表の時、中居(正広)くんが、「ごめんな」っていうメールをくれました。その「ごめんな」にはいろいろな意味が含まれていると思うけど、いろいろな場所で僕がSMAPのことを聞かれる立場になるだろうから迷惑かけちゃうかもしれない、という意味もあったんだろうと思います。実際、記者会見の場などでは必ず聞かれましたから。
だけど…、僕はあえて”6人”という言い方をしますけど、駆け出しの頃6人のバックをずっとやってきた者としては、解散したとしても偉大な先輩であることに変わりはありません。それぞれの立場で今後も活躍されるのは間違いないですし。
SMAPの解散が決まったことで改めて考えさせられたのは、「自分がどうしてこの仕事をしているんだろう?」ということです。」

『ごめんな』という言葉に含まれる意味が重すぎますね…。
多くの言葉を費やしても、その一語の含む重さには勝てない気がします。

「どこの世界でもそうですが   これはSMAPに置き換えての話ではなく、一般論として   その世界におけるスターが突然いなくなったとしても、世の中は回っていくんですよね。一時大きな喪失感はあるにせよ。それは僕の好きなF1の世界にしてもそう。アイルトン・セナというカリスマレーサーが死んだ後も、スターは生まれてくる。一般の会社だって「私が辞めたら回らない」と思ってる人がいなくなっても、どうにかなっていく。芸能界なんて、解散しないにしても、この速い流れの中で、何かを残していかないと、すぐ忘れさられる世界ですから。僕としてはデビュー前に育てていただいたのはSMAPなので、この仕事をしている限り、先輩方の偉大な功績や思いというのは、一生忘れることはないと思いますが。」

わ、か、る…!!
セナが亡くなった時、私はまだ10代で(20代手前、というほうが正しい気もするけど)、人の死にそう触れた経験もなかったのでより衝撃が強かったのですが、人は突然いなくなることがある、という厳然たる現実と同時に、私の足元はこんなにぐらんぐらんしているのに、世界の大部分は何事もなく回っているんだな、という諸行無常さというのか、そういうことを叩き込まれた時期でもありました。悲しみや喪失感だけではなく。
セナのいないF1を見るのが辛いから、とF1から離れた人も多かったかもしれませんが、私はあの時期、F1を嫌いになっちゃだめだ、としがみつくことで平静を装えていた気がします。新たなスターが生まれたのかどうかはさておき。セナ以上のスターっているのかな…と私はこっそり思ってしまうのでねぇ。ライコネンもアロンソもなんなら可夢偉くんも応援してきましたが、セナがいたらセナを応援していたよね、という気はいつもあります。いつもって…いつもってひどいな…。
あの時代のF1が好きだった人たちのなかには、いまだにやっぱり引き合いにだしたりもしてくるわけで、次の世代のスター、という言い方はできるかもしれませんが、スターがとってかわったということにはならない気がします。その人にとってのスターって、いなくなってしまったからといって簡単には変わらないんじゃないかな。セナが亡くなって22年経ちますが、私にはいまだにセナが一等賞ですねぇ。そこは変わらないねぇ。
もとい。
会社にしても、辞めたら残った人たちがしばらくは大変だ、ということはありますが、だからといって回らないわけでもない。いなければいないなりになんとかするしかない。社会ってそんなものですよね。うん。生きていかないといけないからね。

女性アイドルの”引退”にもふれたうえで…、

「僕にとって芸能界を引退して一般人に戻るというのは、今や想像もつかないこと。「一生分のお金が貯まったからセミリタイヤします」という方もいましたが。
だけど、僕にとっての芸能界の仕事はお金どうこうじゃない。この仕事をしていないと自分を見失いかねないんです。引退を考える女の子は、逆にこの世界にいると自分を見失いそうになって苦しむ部分があるのかもしれないけど、僕は表現活動をする中で自分を見つけているから、この仕事をして精神のバランスを取ってることが必要。言ってしまえば、引退したところで、人生の楽しみを見つけられないタイプだと思う。モナコに移住してF1関係の仕事? そんな頭脳、持ち合わせてません(笑)。
それにまだまだこの世界で満足してないですからね。常に自分発見の連続で。それがなくなった時は仕事もつまらなくなって、辞めたくなるのかもしれないけど。」

そこから、2016年のKinKi Kidsとしての活動に言及。
まだまだ新たな表現の仕方が可能なんだなと思った、という充実感を話したと思ったら…。

「それがある限り、グループを続ける価値はあるんじゃないかと僕は思います。正直、「辞めたいな」と本気で思ったこと、ありました。いつだったか忘れちゃいましたけど、わりと近年かな。(社長の)ジャニーさんに相談までして。
ただね、「辞めたいと思ったことがある」という言葉に過剰反応してほしくないです。長いことやってるグループはどこも普通にあるようなことなんで。
で、なぜ踏みとどまれたかというと、徐々に考え方が変わってきたから。何事もそうですけど「これがあと何年続くんだろう」って考えると不安しか湧いてこないけど、「とりあえず目の前のことをやろう」という方向に変換すれば、おのずと道が開いて楽になれる。まさに『道は手ずから~』ですよ!(笑) ただ、またいつ「辞めたい」モードになるかは分かりませんけどね!? そういうスリリングな中でグループって続いているものなんです(笑)。」

辞めたいというのは、芸能界という世界を? それともグループを?? ととっさに読み取れなかったのでうろたえてしまったのですが、この後を読んでいくとグループをってことかな。なんにせよ、トップに相談できるっていうのがあの事務所の普通じゃないところですよねぇ。小さな会社でもないのに、小さな会社みたいな関係性というのでしょうか。
この仕事をしていないと自分を見失いかねない、という文脈の後で、本気で辞めたいなと思ったことはある、というのはなかなか強烈なカウンターで、ふぁっ!? と思ったのですが、でもねぇ…。20年超やってきて、一度も辞めることを考えたことがないっていったらウソだよねぇ…とも思います。むしろ、ああ、そういう言葉を公言できるようにもなったんだなぁ、と感じました。それもある意味信頼関係が構築されてきたからと言いますかね? 過剰反応はしないでね、と釘はきっちりさされてますけど、打ち込まれていますけど、釘を刺しておけば大丈夫だろう、という程度の信頼関係はあるのかな? もちろん、こーいちくんが丁寧に言葉を選んでくれるからこその信頼関係ではあります。奈落の底に落としっぱなし、ということがなく、ちゃんとはいここに命綱ありますよ~という道筋は残してくれるのでありがたい人だなと。
あとはまぁ、渦中ではなくなったから言えることでもあるのかなぁと。まだ辞めたいモードが残っていたら公には明かさないと思うんですけどね。どうでしょうかね。

「今現在 KinKi Kidsに対する僕のモチベーションはというと、「いいものが作れるのであればどんどんやりましょう!」という感じ。『薔薇と太陽』 『道は手ずから~』しかり、先日のツアーしかり、自分の中で満足の得られる出来だったから、解散させずに続けて良かったと思います。そういう前向きな気持ちはスタッフにも波及していくと思うし、チームみんなが仕事を楽しめる。それは僕にとってもうれしい。」

ということは…このまま活動を続けていても仕方ない、と思う時期があったということかしらん。同じことを続けるだけなら意味がないとか?
ときには気が進まない仕事もありますが、とジャブも入れつつ、笑いもまじえつつ、

「だけど今回のツアーを通して、この2人だから生むことのできる空間、創れる世界っていうのは絶対的にあるなと思いました。それはきっと剛も感じてるはずです」

ふ、ふ、ふ。そうくるかw

ふたりのリハのタイプの違いを例として挙げて、

「どっちが正しいとかじゃなく、そこはもうタイプが違うんだからしょうがない! 僕は僕のやり方で、彼は彼のやり方で見せればいい。それが多分、20年たったKinKi Kidsの今の表現だと思います。」

ですねぇ。というか、わりと昔っからそういう感じだったように思っていたんですが、それなりに寄せあってはいたのかしら。あら…気付かなかったわ(笑)。

続ければ続けるほど、どんどん自由になれるといいね。縛りあうのではなく、行ける場所が開けていくといいね。
ひとりひとりで立てる人たちだから、ふたりで並んだ時に、別のなにかが生まれるんじゃないですかねぇ? 難しいことはよくわかりませんけど、まったく違う声なのに、揃った時のあの鳥肌が立つ感じ? 私はそれがとても好きです。
いつかは、KinKi Kidsにも解散する日がくるのかもしれないし、来ないのかもしれない。その前に、私がKinKi Kidsにさよならを告げる日が来るのかもしれないし、先のことは誰にもわかりません。突然、もぎとられてしまうこともある。
なので、願うばかりです。
どうか、ふたりが、ときには気の進まないことをしつつも、やりたいと思えること、楽しいと思えること、やってみたいと思えること、やってみたら新たな発見があったことなんかを、続けていられますように。いつもは見ている場所がまるで違う方向であっても、並んだ時は同じ方向に自然と目が向いているような、そんな関係であるといいなと、いまの私は願っています。

いまはね。
(なぜ念を押す?)


  拍手&コメントはこちらのふたりから☆ 拍手Kids

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

Gallery
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログ内検索
プロフィール
好きなことを好きなように書いちゃってます。 コメント頂けたら嬉しいです。

涼

  • Author:涼
  • 神奈川県在住のKinKi Kidsさん、光一さんのファンです。剛さんのソロ活動には関心ありませんが、頑張ってくださいとは思ってます。
    F1を観はじめて20年超。
    LT+DAZN観戦組。今年もライコネンとアロンソとホンダを応援してますが一等賞はいまもセナです。
    2010年に鈴鹿初生観戦。
・・・